2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(中) | トップページ | 安値ウメ一への挑戦! »

2013年6月12日 (水)

6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(下)

続きまして担当した話題に戻ります。

日銀「金利抑制策」は見送り
日銀は11日の金融政策決定会合で、最大の焦点だった長期金利の上昇に対する新たな対策を示さなかった。現在、日銀は、金利上昇を抑えるため、4月から年0.1%の低金利で金融機関に貸し出しを行っている。この資金で、ひとまず安全な国債を買ってもらい、金利を低く抑える狙いだ。市場では、「この貸出期間を現在の1年から2年以上に延ばすことで、長期金利を上がりにくくするのではないか」と期待感が膨らんでいたが、今回、日銀は金利抑制策に踏み込まなかった。その理由について、黒田総裁は「現在、日銀が行っている巨額の国債買い入れは、いわば金利に下方圧力を加えている。その効果は、毎月毎月、国債買い入れを進めていくなかで、さらに強まってくるだろう。今、何か新たなツールを決めて、いつでも使えるようにするまでの必要性はないのではないか」と述べた。また、黒田総裁は「成長戦略の細部をさらに詰めていくとともに、何よりもタイムリーに、それぞれの施策を実行していくことが重要だ」と政府に注文をつけた。一方、菅官房長官は、日銀の決定について「金融政策の具体的な手段については、日銀に委ねられている。政府としては信頼して見守っていきたい」としている。日銀の決定を受け、長期金利は一時、0.880%まで上昇した。“失望売り”との見方が強まっている。また、為替は夕方には1ドル=96円台半ばまで上昇、株価は200円近く下落した。

いかにも報道ステーションらしいなぁ、という感想は置いといて。これも事前知識が無いと難しい話題です。「長期金利」…期間が一年以上の金融取引に適用される金利。とうことで、字面通りなのですが、この金利が上がっている事に対して明確な対策をださなかったそう。今は低金利なのでそれで銀行などがお金を借りて日本の国債(これも手話がありましたね)を買う…ということ。あ、全然わかりやすくなっていないですね。

今の黒田総裁(日本銀行で一番偉い人、普通の銀行は「頭取」って言いますよね)は今は自然と金利が下がるような仕組みだから、あえて何かやりますよーってしなくてもいいんじゃないかしら、とおっしゃったわけです。それに市場(これもただの”いちば”ではなく、”マーケット”という意味ですね)が「失望売り」した、という報道。失望なのかどうなのかは受け取る側によって変わってくるかと思いますが、この辺りの論調を手話通訳でも正しく(番組の内容・雰囲気・主張を通訳するわけですから)表現しないといけません。

続いては古舘伊知郎さんコーナー。
福島県南相馬市・小高駅の今
福島第一原発から16キロ、南相馬市にある常磐線の駅『小高駅』。駐輪場には、多くの自転車がいまだ放置されている状態だ。原発事故後、『警戒区域』だったこの地区は、去年4月、『避難指示解除準備区域』となった。住民は、日中は帰れるが、泊まることはできない。小高地区は、明治以降、絹織物で栄えていた街だ。震災前、小高地区には3700世帯、1万2800人が暮らしていた。小高駅も一日1000人以上の利用者で賑わっていた。原発事故後、“線量の高低”ではなく、“20キロ”という基準で線が引かれた。小高地区は、立ち入りできない状況が続いたため、インフラ整備が進まなかった。震災から2年3カ月。上下水道はいまだ不通。帰還の前提となる除染も、民家は手つかずのままの状態だ。しかし、日中は出入りができるため、郵便局や信用金庫が3月末に再開した。理容室もオープン。上下水道が不通だが、給水所の水でシャンプーしている。南相馬市は復旧作業を進めており、状況を見ながら今年度中に市内の『避難指示解除準備区域』の解除時期を判断する見通しだ。

字面にすると普通に見えるかも知れませんが、上記の内容を古館さんが叙情的に、というか、ポエムっぽく話すんです。あえて間をあけたりして(それはありがたいのですが)、何か言いたげでもあえて言わない、的な。「この地区は勝手に引かれた”線”によって分断されてしまいました」というのがポイント。つまり政府が指定した(実態とそぐわない)区域なので、今も住めず、ゴミなど問題が山積み。だけど少しずつ戻って(通って)来ている元住民もいて、町の復興に向けて準備を進めている…という内容でした。

例えば「駅前で旅館を営んでいた人は駅前が寂しくなるからと花を植えて(ここで花が映る)毎日世話をしに戻っています」(←これだけだったら、だから何?と言いたいところなのですが)、「静けさを夜の闇が隠しています」(人が居なくて静かなんだけど夜だからわかりにくい、ということが言いたいのかと)、古館節には毎度毎度通訳、というか意訳になるんでしょうか、頭を悩まされます。何を伝えたいのか、あえて言葉にしないところをどれだけ汲み取って表現するのか、またはしないのか…。

このあとは米中首脳会談でアメリカが中国に尖閣諸島問題について釘を刺した話(あっさり)→「釘を刺す」…さぁどうしましょう。新宿区での客引き全面禁止条例(ただし罰則は無し)→「客引き」…客を引いている様子で良いですかね。全柔連の上村会長続投…これだけ不祥事が出て辞めないっていうのもある意味すごい(会見では「職の座にしがみついているわけではありません」って言ってました)。そしてお天気。

スポーツ(サッカーワールドカップ予選、イラク戦について皆さん熱く語っておられました。ワールドカップで優勝するには「個」のレベルアップが大事で、それがチーム全体のレベルアップにつながる、という話。これは本当にそう思います。手話通訳は特に「個」のレベルあぷがチーム、というか業界全体のレベルアップにつながると思いました。レベルアップというのは、技術や知識面だけではなく、振る舞いや倫理、待遇面全てで…。

というわけで、途中で倒れることもなく無事終了。気合いを入れた分少し堅かったかな…と。ウメの手話はついメリハリのないゆるい感じ(良く言えば流れる感じ)になってしまうので、その辺りは今後も気をつけていきたいと思います。

« 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(中) | トップページ | 安値ウメ一への挑戦! »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6/11 報道ステーション リアルタイム手話通訳(中) | トップページ | 安値ウメ一への挑戦! »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: