2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« お別れのランチ | トップページ | 私は電子辞書を買いました »

2013年7月18日 (木)

ちょっと単語を調べたい

手話歴15年で通訳をしていても、あれ、この単語どうやって表すんだろう?と思うことは日々の生活の中でしょっちゅうです。手話通訳中にはそんな優雅に考えているヒマは無いので言い換え表現や指文字でカバーしたりしますが、普段あまり使わない言葉だったりすると、この単語の表現ってどうすればいいの?って。固有名詞や地名なんかには多いですよね。   
   
全国手話研修センターが主催している「全国手話検定」(←ただ今絶賛申込受付中)の級の目安で、単語数の目安が載っていたりします。それを見て、「はて、自分は何単語覚えているんだろうか」と。そりゃ一から数えるわけにはいかないのですが、日常生活に困らなくて通訳ができるくらいだと何千語ってことになるんでしょうかね。   
   
「単語」だけを覚える方法というのは、手話を勉強する時でも、またそれ以外でもあまり良くないとされていますよね。ついつい単語ばっかりに偏重しがちですが、会話の中で覚えていくというのが一番の早道。最初は単語レベルなのは仕方がないですよね。そこから少しずつ繋げていって、文にしていって…聞こえる赤ちゃんが言葉を覚えていくのと同じでしょうか。それを(聞こえる人が手話を学習する場合)大人になってカタクなった脳に無理矢理詰め込んでいくわけですよ。   
   
で、今日気になった単語が「利息」です。他の表現方法で言い換えはできそうだったんですが、はて、どういう単語で決められているのかな、と。ろう者に聞くのが王道なのですが、手話辞典なるもので調べて見ました。某連盟発行の緑の税込み2730円のやつです。23100円のやつはそんなに簡単に見られません汗   
   
そしたら2通り載っていました。なるほど、こういう風に決まっているんだな、と。通訳をする身としたら単語数は少ないよりは多い方が良いです。一方で、辞典に載っているものがそのまま通用するわけでは無い(正しい訳ではない)、というのも重々承知しています。で、今この記事を書いている段階で表現を忘れました。ごめんなさい。結局載っていた表現を覚えていなかったりするんですよね。ちょっとした確認には良いですが、やっぱりイラストなどの動かないものではなかなか覚えられない…のか。動画でみたらどうだったんだろう、ただ自分の覚えが悪いだけなのかしら、と。   
   
最近はスマホやらタブレットやらが流行ってますから、ストリーミングの動画で手話の単語辞典とかあれば便利だなぁと思ったりするんですけど、意外となかなかできませんよね。ちょこっと単語を調べたい、くらいの時にあってもいいかなぁと思います。自分みたいに毎日ろう者に会える人なら良いですが、そういう方ってそんなにいないですよね。うーん、この辺りは日本語の普通の辞書、とは違いますよね。どういうのが手話を調べるのに合うのか…。   
   
蛇足です。「手話単語は絶対にろう者に聞かなきゃいけない」という考えの方もいますが、個人的には別にいいんじゃない、と思います。単語の確認くらい分かる人が教えれば…と。もちろんろう者あっての言葉ですが、そこまでこだわる理由はわかりません。そりゃ本格的に教わるならろう者ですよ。そして手話通訳を学ぶなら+手話通訳者さん、ということで。

« お別れのランチ | トップページ | 私は電子辞書を買いました »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お別れのランチ | トップページ | 私は電子辞書を買いました »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: