2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2012年11月18日 - 2012年11月24日 | トップページ | 2012年12月2日 - 2012年12月8日 »

2012年11月25日 - 2012年12月1日

2012年12月 1日 (土)

讃岐うどん2連発!

讃岐うどん2連発!
讃岐うどん2連発!
今日は休日出勤しておりました。ただ今から帰ります。あぁ寒い。

さて、昼は讃岐うどんを食べにいきました。前にも紹介した神戸中央郵便局近くにある「きまい」というお店。

今日は13時から限定の「焼きうどん」をいただきました!焼き肉のタレ味です。しっかりお出汁につけて蒸発させてから焼くというこだわりぶり、お出汁のコクも感じられる逸品です。やはり手間がかかるそうで13時からしかできないそう。750円です。

続いては先日も紹介したかき揚げうどん(ご飯セット)。かき揚げなのに海老天も付いてます。相変わらずの巨大ぶりでございます。

ご飯セットだとかき揚げを分けてかき揚げ丼も楽しめるようになっています。ボリュームは間違いなく満点。

そして次は…カレーうどんを食べます。めちゃめちゃ美味しそうです。また紹介しますね。

2012年11月30日 (金)

音声認識ソフトの最新版

ウメも使っている(あんまり使っていませんが)自動音声認識ソフト「Ami Voice SP」の新バージョン「Ami Voice SP2」が本日から発売になりました。

そこそこのお値段がするソフトですが、テープ起こしを良く利用される方には意外と使えるソフトだったりします(もちろん正確には認識しませんが、結構楽にはなります)。ICレコーダーに録音した音声も書き起こし出来るそうです。

それ以外にも認識率の向上や新機能もあるようなので、さっそく購入して(買うんかい)試して見たいと思います(1つ前のバージョンを持っているのでアップグレードでお安く買えるんです)。

Ami

ほうほう、聴覚障害者のことも考えているじゃないか…。もしかして前バージョンの時に意見を送ったのが採用されたかな…なーんて。

ネット党首討論会(2012年11月29日)全文書き起こし

昨晩、ニコニコ動画で主催されたネット党首討論会には字幕も手話通訳もありませんでしたね。タイムシフトで後から見ることはできるようですが、やっぱり字幕も手話通訳もありません。1時間半だったようですね。このくらいなら自前で手話通訳をやってしまおうか…と密かに野心を燃やしたくなる変わり者ウメですが…

全文書き起しがすでに掲載されていました。すばらしい。

ネット党首討論会(2012年11月29日)全文書き起こし

4つのグループに分けられてそれぞれ何ページかに分かれています。ネットの力ってすごいですね。翌日には文字になっているんですもん。リアルタイムで出来ればもっと良い(技術的にはできるはず)んですが、ニコニコ動画さんがんばってます。

手話通訳もワイプで入れて欲しいですね。もし次があったら協力しますよ~(勝手な申し出)。

日本記者クラブ主催の党首討論会も本日昼に放送されましたが、そこにも字幕も手話通訳もありません。事前に内部や外部からあった方がいいという声が…というか、記者やってるんだったらそのくらい気付けよ!と言いたい。

2012年11月29日 (木)

邦画字幕情報 出してます

勤務先のウェブサイトでは、邦画のうち兵庫県内と大阪の一部(梅田とか難波とか)で日本語字幕付きで上映されるものの日程をアップしています。   
   
字幕付き映画情報(公益社団法人兵庫県聴覚障害者協会)   
   
邦画の配給会社は、東宝系・東映系・松竹系の大きく3つですが、数としては東宝系が一番多いですね。東宝の映画ウェブサイト(右下)にも「日本語字幕劇場一覧」のコーナーがあり、一番力を入れてくださっています。残り2つは数も少なく、情報も見つけにくいですが、がんばって(手動で)いろんなサイト探しては更新しております。Webですのでできるだけ早く、がモットーです。   
   
もっと上映館数が増えて、期間も長くなれば良いですよね。いつ行っても見られるように。そういう自分は映画ほとんど見ないですけどね。映画デート…そんな話はいいか。   
   
と言うわけで、兵庫県内・近隣の方はどうぞご覧くださいまし。本体(公益社団法人兵庫県聴覚障害者協会)の方も是非チェック!

第46回衆議院議員総選挙 選挙に係る手話

日本手話研究所標準手話確定普及研究部は財団法人全日本ろうあ連盟及び一般社団法人日本手話通訳士協会との連携の下、第46回衆議院議員総選挙の政見放送等に備えて、選挙に係る手話を整理しました。今回新たに確定しました手話は以下の通りです。   
   
はい。日本手話研究所が確定した手話でございます。今回は19語。   
   
感想…あんまり新しくない。「TPP」「FTA」…そのままやないかい!   
   
基本的に複合語ですね、どれも。これが良いのか悪いのかどうかはここでは言いませんが…。今回の衆議院議員選挙、情報保障はどこまで進むでしょうか。きっとあまり変わらないんでしょうね。これだけの候補者がいたら一人くらい手話通訳できるレベルで自分で手話で政策を伝えられる人とか…ろう当事者とか(何とか市民連合は個人的にキライですが)、なかなか難しいんでしょうね。   
   
政見放送の手話通訳とか、いつかはしてみたいです。ウメは研修を受けていないのでまだできません(合ってますか?)。政治に関する手話通訳って普段する機会がないですが、とても大事ですし必要だと思っています。今回の政見放送、録画してじっくり見て見ようかな(手話通訳にかかわらず見たほうがいいものなんですけどね)。

うしろまえ

このことをネタにするのはたぶん初めてではありません。

今日一日。おパンツをうしろまえに履いていました。気づいたのは1時間ほど前。おとぼけクン。それをネタにしようと思ってしまうのもヘンな自分。

パンツくらいちゃんと履ける33歳になりましょう。イザというときに恥ずかしいですから。いざ鎌倉!

2012年11月28日 (水)

刺激を与える

あるとき、「ウメさん、『刺激』って手話表現どうします?」って聞かれました。刺激かぁ…とりあえず腕を針でチクチク刺せる感じ表現したあとに前後の文脈を聞きました。単語の表現を聞かれたときには、だいたい文脈(例文)を聞いてから答えるようにしています。答えるというか「自分だったらどう通訳するか」という意味です。   
   
話はいきなりそれますが、「聞こえる人は手話を教えてはいけない」という考えが一部の方にあります。聞かれても「ろう者に聞いてください」と言わなければいけないそうです。皆さん、どう思いますか?言わんとすることはわからないではありませんし、ネイティブに教わった方が良いに決まっているのもわかります。が、本当にそれで良いのでしょうか。(帰国子女とかそういう事情はおいといて)日本人が英語を教えてはいけないでしょうか?聞こえる人が手話を教えてはいけないでしょうか?   
   
全ての場合で「NO!」ではないと思います。当事者のろう者をほっぽらかしてorないがしろにして鼻高々で教える…残念ながら結構な数でそういう残念なことをされている手話通訳者&聞こえる講師もいますが、「言葉は使い手に縛られるものではない」と思っています。他の言葉や生活習慣、環境によって影響されるものだと思いますし、それが受け入れられることがあっても良いのでは、と。逆に(あえてこう書きますが)書記日本語が第一言語ではないろう者は、ろう(に限らずですが(の子どもに日本語を教えてはいけないのでしょうか?   
   
と、問いかけたところで話を戻して、「刺激」について。文脈は…   
   
「(引きこもりがちにならないように)日常生活に『刺激』与えるために出かける」    
   
これを日本語の得意ではないろう者に手話で話す場合、針でチクチクしちゃいけませんね。さて、どうしましょうか。上記の文だけでは背景や相手のことが分からないのでこれ!といえる正解はありませんが、どう翻訳したら良いですか?   
   
もう一つ。   
   
「時間に『余裕』があったらもう一軒買い物に行きましょう」   
   
の「余裕」(「余裕があったら」)。これも状況や前後の文脈で変わってくると思いますが、どうしたらわかりやすいでしょうか。   
   
一応日々こんなことを考えながら生活していますが、肝心の本番で思いっきり日本語通りのことをやってしまうこともあり、いくつになってもひびしょうじんあるのみだなぁと思うのであります。

高速舞子バス停

高速舞子バス停
今日は所用で淡路島に行ってきました。自宅から電車で舞子まで行き、そこからバス。

写真は高速舞子バス停です。すぐ先に明石海峡大橋があります。淡路島をはじめ、徳島など四国に行くバスも多数止まります。

結構高い位置にあるバス停なのでダイナミック。人の流れも多いですね。明石海峡大橋ができてから、近畿から淡路島、四国への交通がかなり便利になりました。

そして今帰りは本四中川原というバス停から乗車。何もありません。目の前を高速で車がいったり来たり。バスはあと5分で来る予定です。

寒いよー。

2012年11月27日 (火)

合コンファッション?

Goukon

阪急メンズ東京(千代田区有楽町2)とプランタン銀座(中央区銀座3)がタッグを組んで、男女が合コンに着ていくファッションを提案し、デパート内店舗で客同士の合コンを主催する「合コン付きコラボ福袋」を販売する。11月26日、両店が発表した。(銀座経済新聞)

男女ともに限定20袋で2万1千円だそうな。んで「合コン」付きで来年の2月6日に合コンが参加されるそうで、つまりそれを着ていけ…ということなのでしょうか。

女性のファッションについては詳しくない(いや男性も詳しくない)のですが、男性のほうは特段ええもんには見えないのは気のせいでしょうか…。百貨店の福袋だからブランドなんでしょうけど…。

ドラえもん特別住民票

ドラえもん特別住民票
テレビで紹介されていました。神奈川県の川崎市の藤子不二雄ミュージアムがある関係で、川崎市で配布されていたものだそう。

こういう遊び心があるのは良いですね〜川崎市民の方はもらった人も多いのではないでしょうか。

9月中はダウンロードもできたようなのですが、今ではレアになっていそうな予感。

ちなみにWikipediaに「特別住民票」という項目もありました。結構発行されているもんですね!

2012年11月26日 (月)

インクが高い!

今使っている複合機のインクがかすれてきてしまったので、インクを買いに行きました。もともと家のプリンタはほとんど使っていなくて、届いたFAXをメール転送する(これ便利)&たまにウメ母との電話、紙資料をPDF化…くらいなもんなのですが、久々に資料を印刷したらうっすいんですわ。

最近はスマホからプリントとかいろんな機能が付いているのもありますし、黒しか印刷しないからレーザープリンターでも買っちゃおうかなぁとも思っていたのですが、前述の「FAXをメール転送」できる機械が今ほとんど売っていないんですよね。あったとしても家庭用ではなく、ブラザーのSOHO(小規模オフィス)向けの複合機(自宅にはさすがにデカイ)。

FAXとプリンター(複合機)を切り離しても良かったのですが、やっぱりFAXで印刷することもありますし、届いたことに気がつかないかも…ということで、結局今のプリンタでインクを買うことに。Windows8に対応していないのですが、ちょちょっとIPアドレスを固定してあげたら使えましたし。

んで電気屋に買いに行ったら黒インクで「4090円」(ただし増量タイプ)。たけぇ!

キャノンとかエプソンとかなら純正じゃないインクが結構売っていたりしますが、今使っているメーカーのプリンタ部分は「hp」のものなので、互換インクがないんです。が!1つだけありまして意気揚々とその商品を手にしたら…

「FAX複合機タイプのプリンタにはお使いいただけません」

まーじーですか。1000円以上も安いのに…。どうしてこうなった…。えぇ、もう仕方が無いので純正インクを買いましたよ。4090円で。3つ買ったら新しいプリンタ買えちゃいますよ。でも「FAXのメール転送」機能がついた複合機が出ない限り、当分の間はプリンタは買い換えられません…。

本体を安くしてインクで儲けようっていうのはビジネス上仕方が無いかも知れませんが、FAXのメール転送機能、付けてくれませんかねぇ…エプソンさんでもキャノンさんでもブラザーさんでも良いんですけど…。

ま、壊れてないだけいっか。

地名の手話

手話の勉強を始めてから各地を転々と…と言うほどでもないですが、神奈川・東京・埼玉・京都・兵庫…と巡っているのでいつも悩まされるのが「地名」の手話です。県庁所在地くらいの有名な都市名はまぁ大丈夫ですが、各都道府県の市町村名となると…さらに市町村ではなく、ブロック名や集落の名前になると、「全て把握している!」という方は少ないのではないでしょうか?   
   
兵庫に来て3年になりますが、だいたいの市町(兵庫には「村」がない)名はわかるようになりました。ブロック名も。神戸界隈の地名の手話もそこそこ大丈夫ですが、同じ兵庫でも北の豊岡とか西の姫路、南の淡路島の地名(地元では当たり前)はぱっと出てこないことがたくさん。   
   
それこそ地元の方々と触れあう中で手話を覚えるしかないわけですが、県内ならともかく、例えば全国的なニュース(リアルタイム手話通訳のような)や講演会で遠くの方をお呼びする場合はどうするか、です。そこはある程度本を見たり、漢字での表現を借用する、ということになったり、可能であれば話し手に「どうやって表現する?」という一種の引き出しテクニックをやってみたり…。   
   
この引き出しテクニック(勝手に命名)というのが通訳現場では結構難しくて、やたらめったら使えるものではありませんし、じゃあ全く使わないで結局伝わらないまま(特に「地名」などの固有名詞系はそれがわからないと話のポイントを落とすことになりかねません)では通訳の意味が無いし、通訳の技量が問われるところだなぁ、と思います。そりゃ知っているに越したことはないんですけど、全国津々浦々の地名の手話を覚えるのはそりゃー無理ですわ。仮に知っていたとして、対象者がその手話を知らなかったら意味が無いですし(そこは押し出しテクニックで…)ね。   
   
日本国内だけでなく、海外…国の名前…都市の名前…事前準備でその辺りはできるだけ押さえておくのがベストでしょう。それは間違いありませんが、さて、ながーい名前が出てきたらどうしましょう?(ちなみに前回のリアルタイム手話通訳で「バングラデシュ」の手話ができなかった→指文字で何とか間に合わせた←が、国名がどんどん出てきたら…汗)   
   
地元で使われる手話を止めて(漢字の代用表現などに)、標準化しろ!と言いたいわけではないですからね!ただ、そこは他の言葉と手話の違うところだなぁ…と思うのでありました。

2012年11月25日 (日)

神戸マラソン応援

神戸マラソン応援
今日は神戸マラソン当日です。ハーバーランドに行ったらコースになっていて、しんどそうなランナーの皆さんが頑張っていました。

そこに神戸市のごみ分別キャラクター「ワケトン」シリーズと神戸市建設局のキャラクターが。

ウメも立ち止まって少しですが応援しました。皆さん30キロ以上走ってきただけあってヘロヘロのご様子。足を引きずっている方も。お疲れ様です。

仮にウメがこの状態で走れ!って言われたらフルマラソンは走れるんでしょうか?たぶん無理ですね。クォーター(10キロ)ならなんとか…でしょうか…。

体力つけないと!

« 2012年11月18日 - 2012年11月24日 | トップページ | 2012年12月2日 - 2012年12月8日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: