2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 神戸のきしめん | トップページ | 【手話461】効果的に手話を教える・教わるには »

2013年8月 3日 (土)

質問→答え→質問の読み取り

今日は一日須磨で海水浴…ではなくて、とある活動のお手伝いをしてきました。もちろん手話関係ですよ。いわゆる”運動”ってやつですね。それでチャリチャリ漕いで須磨まで。意外と近いもんで15分ほどで到着しました。須磨と言えば海水浴場ですが、今日も人がいっぱいだろうな~須磨水族園も子連れでいっぱいだろうなぁと思いながら。須磨と言っても海沿いばかりじゃないんですよ。結構山もあったりして、南北で性格の違う区です。そういう意味では住んでいる長田区もそうです。というか、神戸はだいたいそんな感じ。西区と北区はまた違った雰囲気ですけど。   
   
それで、ろう者が質問をしてそれにろう者が答える、というやりとりの通訳(記録のための)を2時間弱ほどしてきました。正式な読み取りじゃ無いのでさほど気を使うことはなく、分かる人がわかれば良い読み取りの仕方をすればよかったのですが、それでも聞く人がわかる日本語を出さないといけません。そこは注意して読み取っていましたが、その質問と答えのやりとりがまた早いんです。   
   
お互い知り合いということもあり、スムーズに進むのは良いんですけど、2人の普通の手話の会話を1人で読み取るというのはまぁ大変。公式な場ではあまりこういうことはないですが、こういう仕事や活動をしている以上、2人分を1人で、ということはよくあります。そういう場合はとにかく追いつくことと、質問・答えの趣旨を漏らさないようにするのが大事。そして、今回は自分もただの通訳ということではなく質問をできる立場なので、お互いがかみ合っていなかったりしたら割り込んで質問したり確認したり、なかなか忙しかったです。   
   
とりあえずそこそこ必死になりまして、ついていくのがやっとでした。時折知らない手話表現が出てきたりすると(聞き手がメモしている間に)確認したりして、間はあるんですけど、重なるときは重なって、読み取るのは自分1人だからどっちがどっちの発言なのか第三者が聞いたら分からなくなっちゃうかも…と。これがあとで聞いて文字起こしするためだったらちゃんと発言者の名前も言わなきゃいけなかったんですが、とりあえず今回は違ったのでマシでした。今回は回答内容の方が大事なので、質問者の発言を全て読むんじゃなくて「○○について」くらいで変換できるようにならないといけないなぁ…と。いや読むのに必死でそんなことはできないなぁ…と後から思うのでありました。   
   
これから何回かこういう状況の読み取りを経験することになります。今回はお互い自分が知っている人だったから良かったのの、初めての方もいらっしゃるでしょう。さて、大丈夫でしょうか…。でも、やるって言ったんだからやるしかないですね。無理しない程度に。

« 神戸のきしめん | トップページ | 【手話461】効果的に手話を教える・教わるには »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸のきしめん | トップページ | 【手話461】効果的に手話を教える・教わるには »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: