2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(下) »

2013年4月10日 (水)

4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(中)

続いては
   

移送先でも新たな汚染水漏れ      
      
東京電力の福島第一原子力発電所の高濃度放射線汚染水(この表現もなかなかグッとくるものがない)が漏れ出している問題。別のタンクに移そうかと思ったらそこからも漏れ出しているそうで、何をやっているんだ…と呆れました。担当外だったので画面を見ていましたが、東京電力の会見は相変わらず上から目線で他人事のよう。      
      
原発敷地内には、地下貯水槽が7カ所にある。このうち最初の汚染水漏れが見つかったのはナンバー2貯水槽。120トンもの高濃度の汚染水が漏れていた。7日には、隣のナンバー3貯水槽からも汚染水漏れが見つかった。東電は、ナンバー2貯水槽に入っていた汚染水を空のナンバー1貯水槽に移送していたが、移送を始めた矢先、ここでも汚染水の漏れが見つかった。      
      
この辺は聞いただけでは数字も多くてごちゃごちゃしますが、テレビ画面に図が出ていたのでその辺りを上手く活用されてらっしゃいました。全部手話だけで表現しようとはしない、あるものを上手く活用しして適切な情報保障をするのが大事ですね。      
      
      

“ウィンドウズXP”サポート終了まで1年       
日本マイクロソフトは9日、2001年に発売されたパソコンの基本ソフト『ウィンドウズXP』のサポートを来年4月9日に終了するとし、最新ソフトへ切り替えるよう呼びかけた。サポートが終了すると、セキュリティー上の欠陥が見つかっても修正ソフトが提供されず、コンピューター・ウイルスなどの被害を受けやすくなる。民間の調査会社によると、去年11月の時点で、国内で利用されているパソコン約7700万台のうち、3割がウィンドウズXPを使用している。企業用のパソコンに限っては、4割にあたる約1400万台。さらに、全国の公立小中学校や高校など、学習用のパソコンでは5割に上る。長く使われている背景には、基本的な性能が備わっているため、利用者が乗り換えの必要性を感じなかった事情もある。さらに、最新のソフトを搭載するには、パソコンの高い処理能力も求められ、パソコン本体の買い替えも必要となるケースが多い。サポート終了まで残り1年。ウィンドウズXPのユーザーからは「十分使えるソフトなので、サポート期間を延ばしてほしい」との声が上がる。         
       
これも惜しくも担当外だった(こういうのが得意なんです)のですが、まさかの3番目の話題。昨日つぶやきをまとめましたが、なんだろう、この煽る感じ。確かにあと1年でサポートは終了するのですが、あたかも使えなくなるかのような言い方。まぁインターネットに常時接続している場合は確かにセキュリティ面で不安がありますが、アンチウイルスソフトを導入したり、インターネットに繋がないでWordやExcelだけをする、とか活用方法はまだいろいろと残っているとは思うんですよね。そういう方法を紹介すればいいのに…と重いながら見ていました。それにしてもXP、まだ30%の方が使っているんですね。ウメ家にあるパソコンは今3台。うそ、4台。うち1台のちょっと前に買った中古ノート(Let's noteW7)がXPですね。25%。って4台ってどういうことよ。


憲法改正で連携は?橋下氏と安倍総理が会談

日本維新の会の橋下代表は9日、安倍総理と会談した。表向きは大阪駅周辺の再開発についての要望とされるが、注目されるのは、憲法改正の問題で日本維新の会と自民党が連携するかどうかだ。橋下氏は9日に国会内で開いた党の憲法調査会で、「夏の参院選で憲法改正が大きなテーマになる。また僕は争点化したいと思っている」と語った。一方、自民党も7日、菅官房長官が憲法改正を「参院選の争点にしたい」と発言。改正の発議に衆参で3分の2以上を必要とする憲法96条を変えることに強い意欲を示している。橋下氏は、9日の会談の内容については明かさなかったが、日本維新の会の議員は、会談について「橋下代表は勢いのある自民党に近づいておきたい。安倍総理にとっては、憲法改正で公明党をけん制する効果がある」と解説する。自民党と連立を組む公明党は、9条の改正につながりかねない96条の改正には慎重だ。また、党内に改憲派と護憲派の両方を抱える民主党も、自民・維新の改正論議をけん制。日本維新の会との選挙協力も断念し、対決姿勢を鮮明にしている。         
         
テレビ朝日ですから、憲法改正には反対の立場でしょう。まぁ自分の意見はおいといて、維新の会の橋下代表と安倍首相が会って密談したそうな。憲法改正論議を今度の参院選の争点(「ポイント」と表現を置き換えました)にしたい、とのこと。そこでメインになるのが「憲法改正発議」について記載されている「憲法96条」について。現在は衆参両院それぞれで3分の2以上の賛成がないとダメなところを過半数にしよう、というもの。         
         
まずはそこから…ということらしいのですが、そこを変えたとしてその後何をどう変えたいのかの議論は(しているのでしょうが)見えてきません。番組でもそこのところを「順序が違う」と批判していました。確かにそうだなぁ~。解説者も「国民の大多数が変えたいと思っているならば、議員も3分の2の数を集めて堂々と通せば良いじゃないか」←なるほど、そりゃそうだ。でも「世界中どこの国を見ても変えやすい憲法なんてない」と言っていましたが、それは違うぞ…。軟性憲法を採用している国だってあります。そういう紛らわしいことを交えるのはやめてほしいものです。ま、朝日ですからね。

« 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(下) »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(下) »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: