2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(下) »

2013年6月12日 (水)

6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(中)

続いては担当外の部分。

元CIA職員の暴露問題、オバマ政権に批判
アメリカのCIA=中央情報局の元職員、エドワード・スノーデン氏(29)が、政府が個人情報を密かに収集していたと暴露した問題で、アメリカ司法省は、機密漏えいなどで捜査を開始した。スノーデン氏が暴露したのは、『プリズム』と呼ばれる極秘プログラムだ。アメリカ政府は、このプログラムを使って、6年前から、マイクロソフトやヤフーなど全部で9社のサーバーから個人情報を収集していたという。今回、名前の挙がった企業は、関連を全否定。グーグルは、「プリズムという名前など聞いたことがない」との声明を出している。アメリカには、2007年のブッシュ政権時にスタートしたFISA=対外情報監視法という法律がある。これは、あくまで外国に関する諜報活動を認めたもので、アメリカ国民や国内に居住する者を対象とすることは認めていない。オバマ大統領は、プリズムの存在を認めているが、「アメリカ国民は対象にしていない」と述べた。しかし、スノーデン氏は、プリズムはアメリカ国民をも対象にしていると問題視している。早稲田大学大学院の春名幹男客員教授は、「オバマ大統領は合法だというが、ソーシャルメディアのサーバーにまでアクセスしていいのかという疑問は当然出てくる」と指摘する。また、先月、メディアに対する介入問題も発覚している。アメリカ司法省が、AP通信の記者や編集者の通信記録を2カ月分、極秘に収集していた。これまで、オバマ政権に比較的好意的だったニューヨーク・タイムズ紙も、「オバマ政権はすべての信頼を失った」と批判した。さらに、インターネット上には、オバマ大統領とブッシュ前大統領を合成した顔写真が掲載され、リベラルであるはずのオバマ政権の強権ぶりに批判が高まっている。

オーナニヲイッテイルカワカリマセン。という訳にはいきませんので、できるだけ情報を。Yahoo!、GoogleやFacebook、Skype、YouTubeなどのアカウントにも進入して個人情報を集めていたというどっきり発言。というか、そんなに横文字ばっかり出されたら追いつかないぞ~と思いながら担当の方を見つけていました。極秘プログラム「プリズム」、対外情報監視法「FISA」、あとはNSAやFBIなど、これは完全に通訳泣かせです。でも、普通に聞いていて、内容が全部分かる視聴者もいるのだろうか…もちろん、そういう仕事をしている人に取っては重要な問題ですし、テロ対策か・プライバシー保護か、という大事なことをはらんではいるのですが、もうちいとかみ砕けませんかねぇ、と思ったのでありました。

トルコの反政府デモについて。エルドアン首相に対する批判が高まっているそうで、先日は放水車などでデモ隊を強制排除するなど、対立が深まっているそう。「トルコ」の手話、バッチリです。平和なデモなら良いですが、暴徒化してしまったり政府が無理矢理鎮圧するような自体になってはいけませんね。

« 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(下) »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(下) »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: