2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 建前と手話通訳(中) | トップページ | 指文字フォント »

2012年5月22日 (火)

建前と手話通訳(下)

あ、こんなに書いといて今更例を思い出しました。ちょっと前にウメがたくさん言っていた「手話通訳者の謝金を上げてほしい」「身分保障をして欲しい」これなんかそうですよね。本音だったら当たり前なことなのになぜか言いづらい。それはお金を取れるところがないから?他の障害者との兼ね合い?どうせボランティアに毛が生えたものでいいから?結局は安く使いたいから???なんで表立って言えないんだろう。すぐ「金目当てか」「運動に協力する気は無いのか」って言われちゃうんだろう。専門職なんだからそれに見合った待遇は当たり前で、それが手話通訳の世界ではほとんど保障されていない現実。誤解を恐れずに言えば、手話通訳者以外の聞こえる人やろう者で本気でこのことを考えてくれる人は何人いるか。建前では「上げたら良い」、本音では…?それが現状なのかもしれません。

こういう矛盾をいくつも抱えている気がします。手話通訳という技術・知識・職業が、専門職として認められ、より魅力のあるものになるためにはどうしたらいいか、そこは本音で話し合う、というのも一つの方法なのではないでしょうか。ただ、大きな団体になると難しそうですけどね。でもそこに「(若い)手話通訳者が増えない」という問題の解決の光があるような気がするのでありました。

推敲もせずにつらつらと書きましたが、いかがでしょうか。賛否両論あると思います。それで良いと思います。まとまらない文章でしたが、まぁ言いたいことは書けたのでよかったな、と。

(終)

« 建前と手話通訳(中) | トップページ | 指文字フォント »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 建前と手話通訳(中) | トップページ | 指文字フォント »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: