2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« グリコワゴン | トップページ | 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(上) »

2013年4月10日 (水)

テレビの手話通訳に関する4/9つぶやきまとめ&意見募集

テレビの話だけじゃないんですが、とりあえずということでまとめます。ところどころ文章や変換やらがおかしいのはご容赦くださいm(_ _)m   
   
(以下ツイートから)    
本日のリアルタイム手話通訳終了。なんだかいつもと調子が違ったなぁ。    
   
まさか三番目の話題がWindowsXPサポート終了まで1年、のネタだとは思わなかった。奇しくも担当外。やりたかたったなぁ。専用のカスタマイズソフトを使ってたりするとなかなか移行できないのはわかる。職場では早めに移行していて良かった。    
   
まるでXPがあと一年で使えなくなる、という内容だった。まぁサポートが終了する意味だ、とは言っていたが。対応アンチウィルスソフトが発売されなくなるかも、とか言ってあおってた。あと一年でそんなことにはならない、と思う。   
   
中小企業ではソフトやお金の都合でXPを使い続けているところは多いと思う。だが「(ソフトガ対応している)Windows7(搭載パソコン)はもう売ってないから困る」というのは経営者としてどうなのよ。ちょっと前までたくさん売ってたじゃないよ。んでもって単体ならまだまだ売ってる。   
   
解説者が「マイクロソフトはOSを買い換えさせて儲ける。これだけパソコン文化?が広まったのだから公共性を考えて」と言っていた。それは的外れだろう。なら公共のところがサポート費用を出すべき。発売からもう10年以上経っているもののサポートを続けているんだよ。   
   
一つの話題をとってもこれだけ?がある。それぞれの専門家から見たら数分の報道では納得行かない面も多いだろう。何でもそう。それをどう受け取るか、これだけ情報が氾濫している中で、正しく、かつ、有益な情報をとる手段と知恵が必要。しかし聴覚障害者にはそこにさらに高い壁。   
   
久々のプロ野球ニュースの手話通訳。やっぱりできないわ、あれ。おっつかない。これも技術不足に入りますかね?(汗)   
   
詳細はブログでも書きますが、アメリカのクリントン大統領の娘さんの発言に対して「ちょっと何が言いたいかわかりません」状態になってしまった。わからないものを(同時)通訳しなければいけなくなったわけだが、こう言うときにどう対処できるか、これが手話通訳の技量?かな。どんなに調べたってわからないことはでてくる。   
   
今日は最初の北朝鮮ミサイル関係が長く、そして短めのニュースの数が多かった。構成がややいつもと違った感じ。まぁ、古舘さんは相変わらずでしたが。   
   
始まる前にリツイートしたように、4月から報道ステーションに生字幕放送がついたので、目で聴くテレビの字幕は無し(二重には付けられないんです)。生字幕を付けてもらえるのはうれしいが、細切れで表示時間が短く、読みにくい。改めて目で聴くテレビの字幕チームの方々のすごさを実感。   
   
と、いうわけで、実は来月からも報道ステーションのリアルタイム手話通訳が続くのかどうかは未定とのこと。つまり、仮に無くなったら自分の出番は無くなります。まだ未定だそうですが(「まだ」と「未定」は「頭痛が痛い」と同様に被るので正しくない日本語)。   
   
皆さんに意見をいただきたいのは、番組に字幕は付いた→それは(質はともかく)良いこと。じゃあ、手話通訳だけを合成して放送することについて、どれだけのニーズがあるのか、皆さんに見てもらえるのか、ということ。理想は字幕と手話通訳両方、それを踏まえた上でどうか。   
   
本来はテレビ局や企業が番組やCMに手話通訳を用意してオンオフできる形で手話通訳を挿入できるのが理想。それは百も承知。だけど現実的ではない。言い方がふさわしくないかもしれないが、落としどころをどこに持っていけばいいか。   
   
聴覚障害のことをよく知らない人は字幕付けたから聞こえない人でもわかるでしょ、と思う。それは仕方ない。字幕も手話通訳も?二つもいるの?本来の画面が狭くなるよ。邪魔だってクレームが来るよ…今の社会では十分あり得る話。   
   
前にも書いたが、邦画に字幕が付く上映の際は「ご了承ください」という詫びに近い表示が出ている。つまりそういうこと。   
   
字幕は難聴者をはじめ、耳が遠くなった人、音を出せない環境(電車内のモニタとか)など、ニーズはたくさんあるし、これからも増えていくだろう。じゃあ手話に対するニーズは…現実的に圧倒的に少数派。これはどうしようもない。でも、その少数派を切り捨ててばかりでいいのか。   
   
そこでさっき言った「落としどころ」の話になる。理想ばかりを唱えていては前に進まない。限られた方法、人材、お金…その中でどうやって情報保障をしていくか。ニュースだけじゃない、バラエティ、ドラマ、CMも。いや、テレビに限らず。   
   
何となく言いたいことは言えた。というわけで家に着いたらつぶやきをブログにまとめます。ただいま「東須磨行き、普通」に乗り換えなう。

« グリコワゴン | トップページ | 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(上) »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グリコワゴン | トップページ | 4/9 報道ステーションリアルタイム手話通訳(上) »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: