2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 取りあえず看板 | トップページ | 今日の地下鉄東山駅 »

2012年6月 9日 (土)

青年のつどい

青年のつどい
場所を京都駅前に移しまして「青年のつどい」に参加しております。今回のテーマは「3・3声明から学ぶべきこと〜」

ホールが人でいっぱい。前の方に何とか座れました。最初は講演。続いてパネルディスカッションです。

3・3声明、ご存じでしょうか。昔、京都府立聾学校の生徒会が授業をボイコットし、府の協会と合同で出した声明のことです。

話し合いをしても聾学校の先生にまともに取り合ってもらえず、差別的な対応を受けた生徒達が、自分たちで動きました。

かつて差別はハッキリとした形で表れ、それに対して団結して要求し、改善していく…それが運動のあり方でしたし、今まではそれで良かったのだと思います。

さて、今はどうでしょうか。目に見える差別は減ってきました。しかし、ニーズが増えることによる新たな困難、そして考え方の多様化、技術の発展による不便の解消(これはいいことでもありますが)…。

そして本当に差別はなくなったか…、どこまで配慮すればいいのか、聴覚障害者のことだけ考えていればいいのか…思うことはたくさんあります。

「温故知新」(古きをたずねて新しきを知る…だったかな)ということばがある通り、昔のことはしっかり学ばないといけません。

それをそのままやるのではなく、今の時代に、ニーズにあった運動(「運動」という言い方も正しいのかわかりませんが)に変えていかなければならないと思うのです。

手話通訳もそうですが、運動を担う若者がなかなか増えません。以前のような人数にはならないのかもしれません。

が、何かしらできるはずですし、した方がいいと思うんです(「しなければならない」とはあえて言いません。関わらないのも個人の自由。だからって批判されるべきことでもありません)。

今回のつどい(大会)は、こんなことも考えつつ、出会いや再会も喜びつつ、小銭を稼ぎつつ(笑)、楽しく過ごしたいと思います。

夜は明日のリハーサル。本番でトチらないように張り切ってやりまーす。

« 取りあえず看板 | トップページ | 今日の地下鉄東山駅 »

聴覚障害について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 取りあえず看板 | トップページ | 今日の地下鉄東山駅 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: