2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 全青研報告 1日目 | トップページ | 全青研報告 2日目 「暮らし」分科会 »

2013年11月 6日 (水)

全青研報告 1日目 続 うどんちりなど

hanbai 

1日目全体集会終了後の販売会場です。我らが兵庫メンバーが頑張っておりました。販売会場に長居すると売りつけられてしまう(買わせていただかなければならなくなる)ので早々に撤収!しかしその後兵庫の青年部長が直々に「タオルをお買いなさい」ということでお買い上げとなりました(^^)/   
   
1日目夜は「大交流会」でございます。場所は神泉苑 平八という由緒ありそうなお店。   
   
hashi   
大きな敷地にこんな橋があったり…。   
   
hune   
   
船をモチーフにしたオブジェ?があったりと、京都らしさ満載。京都に住んでいたのに全然知りませんでした。ここでなんとなんと222人が大集合しての交流会。まさに「大交流会」です。しかもワンフロアで、10名ずつくらいがテーブルに並んでそれぞれに「銀閣寺」とか「八坂神社」とか京都の有名な観光地のグループ名が付けられていました。   

 

zentai   
   
こないな感じ。なんかとっても良い雰囲気でしたよ。   
   
そして名物「うどんちり」でございます。日本一太いとされるうどんをいただいて参りました。   
udon1   
↑にあるのがうどんです。わかりにくいですね。   
   
udon2   
   
小皿にとった状態でございます。えーちょっとした蛇のようです。普通のうどんの5~6倍の太さです。お店の説明によると   
当店の創始者が、煮込んでも煮くずれせず歯ざわりのよいうどんを作るため秋田の「きりたんぽ」や「すいとん」などを基に研究に研究を重ね日本一太いうどんができました。それにかしわ・魚介類・京野菜・山菜・京湯葉などと共に当店秘伝の薄味でこくのある上品な「お出し」で煮込んだ、日本一太いうどんの鍋料理。これが元祖「うどんちり」です。   
とのこと。こりゃー名物になりますわ。これだけ太いと茹でるのも大変そうなんですけどね、ちょっと茹でると食べられるようになっていました。きっと研究に研究を重ねたんでしょう。お一人様2本までですが、おいしくいただきました!   
   
いろいろ企画もやっていたようなのですが、気にせずくっちゃべってました。実行委員会の皆さま、ごめんなさい。これだけの大人数だと全員と話すわけにはいかないのですが、それでもたくさんの人としゃべりましたよ。地元京都のU-35(候補)メンバーも紹介していただきました。将来は安泰だ!(兵庫も頑張るぞ!)あっという間に楽しい3時間は終了。二次会には行かず、颯爽と大津のホテルへ退却いたしました。   
   
kimono   
   
ということで、お部屋には綺麗な着物もございましたので、この記事はこれで締めたいと思います。

« 全青研報告 1日目 | トップページ | 全青研報告 2日目 「暮らし」分科会 »

聴覚障害について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全青研報告 1日目 | トップページ | 全青研報告 2日目 「暮らし」分科会 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: