2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2012年12月2日 - 2012年12月8日 | トップページ | 2012年12月16日 - 2012年12月22日 »

2012年12月9日 - 2012年12月15日

2012年12月15日 (土)

近通研一日目終了

近通研in滋賀の一日目が無事終了しました。

全体会は全日ろう連理事長で地元滋賀の石野さんの講演「災害時と情報アクセス」について。

いきなり災害に関する手話のミニクイズから始まって意表をつかれ、実際に帰宅困難者になった話、現地視察、その後の救援本部設立から課題まで、わかりやすくお話ししていただきました。

日常生活でもそうですが、災害時は特に情報が大事になってきます。それが届かないというのがどんなに苦しいか、そして手話通訳者の数が絶対的に不足している現状が改めて浮き彫りになりました。

午後は分科会。今年も「聴覚障害者とテレビ」の司会を担当。毎年参加者が少ないのが残念なのですが、その分じっくり討議できますね。

機材の関係もあって苦しい進行になりましたが、皆様のお陰で一日目を無事に終えることができました。

明日が長いんですよね。朝から夕方まで。さて、どうやってうまいこと進めるか…喋りすぎはいけません。喋りすぎは。司会ですからね。

大津は雨が降ってきました。これから交流会。滋賀・京都を中心とした同世代のみんなで楽しくやってきます。U−35近畿もブロックしっかりさせないと。兵庫もだ!

湖の見える会場

湖の見える会場
今日から近通研in滋賀です。

会場のピアザ淡海にやって来ました。窓には湖が見える素敵な会場。

今年もテレビの分科会の司会を担当しますので早めに来て会議。人数は少ないのでなかなか難しいですが、張り切って仕切りたいと思います。

あぁ、眠い。

2012年12月14日 (金)

グラタン作りました

グラタン作りました
最近グラタンが食べたくて食べたくて仕方がなかったのです。

ハウスのグラタンの素を使いましたが、自分でちゃんと作りましたよ〜。具はかなりシンプルなもので鶏肉と玉ねぎ、素に入っていたマカロニです。

賞味期限を10日ほど過ぎた牛乳を使いましたが(汗)、おいしくいただきました。しかーし、トースターが小さくて一度に一皿ずつしか焼けない!

規定量を作るとウメが持っているグラタン皿だと2皿分になってしまったので、とりあえず一つ焼く→焼いたのを食べている間に次のを焼く→二つ目を食べる、ってなローテーションでグラタンを満喫いたしました。

ちょっととろみが足りなかったですがまぁ十分でしょう。

食べたあとすごくお腹がゴロゴロしました。ハーモニーかと思うくらい凄かったです。

また作ろう、ハウスのグラタン。今度はジャガイモとキノコをいれるぞ。

2012年12月13日 (木)

電気料金の値上げ

11月12日~12月11日の1か月間の電気料金のお知らせが届きました。5,240円。なかなか良い感じに節電できています。対前年同月比でなんと31.8%の節電。どうしてこんなに減ったのか…。考えてみました。   
   
・照明を蛍光灯からLED電球に変更。   
・テレビを見なくなった   
・着る毛布を活用しているので夜は暖房無し   
   
この3つが大きい気がします。この調子で…と言うわけにはいかず、来月は(どうしても給湯器の関係で)上がってくると思いますが、悲しいお知らせが。関西電力が来年春から電気料金の値上げを申請したということ。お知らせが入っていました。   
   
だいたい1,000円くらいの値上げになりそう。深夜帯電力の単価が8.52円から11.09円というのがかなり大きい気がします。オール電化なので深夜電気でお湯を沸かして貯めるシステムですしね。これはイタイぞ。   
   
値上げの理由…いろいろくどくどと書いていますが、「火力発電が増えたから燃料費がかかってるの」(知らんがな)、「人員削減とか広告費も削減するの」(それでも高給取りすぎるかと←現業の方は別)、で、3,641億円不足しちゃうの、だから値上げさせて、とのこと。これまでの内部留保は無いのだろうか…と疑問に。まぁ都合の悪いことは書かないでしょう。   
   
「材料費が上がったから値上げするね」なのはわかるのですが、タイミングが早すぎるような…。そして他を選べないというのも他とは違うところですよね。関西電力はもともと原発依存度が高く、それが再稼働できないから、というのもわかるのですが、消費税も値上げで電気料金も値上げで収入は増えず、なんだかなぁ。脱原発、卒原発!という人たちは、もうちょっと現実的な具体案・代替エネルギー案を出して欲しいものです。口で言うのは簡単だけど、値上げは厳しいですよ。(全ての原発を動かせ!と言っているわけではないですので念のため)

2012年12月12日 (水)

賢い利用方法だって

いやー昨晩Twitterで話題になっていたブログをじっくり拝見しました。

手話通訳者の賢い利用方法

えー記事の内容が胸くそ悪くなる場合がありますのでご覧いただく際はご注意を。下に記事一覧を貼っておきます。小さい字にしておきますね。

  • 手話通訳者に責任転嫁できた具体例 ~手話通訳者が一番恐れているものを利用する~ (12/12) 
  • 健聴者の彼女を作る方法 (12/10) 
  • 自分専属の手話通訳者を0円で飼う方法 (12/10) 
  • 手話通訳者の上手な殺し方 (12/10) 
  • 嫌いな手話通訳者に、手話通訳をやめさせる方法 ”視線はずし” (11/29) 
  • 自分の失敗を帳消しにできる殺し文句 ”あなたは、ろう者の文化を理解していない。” (11/29) 
  • 長時間の通訳を強制したいときに使える言葉 (11/29) 
  • 手話通訳者に無理な要求を通したいときに効く言葉 (11/29) 
  • あなたの奴隷となって働いてくれる手話通訳者を探すポイント その2 ”やりがいを求めている人” (11/27) 
  • あなたの奴隷となって働いてくれる手話通訳者を探すポイント その1 時間的余裕のありそうな専業主婦をさがしましょう (11/27)
  • 感想?まぁ一応手話通訳者の端くれですから、気分は悪くなりますし、気にはなりますけどね。文章はキツめに書いてありますが、何となく「あるな」という部分もありーの、で。「何とも思わない」というつもりもありません(何とも思わなかったらここで紹介しようと思わない)。賢くは…ないかな。

    何だろうなぁ~別に手話通訳者がどうこう、じゃなくて、うわべの損得だけで行動されているのかなぁ、と思いました。リアルでこういう話ができる相手がいないのか…はたまたどうなのか…。本気か、冗談か、炎上狙い・愉快犯(たぶんこれ)か…そこはどうでもいいのですが。記事主さんに意図があってこういう書き方をしているんでしょう。それ以上でも無く、それ以下でもなく。

    なので、紹介しておいてなんですが、「そんな考え方の人もいるのね。そりゃいるよ。いろんな人がいるんだから」くらいに思った方が良いと思います。手話通訳者・学習者の方ってヘンに真面目すぎるところがあって、こういう話を見聞きするとショックを受けたり、不必要に回避しようとしたりする事がありますが、「受け止める」というか「右から左へ流す」くらいの気持ちをもちましょう。ただのスルーじゃなくて、「生暖かい視線」を送るくらいがいいんじゃないでしょうか。

    というよりは、これを誰が書いたか…が気になっちゃうミーハー(意味違うか)なウメ。誰かなぁ~。

    12/11 報道ステーションリアルタイム手話通訳(3)

    自分の担当外でしたが、選挙戦中の党首の動きを紹介する「党首・党首・党首」というコーナーも。各地での演説を紹介されていましたが、印象に残ったのは維新の会の橋下代表代行が「基地はいったん辺野古に移設させてもらって、そのご受け入れ先を探す。見つかると思う」→聴衆から「無理!無理!」のヤジ(聞こえるようになっていました)→「いや、僕はできると思います」(具体策は無し)この流れでした。全国でこういうやりとりがあるんでしょうね。街頭演説会の手話通訳をすることはなかなかありませんが、こういう聴衆の声も通訳者としてはしっかりやらないといけません。   
       
    話題は変わって山中教授がノーベル賞授賞式に参加したニュース。スウェーデン(手話できた)のストックホルム(指文字間に合った)で開かれた授賞式に参加し、グスタフ国王(ごめんなさい、名前は間に合いませんでした)から賞状とメダルを贈られました。そして「晩餐会」(/夜/パーティー/でよかったでしょうか)ではマデレーン王女(名前間に合った)をエスコート(/誘導/とやりましたが、ちょっと違ったかなと思います)して入場し、華やかなディナーを楽しんだそうです。   
       
    こういううれしい話題の時は通訳も少し表情を緩めてにこやかにする必要がありますね。山中教授は「もうノーベル賞は過去のこと。これからの研究を一生懸命やりたい」という素晴らしいコメントをしていました。見習わなければ!   
       
    日本原電が原子力規制委に公開質問状   
       
    原子力規制委員会の調査団が10日、敦賀原発の原子炉建屋の真下にある断層は活断層であると判断したことを受け、日本原子力発電が、その根拠を問う公開質問状を提出した。    
       
    つまり、「おたくは敦賀原発の下に活断層があるから再稼働の審査はしないよ、って言ったけどどういう意味?」という質問状。「日本原電」→「日本原子力発電」(企業)です。「原子力規制委員会」「日本原子力発電」…こんがらがりそうになります。   
       
    東京都知事選“首都の顔”争う9候補   
       
    最後は衆議院議員選挙と同じ日に投開票が行われる東京都知事選挙の候補者にインタビュー。今回は9人の新人が立候補しています。4期13年の石原都政(この表現も難しかった)をどう受け止めるか、それぞれの候補者がカギになる政策ごとに考えを述べていました。   
       
    …が、詳しく紹介されていたのは…神奈川県知事の松沢成文氏(54)、元衆議院議員の笹川堯氏(77)、日本弁護士連合会の前会長・宇都宮健児氏(66)、前東京都副知事の猪瀬直樹氏(66)の4人。   
       
    残りの方は1分ほどでざっくり紹介。いいんですかね、この扱いの違い。マック赤坂さんは「スマイルが足りません」、トクマさんはミュージシャンらしい口調で「尖閣を守らないといけなせん!」、中松さんは「皆抽象的なことばかり言っているけれど、私が当選したら実力で新しい産業を生み出すことができる(←抽象的)」、吉田さんは「尖閣問題は一刻も早く棚上げ」、五十嵐さんは「東京にカジノを作ります!」、でした。なんともまぁ…。

    12/11 報道ステーションリアルタイム手話通訳(2)

    そして選挙関連の報道。   
       
    選挙の争点「天下り」   
       
    2009年、独立行政法人への天下りを根絶するため、当時の鳩山政権は、自民党政権時代に提案された役員の公募制を実施した。50の役員ポストに2386人が応募。その結果、半数の24のポストを民間出身者が占めた。しかし、公募制の実施から9カ月後、民主党政権は、省庁の現役職員が独立行政法人に出向する新たな制度を導入した。いわゆる“現役出向”という形で、役員ポストに就くことを容認したのだ。出向を容認した6月を境に、公募で選ばれたポストは減り続け、今年7月の段階では、わずか3つに激減。その裏で、現役出向という形の天下りが復活していた。農水省所管の独立行政法人・農林漁業信用基金は、公募が行われる前の2008年度、役員11人のうち9人が農水省からの天下りという、典型的な天下り法人だった。3年前、公募で3人の民間人が採用された。しかし、2年の任期が終わった去年、公募は行わなかった。後任には、農水省からの現役出向組4人が来た。結局、この独立行政法人で公募が行われたのは、3年前の1度きりだった。取材に対し、農林漁業信用基金は公募を取りやめた理由を、「役員の選任については、人事案件であり、具体的にお答えすることはできませんが、適材適所の観点から選任しております」とメールで回答してきた。現役時代に公務員改革に尽力してきた元経済産業省官僚の古賀茂明氏は「天下りを守るために仕事をしちゃう。そうすると、無駄なことでもポストを守るために続けましょうとなってしまう。官僚以外の外の力で変えるしかない」と指摘する。   
       
    独立行政法人農林漁業信用基金の理事に公募で選ばれた岐阜県のトマト農家へのインタビューを中心としながら、無くならない天下りの実態を取材していました。最近では公募は少なくなり、現役の国家公務員の「現役出向」という形で結局天下りが続いているそう。この行政法人の年収は約1500万円。今の国家公務員(激務でがんばっておられる方も多いと聞きますが)はどうしても出世して行くにしたがってポストが少なくなってしまうので、退職勧奨→仕事をあっせん→天下り、というパターンがなくならないようです。   
       
    各党に天下りについて質問した回答一覧が全て紹介されていました。ほとんどの党が「天下り禁止・ゼロ」、そして「退職勧奨の廃止」。ほか、民間交流の促進や適材適所な人材活用…など、表にまとめられているものを女性アナウンサーが読み上げるのですが、早くて追いつくのが精一杯。きちっと翻訳できていたか…。   
       
    そして「省庁を越えて人事交流をしなければならない」という表現につまづいてしまいました。もうちょっと適切な翻訳・表出の仕方があっただろうな…と。反省です。

    12/11 報道ステーションリアルタイム手話通訳(1)

    昨日は1か月ぶりのリアルタイム手話通訳。選挙の前とあって政治の話題が多く、内容もぎっしりで苦労しました。とはいっても最初のニュースは北朝鮮のミサイルについて(本日発射されてしまいましたが…)。   
       
    北朝鮮“ミサイル”解体を始める   
       
    昨日の段階では、発射台に置かれたミサイルの解体作業が始まったという内容でした。これをうけて「発射するだろう」「アメリカと中国次第」「しないだろう」とそれぞれ別の立場をとる識者の意見を紹介していました。   
       
    北朝鮮は10日、第1段ロケットの制御エンジン系統に技術的欠陥が発見され、発射時期を29日まで延長すると発表したばかりだった。解体している理由について、専門家でも見方は分かれていて、防衛省の研究所で統括研究官を務めた武貞秀士氏は、「最初から発射というのが嘘だった可能性がある」と指摘。嘘の発射計画を世界に示しつつ、発射を取りやめることで、北朝鮮にメリットがあるという。「アメリカ、中国、韓国に良い印象を与えることで、これから先、食料や燃料の支援というものも視野に入っているのかもしれない」と話す。一方、北朝鮮のミサイル技術に詳しい惠谷治氏は、北朝鮮が29日に間に合わせるとみている。「不具合を修理して、29日までに発射できるということを読み込んだうえでの発表だと思う。翌日30日は、金正恩最高司令官就任一周年記念日になる。世界で、人工衛星を自前で打ち上げた国は、日本を含めて9カ国。10カ国目を韓国も北朝鮮も狙っている。南北で熾烈な競争をしている」と話す。また、国際政治学者の春名幹男氏は、北朝鮮がアメリカと交渉するためにミサイルを発射するとみている。「北朝鮮の核問題が出てから、これまでの大統領のなかでオバマ大統領だけが北朝鮮側と交渉していない。今回のミサイル発射が成功すれば、アメリカとの交渉の道が開けるのではないかと期待している可能性がある」と指摘する。    
          
    結果的に発射されてしまったので、上のやりとりはなんだったんだろうか…それほど情報が乏しい、もしくは見事に北朝鮮に振り回された(番組内でも多用していましたが)格好になってしまいました。「ミサイルの解体作業」、こういう表現はCLを上手く使うしかないですよね。実際に解体作業の様子を見たことがありませんので、あくまで想像になりますが。   
       
    そしてコメンテーターがこの問題について、「分断国家と言えば東西ドイツの件もあるが、今回は”西側”と”東側”の連携が上手くいっていないことが大きな問題」とコメントしました。「西側」「東側」…ただの東西ではありません。アメリカ・ヨーロッパ・日本を中心としたグループと、ロシア・中国を中心としたグループ。ニュースでは時間が無いのでその辺りの補足説明が限界がありましたが、さてどう表出するか、課題が残りました。   

    2012年12月11日 (火)

    長いトラック

    長いトラック
    声優の水樹奈々さんの広告が全面に貼られたトラック。それにしても長い!普通のトラックの倍以上の長さが。

    左折するのとかどうやって運転するんでしょうか。見てみたかった。

    そして、まさか中身は空じゃないでしょうから、何が入っているのかも気になりました。長いもの長いもの…。

    一番寒い日にプール

    ここのところブログに「泳ぎに行く」的なネタを書いていなかったと思います。

    そうです!サボっていたのです!

    案の定、「寒い!」「時間が無い」と自分に言い訳をしながら、プールからだんだん足が遠ざかっていました。あぁ、なんて自分はダメなヤツなんだ。自分に甘いんだ…と上っ面で反省しながら…。

    ですが!昨日、そう、今シーズンで一番寒かった日に行ってきましたよ。プール!当たり前ですけど温水プールですからね。普通のだったら寒くて死んでしまいます(汗)。

    さすが寒い日だけあって空いておりました。約2週間…いや、3週間ぶりにスイスイと泳いだわけですが、それほど衰えてもおらずそれなりに泳ぐことができました。しかし、泳いでいるうちに筋肉痛が。やっぱり衰えているんですよ。

    昨日は1時間、休憩も短めにしてがんばりました。でも相変わらずクロールと平泳ぎしかできず、75m(25mプールなので1往復半)泳ぐとハァハァしちゃって耐えられません…。水泳を始めて思ったのはところ、スタミナがないんですよね。持久走とか苦手じゃないもんフンフン♪とか思っていたのに、疲れやすくなっていた、と。

    ここはやはりプールに行かなければならない→行くなら一番寒い日に行ってやる!→昨日突入!という流れになったわけですが、さて、次はいつになるでしょうか。

    体重を量りました。増えてはいませんでしたが、減ってもいませんでした。脱衣所の鏡で自分のボディを確認しました。美しくはありませんでした…。クソー来年の夏は…!(毎年こればっかり)

    2012年12月10日 (月)

    【手話428】期日前投票と不在者投票の違い

    似ているようで非なるもの、選挙と言うことで「期日前投票」と「不在者投票」の違いを手話で説明してみました。ばっくり説明ですみません。詳しい説明は総務省のサイトでどうぞ。他少々余計なこともしゃべっております。まぁいつものパターンです(笑)
    (12分07秒)

    動画をYouTubeで直接ご覧になる方はこちら

    見えなかった「東日本大震災を思い出してください!」

    先週金曜日、12月7日に宮城県沖でマグニチュード7.3の地震がありました。東北地方から関東・北海道にかけて広い範囲で揺れたそうですね。聞くところによると大きな揺れで長かったそうな。先の東日本大震災の記憶がよみがえった方も多いのでは亡いでしょうか。   
       
    さて、その際のNHKの緊急番組。始まって30分ほどは字幕放送がありませんでした。いつものこと…と思ってしまうところが悲しいところなのですが、そんな超ハイテクな機械を用意しなければいけないわけでもなし、緊急のために人員をどこかと契約するなり何なりしてすぐ出来そうなもんなんですが、何がどうしてそんなに字幕を出したがらないんでしょうか(もうこう思ってしまいます)。   
       
    今回、NHKのアナウンサーさんは津波警報が出ていた時、今までとは違った強い口調で話していました。これは先の震災の際の教訓を生かして危機感を持ってもらうためなんだそう。実際に運用されたのはこのときがはじめてでした。   
       
    「津波警報が宮城県に出ています!」    
    「あと10分ほどです!」      
    「東日本大震災を思い出してください!」      
    「可能な限り高いところに逃げてください!」      
    「命を守るために急いで逃げてください!」      
       
    ウメも少しですが聞いていました。確かに結構強い口調で繰り返し言っておられました。画面には赤色の目立つテロップで「津波!避難!」と表示されていました。   
       
    しかし、上記の言葉は結局「見える」ことはありませんでした。今回は大きな被害が無かったからよかったものの、「津波!避難!」だけで視覚的に、聞こえない人に危機感を訴えることはできたのでしょうか。字幕放送ができなかったとしても、上記の文を代わる代わるテロップ表示などできなかったのでしょうか。   
       
    テレビが地デジに完全移行して1年以上が経ちます。最近は余計な番組情報がデータ放送で流れてきてテレビの隅に表示されることも増えてきました。が、こんなとき、アナウンサーが話している言葉は視覚的に表示されませんでした。もちろん、手話でも。手話通訳がいたら、字面だけで無い危機感を(少なくとも文字だけよりは)伝えられることでしょう。そんなに逃げなきゃいけないのなら、ちゃんと見えるようにも伝えてください。   
       
    「字幕が無い!」苦情・要望を言うことは簡単です。とても大事なことです。でも、怒っているだけではダメ、それだけではなく、じゃあ一緒に何ができるか、どうやったら視覚化して伝わるか、どう協力していけるか、企業・行政・団体だけでなく、個人一人一人が持っている力で何とかしていきたいものです。

    人権デーなのに

    人権デーなのに
    今日、12月10日は「人権デー」だそうです。さっき駅のポスターを見てはじめて知りました。

    んで、ポスターを見たんですけど、110番とかホットラインとか…。何が言いたいかお分かりですか?

    聞こえない人はどうしたらよろしいのかと。「人権」は?相談すらさせてくれないわけ?聞こえない人を優遇しろ!とは言いませんが、こういうきれい事をうたうんだったらそこらへんの配慮は必要なんでね?

    ファックスはやっぱり書いて返事しなきゃいけねーし、記録が残るから面倒くさいってか?なぁーんて邪推もしちゃいたくなりますわね。

    「人権」って言葉ね、自分は好きじゃありません。なんか「特定の人のための」って感じがして。もちろん、誰もが等しく平等に(かぶりました)持っていて守られなければいけないものなのはわかります。

    が、この世の中、ずいぶんうさんくさぁーい言葉に見えちゃうんですよね。これは自分の性格が悪いだけなのかーも知れません。いや、たぶんそうですね。

    きれい事はだいぶ広まった世の中になりました。これからはその先、個々の心理の中にどううまぁーくアクセスして(考え方を)変えさせるか、ってとこが大事なんじゃないかと思います。

    今のところ、このポスターを見る限りでは、まだまーだ、ですね。私も皆さんも日々心がけましょう〜(^-^)/

    2012年12月 9日 (日)

    真冬!寒い!

    今日は全国的に恐ろしく寒い一日でしたね…明日はもっと寒くなるそうで、神戸のお天気マークにも雪が…ひえ~そんなに寒いのかぁ~。   
       
    寒いと分かっていたので家に引きこもっていたのですが、さっきスーパーに買い物にいっただけで寒さを実感いたしました。やばい。間違いなく今シーズン一番の寒さです。そして風も強い!スーパーに行くだけなのに走っちゃいましたよ。   
       
    スマホによるとただ今の神戸の気温は4度、明日の最低気温は2度。部屋の気温は17.9度。エアコンはかけていません。機密性の高いマンションで助かっています。そして先日導入した着る毛布が大活躍!これがなかったらエアコンのスイッチを入れていましたね。   
       
    温かいところで温かいものを食べてほっこりしたいですね…。人肌…w

    « 2012年12月2日 - 2012年12月8日 | トップページ | 2012年12月16日 - 2012年12月22日 »

    クリックお願いします


    • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

    ウメダス広告

    • 01.おすすめの商品
    • 02.売れ筋の商品
    • 03.ウメダス商品

    手話関連ニュース

    ウメダスカウンター

    • FC2のカウンターです。
    • ウメダス閲覧中の方
      現在: