2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 刑務所五訓 | トップページ | 川越から横浜へ »

2012年7月24日 (火)

何がそんなにダメなのか?

原告の手話通訳公費負担に難色/高松地裁が回答   
手話通訳の市外派遣申請を認めなかった高松市の処分は憲法に違反するなどとして、同市内の聴覚に障害のある会社員女性(41)が、同市に処分の取り消しなどを求めた訴訟で、女性の弁護団は23日、女性に国費負担による手話通訳者を付けることなどを求め提出していた意見書について、高松地裁から「国費負担はできない」と回答があったと発表した。    
  弁護団によると、高松地裁で同日開かれた事前協議で、地裁は女性の手話通訳者の手配などを約束する一方、国費負担は認めない方針を示した。ただ、弁護団が再検討を求めたところ、地裁側は「再度協議する」と回答したという。      
   
高松市の女性が提訴している手話通訳派遣問題。事の発端から経過は高松市の手話通訳派遣を考える会」HPに詳細があります。ご存じの方も多いと思います。   
   
で、今日の四国新聞の記事です。詳細があまり書かれていませんが、裁判における手話通訳費用は国費から出しません、との回答があった、と。手配はするけど本人負担にせぇ、ってことでしょうか。   
   
何がそんなにダメなのか?お金の問題じゃないでしょうね。その気があればどこからでも予算は作れるでしょうし。理由が書かれていませんが、そういう理屈でそういう回答になったのか、非常に気になります。外国の方だったら(裁判する側が困るからか?)当然のように通訳が配置されますよね。   
   
当事者の皆さんからすればこれもまた腹立たしいことですし、怒りを覚えて当然のこと。ただ、みんな一緒に「差別だ!」と怒るのではなく、「どうしてこういう回答なのか」「そこにどういう考えがあるのか」を見極めて、そこから解決策を見いだすことも重要だと思います。いわゆる正攻法(orthodox methodってATOK和英辞典で出てきたからインテリっぽく書いてみた)と…裏道?理詰め?うーん、何と表現して良いかわかりませんが、そういうことです。   
   
この記事を読んだときに、「何がそんなにダメなの?」って思ったので書きました。何がダメなんだと思いますか?(逆に言うと、そもそもの発端である市が「市外への派遣は認めない」っていうのは、大変ダメな主張ではありますが、言いたいことはわかるんですよね…)

« 刑務所五訓 | トップページ | 川越から横浜へ »

聴覚障害について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 刑務所五訓 | トップページ | 川越から横浜へ »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: