2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 木枯らし1号 | トップページ | 1日約2本 »

2012年10月30日 (火)

第一言語にはなれない

最初からこんなこと言っちゃ元も子もないのですが、個人的には大多数…いや、聞こえる人のほぼ全ての人が「手話」が第一言語にはならないし、なれないと思っています。それがコーダの方であったとしても。

自分は聞こえる親の元で育っていますし、実際そういう環境になっていないので何とも言えませんが、聞こえてしまう以上町を歩いていてもテレビを見ていても何をしてもどうしても音声日本語が耳に入ってきますし、大きくなるにつれて親以外の人と話す必要もでてきますし、そうすると(そう思い込んでいるだけではなく)「第一言語が手話」という聞こえる方って本当にいるのかな…と。少なくとも私は出会ったことがありません。

仮にそういう方がいらっしゃったとして、非難するつもりは全くありませんし、ろう者の第一言語を手話以外のものにしろ!というつもりは毛頭ありません(選択の幅はあってしかるべきだと思いますが)。

で、ウメのスタンスとしてはどうしても後から手話を学び、そして日常では音声の影響を多分に受ける生活を送っている以上「手話を第一言語にする」というのは不可能ではないかと思うのです。簡単に言ってしまえば、そう簡単に日本語を忘れることなんてできやしないんですよ。

学ぶ側も、教える側も、いろいろ工夫したり環境を整えたりして「そうではない」世界を作っているところがあるかもしれませんが、そこはあえて触れないで、「第二言語としてどうやって手話を上達させるか」にポイントを置いた手話学習を考えたほうがいいと思うんです。

こんな事書くと「通訳やっているくせに手話のことわかってない」とか「ろう者を理解していない」とか言われそうですが、手話に関わっている自分ですら第一言語は日本語ですし、手話はその次になっていますし、ぶっちゃけて聞こえる人はそうだと思います。

「お互いの立場になって~♪」(音符はつかないが)とか、「ろう者の気持ちになって」とか、そういう薄っぺらいというか、建前だけでは技術や知識は身につかないでしょうし、できたとしても現実に向き合えるかどうか…はなはだ疑問に思います。

ヒジョーに冷たい言い方ですがその辺を上手いこと割り切って、かつどう自分のものにするか、手話の世界とどう関わっていくか…。聞こえる人が「いいよね。運動や手話を止めたいと思ったらいつでも止められて」と言われてショックを受ける話をたまに聞きますが、「はいそうですが、何か?」としか言いようがねぇ…ムキになって「違います!」とは言えないですし、じゃあ「止めない!」って言い切れるわけじゃないですしねぇ。

ココまで書いてなんて偉そうな文章なんだと反省しておりますが、やっぱりきれい事ばっかりじゃなくて本音を書いた方が良いと思っていますし、それで腹を割ってコミュニケーションを取れることもあるのかな、と思ったりするわけであります。そして言い方は悪いかも知れないですが、「手話を学習する」側の気持ちを忘れないでいたいなぁと。

第一言語からそれました。つまりお互いの第一言語が違うということをお互いが尊重して、かつ認めあって、どちらかが歩み寄るばかりじゃなく、本当の意味で対等に動けていければいいんじゃないかな、と。密になれ合いすぎると世間一般から離れ過ぎちゃいますしね。広く理解を求めるには、やっぱり「一般」がどう、っていうのを知っておかないと。合わせろっていう意味じゃないですからね。

最近英語を勉強したいんですけど、今の生活を維持しながら英語を第一言語にしようとか、日本語を全て忘れて英語を学ぶ…やっぱりできない。生活言語って重いですね。

« 木枯らし1号 | トップページ | 1日約2本 »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 木枯らし1号 | トップページ | 1日約2本 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: