2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 3/28 報道ステーション リアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 3/28 報道ステーション リアルタイム手話通訳(下) »

2013年3月29日 (金)

3/28 報道ステーション リアルタイム手話通訳(中)

「1票の格差」是正へ…区割り案固まる   
   
ここは担当ではなかったのですが、政府がいわゆる「0増5減」によって一票の格差を少なくする方針を決定。選挙区の区割りを変更して何とか2倍以内(1.998倍)におさめるという案が出されました。どういうことかというと、国会議員を選ぶ選挙で選挙区がありますが、1つの選挙区から1人議員を選出する現在の「小選挙区」の場合、例えばA選挙区の人口が100人、B選挙区の人口が200人の場合、一票の価値がAは100分の1、Bは200分の1となり、格差が2倍になってしまいます。うーん、全然上手く説明できていない。つまり公平ではない、ということになるんですね。それが全国の選挙区で見ると、最大で2.5倍ほど差があるんです。そこで、地方の選挙区を減らして(当選人数を少なくして)、都会の選挙区を調整して2倍以上にならなくする…という、まぁ言ってみれば小手先の案なんです。   
   
最近裁判所(高裁)で先の衆院選が「違憲」や「無効」である、という判決が出されています。これは最高裁が以前出した「格差を是正しなさいよ」という意見を反映しないまま衆院選をやっちゃったので司法が怒っている(という表現は正しいかどうかアレですが)ということです。そもそもこの2倍以上の格差は今に始まったことではなく、安倍さんばかりを責めても仕方が無い(むしろ無視したのは民主党だったり…)のですが、確かに格差は少なくしなければいけないと思います。そもそも国会議員なんだからあんまり「地元選出」にこだわらない方が…と個人的に思うんですよね。自分が生まれ育ったところとは別のところからしか立候補できないようにするとか、いっそのこと全国区(それややり過ぎだったらブロック制にするとか)でもいいんじゃないかと。だって「地方への利益誘導」ではなく、国全体のために働くのが国会議員さんなんですもん。   
   
手話通訳の話に戻りますが、「一票の格差」という表現はなかなか難しいですね。どちらかと言えば概念的な表現になるので、どういうことになっているのかを頭でしっかり理解した上で通訳しなければいけません。何ごともそうなのですが、「イッピョウノカクサ」と言葉通りやっても伝わりませんね。ニュースの手話通訳をするなら幅広い知識が必要…なのは改めて実感しました。   
   
【特集】シリアの内戦、こう着状態の今   
   
シリアでは今でも激しい内戦が続いています。反政府軍「シリア自由軍」としてたたかう地元の名士一族に日本のジャーナリストが密着取材をしたものを放送していました。基本的に外国語で話していて字幕が出ている場面では手話をしないので、画面上で突っ立っている時間が長く…なかなかいたたまれない時間でした。もちろん、画面上では分からない音が出ている時はそれを表出します。国際社会は「シリアのことを忘れてしまっている」との話がありましたが、確かに…。ただ、どうすれば良いのか…。

« 3/28 報道ステーション リアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 3/28 報道ステーション リアルタイム手話通訳(下) »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3/28 報道ステーション リアルタイム手話通訳(上) | トップページ | 3/28 報道ステーション リアルタイム手話通訳(下) »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: