2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 「こがん亭」のランチ 大根と豚肉の味噌煮込み定食 | トップページ | やっちまっただぁ~よ ZENBOOK君ようこそ。 »

2013年4月 7日 (日)

【手話441】手話の文法?単語について語る(専門的ではありません)

仕事や手話通訳をしていて日ごろ思うことをしゃべってみました。手話言語学とか文法の専門家ではありませんので、そこのところはご容赦ください。下記の単語、どうやって表現しましょうか。例に限らず、いろいろと表現での工夫はたくさんあるかと思います。これはきっと無くなることはないでしょうね。
(19分34秒)

動画の最後の方で話していること、これは以前にも書きましたが、動画には音声はありません。字幕もありません。情報提供・情報保障としては失格だと思います。日ごろろう者が音声だけの映像や聞こえる人同士の会話がわからないことがある、ということを手話やろう者のことを知らない人が知るきっかけになっていただければ…という思いを込めています。
あくまで手話学習者・手話通訳者としてやってます。こんなことをする手話通訳者もいるんだということで。手話の読み取りの勉強ということでしたら、月曜男さん(静岡県聴覚障害者情報センター手話動画ブログ)を始め、ネットにはろう者自身が手話をしている動画がたくさんありますので、そちらを是非ご利用ください。(私の動画なんかで良ければ使っていただいても結構ですが、間違いやらそれなりにありますのでお気を付けくださいませ汗)

【例に出した単語はこちら】意味は「ATOK大辞泉」より。
「前線」…異なった気団の境界面と地表との交線。これを境にして気温・気圧・風向・風速などが急に変わり、悪天候を伴うことが多い。その運動によって温暖前線・寒冷前線・停滞前線などに分ける。不連続線。
「規格」…1 工業製品・材料・工程などに対して定めた基準。2 物事の基準となる、社会一般の標準。「―をはみ出した人物」
「不動産」…土地およびその定着物である建物・立木など。船舶・自動車なども法律上不動産に準じた取り扱いを受ける。→動産

« 「こがん亭」のランチ 大根と豚肉の味噌煮込み定食 | トップページ | やっちまっただぁ~よ ZENBOOK君ようこそ。 »

【手話動画(新)】」カテゴリの記事

コメント

>tokyoさん
情報ありがとうございます~両方とも新しい手話にあるんですね~。
知らなかった汗…今度もう一回見てみます。

不動産の手話もあるのはわかってるんですが、どのように「意訳」をするのか、またしてしまっても良いのか、ということを言いたかったのでした。日常会話だったら「部屋を借りる店」とかそういう表現はたくさんありますよ。

おつかれさんですー。
規格も、前線も新しい手話にありますよん。
けっこう新しい手話だったと思うので2013なら載ってるかも。

不動産は手話はあるよー。家+経営もあれば家+商売で表す人多いよー。
兵庫は不動産っていう手話を使う人いないのー?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「こがん亭」のランチ 大根と豚肉の味噌煮込み定食 | トップページ | やっちまっただぁ~よ ZENBOOK君ようこそ。 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: