2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« トクホンさん | トップページ | 庭がないけど欲しい »

2013年3月12日 (火)

弱気のような強気のようなつぶやき

こうやって振り返ると気持ちが揺らいでおりますなぁ~i/fゆらぎ、とかいう扇風機あったなぁ、ということで昨日の分のまとめです。Twitterでお読みいただいている方は重複になります、ごめんなさい。でもブログが「まとめ」だけにならないように努力します。

今日はたくさん「昨日はお疲れ様」と言っていただいた。声をかけていただけるのはとてもうれしいしありがたい。次も頑張ろう!って思う。けど、これだけ言われると気恥ずかしい面も。みんな見てるんだなぁ~って。そりゃ~見られるためにやったんだけれども。

実は舞台に上がったときはとっても緊張しちゃって思うように手が動かなかったんですよ汗。もうちょっとスマートに、間違いなく、かつパワフルにやりたかった。うーん、経験不足か。けど、「わかりやすかった」という感想は正直にうれしい!

声の方は自分でもビックリするくらい口が良く回った気がする。きちんと文章になっていたかどうかは別にして(^_^;)。雰囲気、ちゃんと出せてたかなぁ。

仕事でも手話通訳でも運動でもプライベートでも、時折「自分の価値」ってどのくらいあるんだろう、ってとっても気になることがある。それをしっかり見てもらえているのか、でも、もし「価値」が無くなっちゃったらどうなるのか…という不安も常につきまとう。正直に生きたいもんだ。

個人的にはFacebookには投稿をしない。Facebookにはブログ更新記事とツイートを流すだけにしている。そこで分けられないのと、基本的にはどなたにでも見てもらえるようにしたいと思ってるから。コメントはどこにでも大歓迎!

手話通訳者は「偉い」訳ではない。手話学習者からみたら雲の上の人で「すごい」かもしれないが、それで立場が上下することなんてないと思う。でも通訳者を見ていると明らかに勘違いしている人がいる。周りも持ち上げてばかりだから仕方がないのか。でもそこは謙虚にならなきゃ。

同じように「ろう者」が偉いわけでもない、「聞こえる人」が偉いわけでもない。特に上下関係が起こりやすい団体や仕事などではゆがんだ関係になることが多い気がする。もちろん、上司や先輩は敬うべきものではあるが、それは決して無条件なものではない。

手話やろう者に関わって長いが、未だにわからないのがろう者の人間関係。悪い!と言いたいわけではない。自分たち聞こえる側とは違うんだな、と思いそれ以上踏み込まないようにしている。それもまた礼儀。たまに「私はわかる!」とかいう雰囲気出して土足で踏み込んでいくアホな聞こえる人がいるが。

それと同じく、ろう者には聞こえる側の人間関係に理解できないところがあるのだろう。で、ややこしいのが手話通訳者同士だったりする。ただでさえ大変なのに両側から土足で踏み込まれるともう大変。逆に通訳者側も固まって変な方向に突き進む場合も。

あと全体的に感じるのが「地元(地域)」の強さ。そこのろう者(通訳者)と仲がいいから、サークルがあるから、そこで育てられた(育てた)から…良いところもあるが、弊害も生んでいる。それがイヤで離れていく人もたくさん。時代が合わなくなってきたのか。

自分自身は「どこの地域に」育ててもらった、とか(手話関係で)長い間そこにずっといた、というのが無いから逆に動きやすいのかも。元々あんまり気にしない方ではあるが。

« トクホンさん | トップページ | 庭がないけど欲しい »

ウメのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トクホンさん | トップページ | 庭がないけど欲しい »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: