2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »

2012年4月29日 - 2012年5月5日

2012年5月 5日 (土)

【手話413】GWの過ごし方

予想通りたいそうなことをしなかったのでお金はあんまり使いませんでした。かといって有り余っているわけではありません。あーあぶく銭をぱーっと使いたいですなぁ。皆さんはどんなゴールデンウィークでしたか?
(11分01秒)

動画をYouTubeで直接ご覧になる方はこちら

ふるさとウメ紀行 その6 高槻駅編

大阪にも京都にも近い高槻は人口の増加が大きく、駅前も賑やかでしたが、その割に駅前が結構しょぼかったりしました。先に阪急高槻市駅が高架&リニューアルしましたが、JRのほうの再開発はかなり遅れました。それが…   
   
DCF00009   
   
北口駅前にどどーんと大きなショッピングモールとマンションが。「アクトアモーレ」です。高槻駅と直結、傘も差さずに済みます。これができてから北口は大分変わりました。というか、人の流れが少し変わりましたね。   
   
DCF00010   
   
こちらは以前からあった「高槻西武」です。今では「オーロラモール」と題して専門店街が入っています。この左側がJR高槻駅北口のメインのロータリーだったんです。バスやタクシー・自家用車などがひっきりなしに出入りしてそりゃーもう雑然としていました。これに引き替え南口は結構昔から開けていて、広めのバス乗り場とロータリー、「松坂屋」と「グリーンプラザ(当時からちょっと人が少なくて怖めなビルでした)」、があって開けていた印象です。   
   
DCF00008   
   
これはデッキから撮影したのですが、おそらく国鉄時代からある表示です。デッキが新しく伸びてこんな至近距離から撮影出来るようになりました。   
   
DCF00007   
   
高槻駅自体は改良されておらず、乗降客数が多い割にホームが狭いんですよ。朝なんかここに人がごった返すんですよね。危険きわまりないです。ホーム外側に通過線があるためにホーム拡張がなかなかできないとのことですが、いっそのことその通過線の所までホームを広げ、ホームドアを付ければそのほうが安全な気がします。昔は「パタパタ式」の行き先案内板が風情を醸し出していたのですが、今ではJR西日本標準のLED発車案内板になりました。   
   
DCF00006   
   
で、帰りの新快速は新型車両225系!2回目!テンションが上がりましたよ。時速130キロで走ってもあんまり揺れないし乗心地が良いんですよねぇ~。ミニ紀行は最新電車で終わることができました。いや、正しくは最後はいつもの古ぼけた山陽電車だったんですけどね。   
   
6回に分けて長々と書きましたが、全体的にそれほど変わっていなくて、なんだか安心しました。もともと住宅街だったので変わる要素もないのですが、育ってきたところってやっぱり思い入れがありますね。今度は大学時代を過ごした東京都町田市、神奈川県相模原市・秦野市をぶらりしたいです。

2012年5月 4日 (金)

ふるさとウメ紀行 その5 道ばた編

今回は完全に道です。知らない人にはただの道なんですが、何気ない道に関わる思い出が一番懐かしく感じたような気がします。すいません、もう少しおつきあいくださいませ。   
   
DCF00032   
   
はい。ここがかつてのウメの家の前の道です。わかりにくいかも知れませんが思いっきり坂です。小学校に行くのにここから徒歩15分、中学校・商店街は7分ほど、それ以外は住宅街!店なんてものはありません!   
   
DCF00030   
   
これは通称「10メーター道路」です。なんで10メーターなのかはわかりませんが、たぶん幅のことです。こんなに広いのに制限速度は20キロなんです。さすが住宅街!ここを自転車でシャーって走るのが爽快でした。   
   
DCF00020   
   
高槻駅に向かう市バスのバス停。朝、特に雨が降るとものすごい列ができるんです。朝の本数はすごかったですね。   
   
DCF00019   
   
先ほどのバス停の裏側の道。小学校への通学路でした。車が入れないので安全なのですが、毛虫のフンがとんでもないことになったりするんです。   
   
DCF00018   
   
道じゃないんですが、小学5年のころ、おたふく風邪をこじらして髄膜炎になりかけて、ここで人生初の点滴を打ってもらったんです。まだありました。   
   
DCF00015   
   
これは幼稚園からの帰りの道。いつも母が迎えに来てくれたのですが、原チャリの前の所にちょこんと乗って(すいません、違反ですね汗)一緒に帰っていました。この坂を下りるときが好きな時間でした。3人兄弟、上は長男、下が聞こえないというウメにとって、母を独占できた数少ない思い出の場所なんです。あぁ、こんなことを書くとマザコンみたいですね(^_^;)いえいえ、男はみんなマザコンなんです!お母様~!   
   
何の特徴も無い住宅街なのですが、たくさんのことを思い出して楽しい時間でした。小中学校時代の友達とは連絡が取れなくなってしまっている人が多いのですが、また再会して思い出話でもしたくなりました。さぁ、どうやって再会しましょうか。Facebookとか?   
   
ふるさとウメ紀行、あと1回だけ続きます。駅周辺です。

ふるさとウメ紀行 その4 公園編

ウメが住んでいたところは閑静な住宅地で、大小問わず公園が多かったなぁという覚えがあります。   
   
DCF00033   
   
これ、元住んでいた家から一番近かった公園。名前は忘れました。   
   
DCF00029   
   
これ写っているとおり。ウメの家の前の坂をあがりきったところにある公園。   
   
DCF00024DCF00025   
   
家から5分ほど歩いたところにある「清水台第一公園」です。ここは友達とよく遊んだ思い出があります。ビニールのボールとプラスチックのバットで野球ごっこをしたり、サッカーをしたり、鬼ごっこをしたり…良くいやーよく遊びましたよここで。ここより北側はさらに高台に住宅があって、ちょっと高級な感じだったんです。でもこれでもかっていう高台なんですよ。   
   
DCF00028   
   
高台から撮影しました。わかりにくいですが、左側に見える白い大きめの建物が小学校、右側に見える似たような少し茶色い建物が中学校。真ん中らへんが商店街です。先ほどの公園から100段くらいの階段をあがるんです。子どもの時だから良かったですが、今だったらヒィヒィ言っているでしょうねぇ。   
   
DCF00023   
   
はい、ここ自治会館。この前には公園があります。ここで「公文」の教室が開かれていて、週1回通いました。後にここから先生の自宅の教室に移ったのですが、ここで慣れない「英語」を勉強していたんです。今ではペンで発音の勉強ができるシステムなんだそうですが、昔は磁気のカードを滑らして単語の発音を聞くというハイテクなシステムでした。公文の英語…懐かしいですねぇ~ちゃんと最後の課程までやり通したんですが、あれ、今ではすっかり忘れてしまいましたw   
   
DCF00012   
   
公園編の最後は通称「タコ公園」これはなつかしい!先ほど書いた公文の先生の自宅近くにある公園です。この近くに「芝谷塚古墳」という古墳があります。ここはウメが住んでいるころにどんどん開発されていっていました。でも当時からこのタコと広い運動場があって、ここでも遊びましたねぇ~。家からは結構な距離があるんですけどね。このタコで遊んだなぁ。タコの頭のところでしょーもない話したり…。   
   
紹介した以外にも小さい公園がたくさんありました。坂道ばっかりでしたけど、とってもいい環境でしたねぇ~。

ふるさとウメ紀行 その3 学校編

少し間隔が空いてしまいましたがまだまだ思い出の場所巡りの素材はたくさんありますのでどんどん紹介したいと思います。今回は学校編。別に普通の風景なんですけどね、やっぱり子ども時代を過ごしたところって特別な思いがありますよね。   
   
DCF00036DCF00035   
   
はい。これはウメが卒業した中学校です。先日紹介した大丸ピーコックのすぐ近くにあります。高槻市には第○と名前が付く中学校が当時十校あったのですが、そのどれかです。門が開けられていましたが、ニヤニヤしたした人が入ったら完全に不審者扱いなので今回は外観まで。こちらは正門の方なんですが、またこの中学校が高台にあって毎朝登るのが大変だったんですわ。ちなみに中学生時代は生徒会で張り切っておりました。はい。   
   
DCF00017DCF00016

       

こちらは小学校です。こちらは門がしまっていた(たぶん正門は開いていたのですが、やたらと土地が広くて回るのも大変なので門の間から撮影しました。運動場がすごく広い小学校です。右の写真の右に見えるのが体育館です。ウメが在籍していた頃は40人の5クラスで結構なマンモス校でしたが、今はどうでしょうか?運動場ではサッカークラブ?の皆さんが練習をしていました。外観は卒業した当時とあまり変わっていませんね。小学校では…児童会で張り切っておりました。児童会長でっせ児童会長。「みなさん、はやくならんでくださ~い」って言ってたんですよ。   
   
DCF00014   
   
時系列が反対ですが、こちらは通っていた幼稚園(跡)です。今はグループホーム・老人保健施設になっていました。延長保育(この言い方で合っているのか?)をするために私立の幼稚園だったのですが、仏教系でお作法の時間があったのが印象に残っています。園長先生がお坊さんで、確か園内のホールに仏像があったんです。で、   
   
DCF00013   
   
ウメに取っては苦々しい思い出のある場所。幼稚園のそばにある道です。当時幼稚園の通常時間の他に、延長保育「たんぽぽ組」というところに入っていました。これは母が弟の訓練につきっきりで家に帰るのが遅かったので、夜の5時か6時まで預かってくれるここの幼稚園に通っていたんです。で、その延長保育ではニワトリと犬を飼っていたのですが、子どもの頃ウメは犬が苦手…というか動物は全般的に苦手だったので、結構いやーな思い出です。そしてなぜかウメが犬の散歩当番に1人でなってしまったとき、この場所で犬が急に吠えだしてひもを放してしまって逃がしてしまったんです。   
   
結果的には見つかったのですが、生徒と先生総出で探している間にウメは怖かったのと罪悪感でずーっと泣きっぱなしだったことを思い出します。あのころのウメは純粋で可愛かったなぁ…それがいまでは…www

2012年5月 3日 (木)

青空と鉄人

Imag0007_edit0

HTC One Xで新長田にある鉄人28号を撮影しました。雲一つない春の青空にそびえ立つ鉄人が一段とかっこよく見えました。

こんな感じで「ガオーッ!」って叫びたいですね。気持ちがいいだろうなぁ~。

2012年5月 2日 (水)

ショットバー初体験

昨日、友達にバーに連れて行ってもらいました。バーですよ、バー。BAR。雑居ビルの4階。

TVドラマに出てくるようなたたずまいで、薄暗い照明にボトルがたくさん並んでいて、ナイスミドルのマスターとこじゃれた店員さんが1人。その友達の行きつけだそうで、ボトルがキープされてありました。わお、ウメの日常生活には無い世界だ。

いわゆる「ショットバー」。とっても高級っていうわけじゃないですが、なんだろう、普通の居酒屋とはやっぱり違います。オトナの時間を過ごしました。といっても2軒目だったので1杯しか飲まなかったんですが、ああいう空間でゆったり過ごすのが良いですね。

こういう店を1軒知っていると、おデートの時に使えそうです。ムフフ。

発揮されるのはだいぶん先になりそうですけどね!!!あっはっは。

GW中日

えー働いてますよ~カレンダー通りですからね。今日も何気に忙しかったですね~会計の処理したり電話取ったり…。明日からは休みです!今日は(そんなに飲まないけど飲んだくれます!)

で、明日からの4連休はどうやって過ごしましょうかねぇ…。とりあえずなーんにも予定は決まっていないんですけど、どこもいっぱいですし、かといってずーっと寝て過ごすわけにもいかないですし、まさか出金するつもりもないですしねぇ。

来週もきっと忙しい(決算出したり、総会の準備したり)ので、とりあえず体力と気力は回復させておきます!

2012年5月 1日 (火)

5月ですね

今年の4月は特にあっという間に去っていってしまったような気がします。今日から5月。早いところでは今日からクールビズとかなんとか。

ゴールデンウィークの谷間なのでそんなに忙しくないかなーなんて思ったら、普通に忙しかったです(汗)なんやかんやで処理しなきゃいけないことがたくさん。

神戸は一日風が強かったですねぇー。春の嵐ならぬ初夏の嵐?何やら穏やかでないものを感じさせます。

今日と明日は友達と飲み。2日連続で飲みに行くなんて自分でも珍しいと思います。控えめに、控えめに。

2012年4月30日 (月)

ふるさとウメ紀行 その2 懐かしのお店編

バスに乗って15分。以前は180円(小児運賃で90円)だった市バスも210円に値上がっていましたが、PiTaPaでピッと精算。いちいち小銭を用意しなくても良いので便利です。祝日の昼間というのにバスは席が埋まるくらい。まだまだ利用者は多いですね。さて、最寄りのバス停に降りてまずしたかったことは、家から近くにあったちょっとした商店街やお店の生存確認。生存?はおかしいですね。   
   
DCF00041   
   
大丸ピーコック!あった!この地区の唯一といっていいスーパー。でも全体的にちょっと高いんですよ。でもスーパーはここしかないんです。   
   
DCF00034   
   
ウメ家族にはこちら側の入り口の方が懐かしいでしょう。2階から入れるという何ともすばらしい構造になっています。住んでいたところはもともと山を切り開いた住宅地で、平面なところはほとんどなく、坂ばっかりだったんです。このピーコックも斜面に建っていたので、こういう構造になったんだと思います。この2階入り口からウメの住んでいた家まで徒歩10分ほど。今思えば結構不便な生活をしておりました。が、逆に言えば閑静な住宅街です。その辺は後ほど。   
   
DCF00040   
   
どローカルですいません。「山手一番街」!!!これだけで鼻血が出そうでした。せまーい道で1キロもない商店街なんですけど、当時のウメ家の生活を支えていたといっても過言ではありません。子どもの頃のウメもお世話になりました。ちなみにこれはバス通り側。裏側の出口は寂れっぷりが激しかったです。   
   
DCF00039   
   
ここ!子どもの頃、たこ焼きを買うと言えばここでした!!!「みやこ」。昔ながらのたこ焼き屋さん。そうそう、回転焼(今川焼きのこと)も食べたなぁ~。ここのたこ焼き、どちらかと言えば柔らかめで生地がふんわり。たこが大きかったんです。子どもの頃のごちそうでした…。両親がどこかに出かけて、ウメと弟だけで留守番をすることになったとき、ここのたこ焼きをたくさん買って晩ご飯にしたなぁ…近所のおばちゃんに会ってうれしそうに報告→おかんに告げ口されて「栄養が偏る」って怒られたっけなぁ。祝日だったからかもわかりませんが、店の様子を見ると残念ながらもう閉店してしまっているようです。   
   
DCF00038   
   
「おもちゃのしろ」まだあった!!!そして営業していた!!!店の風貌も感じも全く同じ。いやぁ~懐かしすぎる!ここの店頭に置いてあった「カードダス」(1枚20円、6枚100円。でも1枚ずつしか買えなかった)に夢中になりました。おもちゃやですが、駄菓子なんかも売っていて、ここら辺の近所の子どものたまり場でした。今は…どうなのかな。   
   
DCF00037   
   
こっちもありましたよ!「城文具店」!ここで無駄に色ペンとか集めた記憶があります。同じ「しろ」なので、家族で経営されているんでしょうか、子どもの頃はそんな深いことは考えませんでしたが、「おもちゃのしろ」と「城文具店」にはかなりお世話になりました。おとんに頼み込んで、小学校の先生が持っている丸付けペン(微妙なピンク色しててインク変えられるヤツ)、買ってもらったなぁ。(おかんに頼んだら「そんなのいらないでしょ、無駄」で終了でした(^_^;))。   
   
ウメにとっては完全に懐かしの場所・お店なのですが、今でも営業していますし、利用されている方もいらっしゃいます。自分は別の場所に行ってしまったので簡単に利用することはできませんが、いつまでも残って欲しいなぁと勝手に思ってしまいます。   
   
さて、次からはいよいよかつてのウメ家近くに潜入。ウメ一家のみなさーん、楽しみにしててくださいね(完全に私信)。誰かこの辺に住んでいた&住んでいる人がいたらうれしいんですけどねぇ~。

ふるさとウメ紀行 その1 出発編

ちょっと前から考えていたミニ旅を本日決行いたしました。といっても大げさなものでもなんでもないんです。   
   
幼稚園~中学生時代を過ごしていた大阪府高槻市に行こう!という計画。それもちゃんと住んでいたところの近くにいくというもの。誰と約束するわけでも無く、会うわけでも無く、ただ一人でふらつくだけのほんの数時間の旅でしたが、懐かしさ満点でした。変わっていたところ、変わっていなかったところ、そして住んでいたときの記憶がよみがえってきて、歩きながら一人で「懐かしいなぁ~」とニヤニヤしておりました。周りから見たら確実に変な人です。    
   
これから何回かに分けてウメの行動を思い出と共に記します。しばしおつきあいくださいませ。   
   
DCF00043 
   
旅のはじまりはここ、JR高槻駅。ウメが住んでいた頃はまだ自動改札じゃ無くて駅員さんがカンカン切符を切ってくれていましたね。駅のコンコースはそれほど変わっていませんが、奥の方にエレベーター・エスカレーターが設置されてバリアフリー化が進みました。当時は子どもだったのでそれほど利用する機会はなかったんですけどね。むしろ高槻市街に出ることが「お出かけ」でしたでしょうか。   
   
DCF00042   
   
高槻市営バスのJR高槻駅北乗り場から出ているバス。写真は「原大橋」行きですが、本数が多いのは「上の口」行きです。この口はなんの口かというと、高槻が誇る屈指の観光地「摂津峡」への入り口のことなんですね~。桜が綺麗でした。バス乗り場も昔は高槻西武の向かい側の細い道路にあったのですが、駅前はすっかり整備されて乗り場も変わりました。ここからウメが住んでいた家の近くのバス停までレッツゴー(だいたい15分くらい)。   
   
DCF00011   
   
レッツゴーと言っておきながらいきなり戻るんですけど汗、こちらは阪急高槻市駅です。ウメがいた頃に高架化・リニューアルされました。高槻市ってJRと阪急で南北が分断されていて、北側に住んでいる人は阪急をあんまり使いませんでした。JRの方が近いですし、早いですし、安いですし。唯一、日本橋に数回出るときは阪急でしたかね。JRと阪急の駅はお店がたくさんあって賑わった様子。多少離れているのが良いんでしょうね。   
   
市バスに乗っている間も、バス停の名前を聞いたり風景を見る度に「なつかし~」「変わってねぇ~」と一人つぶやく32歳のおっさん。確か大学を卒業したときに一度来ましたが、それでも10年ぶりですから、そりゃーテンションもあがります。先に言っておきますが、同級生などと運命の再会→あはん・ウフンな展開、はありません。あしからずご了承くださいm(_ _)m

思い出に浸る旅

ゴールデンウィーク前半戦最終日。昨日はなんと18時間(うち連続14時間)も寝てしまいましたので、今日はお出掛け。

行きたいと思っていたけどなかなか行けなかった思い出の地に行ってみようと思います。

場所は大阪府高槻市。ウメが幼少から中学の時まで過ごしたところ。関西に来て7年目になりますが、駅前以外は足を踏み入れていませんでした。

今日は一人でふらっと前住んでいた家の近くと、幼稚園、小学校、中学校、近くの商店街を中心に回りたいと思ってます(おっさんになったのでくたびれないかどうかが心配(汗))。

思い出に出会えるといいなぁ。

2012年4月29日 (日)

亀田製菓、炎上中

新潟県にある亀田製菓が発表したある提携について、ただ今公式ブログが炎上しています。亀田製菓といえば「柿の種」「ハッピーターン」「ぽたぽた焼き」「つまみ種」「こつぶっこ」…など、誰もが知っているお菓子。今回発表した内容というのは   
   
亀田製菓、韓国食品大手と提携 商品開発や技術供与   
   
「辛ラーメン」を作っている韓国食品メーカーの「農心」という会社と提携するとのこと。この会社、異物混入が大きな問題になっています(これもあんまり報道されていませんけどね)。ちょっと検索すれば報道内容やおぞましい画像がたくさん出てきます。ヨーロッパでは輸入禁止になっている国もいくつかある会社です。   
   
大手マスコミさんは全然報道しませんが、ネット上では大変なことになっています。上の公式ブログでは数千件のコメントが。自分もそう思います。一般人がちょっと調べたらわかるような混入事件を何件も起こしている会社と提携すればどういうことになるか、家電関連では技術だけ奪われてどういうことになっているか…それを知ってか知らずか、提携を発表されたことは非常に残念だと思います。一企業が決めた方針ですしそれを否定する権利もありませんが、消費者として自分はこれから亀田製品の購入を控えます。ハッピーターン、好きだったんですけどね。お菓子とはいえ口に入れる物。その大切さをもう一度考え直していただきたいと思います。

« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: