2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 棒が会ってしまった | トップページ | 10/9 リアルタイム手話通訳ポイント(中) »

2012年10月10日 (水)

10/9 リアルタイム手話通訳ポイント(上)

えー、昨日は最後の最後で「相棒」をやらかしてしまいましたが、それ以外でもいろいろとポイントがあったと思いますので反省と復習の意味を込めてコメントいたします。主な内容はこちら。   
   
トップはノーベル賞を受賞した京都大学の山中教授について。ご夫婦での会見の様子で、ご本人もそうですが、奥様がおっしゃっていたことも素直で素晴らしいな、お互いを認め合っている素敵なご夫婦だなと思いました。あ、これは通訳関係ありません。   
   
それで頻出する「iPS細胞」ということば。「細胞」という手話はあるものの、「iPS」はどうしようもないですね。アルファベットでやりました。ちなみに日本語で言うと「人工多能性幹細胞」だそうな。この日の放送はこのiPS細胞を使ってどんなことができるか、をメインに紹介されていました。加齢黄斑変性という眼の病気の治療については実用化が期待されているとのこと。その他、アルツハイマーに効く新薬の開発や様々な医療現場で期待されているそうです。   
   
医療分野とは関係なさそうな企業の話もでました。ソニーはブルーレイディスクの技術を使ってiPS細胞とそうでないものを自動的に見分ける装置を開発、川崎重工はiPS細胞の自動培養の装置を開発したとのこと。もうこれどうしましょう、という感じでしたが、何とか何とか…追いついていたかと思います。難しいのは「培養」ですね。「シャーレに温かいところで保存して増やす」というイメージなのですが、果たしてそれで合っているのかどうか、でその手話表現をどうするか。悩みました。

« 棒が会ってしまった | トップページ | 10/9 リアルタイム手話通訳ポイント(中) »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 棒が会ってしまった | トップページ | 10/9 リアルタイム手話通訳ポイント(中) »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: