2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 出番のない勝負パンツ | トップページ | 落ち着きがなくなる瞬間 »

2012年3月27日 (火)

普通ってね、難しいよね

他の人が普通にできること。やっていること。当たり前だと思われていることが自分にとっては普通じゃないこと。   
   
聴覚障害…いや、障害者の分野では特にクローズアップされがちなこと。「できない」ことをクローズアップするんじゃなくて「何ができるか」に注目しようという考え方も広まってきました。が、大多数の普通に立ち向かうことって実はなかなか難しかったりしますよね。「普通」に属している人からしたら何でもないことだったりするんです。当たり前すぎて思いつきもしなかったりするんですよ。「何でもないようなことが~幸せだったと思う~」byロード、の世界です。   
   
「普通じゃない」ことを言える、アピールだけでもまだ良い方なのかもしれません。「普通じゃないかも」「違うのかも」と疑心暗鬼になってしまったり、自分に自信が持てなくなってしまったり…その辺の道路を歩いている人だって何かしらそういうことが1つや2つや3つあるんだと思います。それが人生の中でどれくらい重要なものなのか…生活にどのくらい関わっているのか…そもそも「普通」の範囲なんて、社会じゃ時代や環境によって変わりますので、その定義すらもあやふや。例えばね、縄跳びがすごく苦手で1回も飛べないくらい→「普通」じゃなかったとしても生活には困らないから何とも思わない。けど「耳が聞こえない」ことで、今の世の中ではいろんなことが「普通」にできなくなっちゃう。髪の毛が薄い→生活には困らないけど「普通」じゃないから恥ずかしい…。   
   
それをね。「普通」の人にわかってもらうのがまた難しい。(ファッション感覚でタトゥーを入れて世の中の偏見に困っているとか)本人のせいならともかく、だいたい本人にはどうしようもなかったりすることで。先の縄跳びの例みたいにがんばったら何とかなるものだったらまだ良いかもしれない、そうじゃなかったら。「普通」の人は「普通がいいよね」「普通になろうよ」「そうだよね」と善意で接してくる。   
   
…何かあったわけじゃないんです。「みんなちがってみんないい」ってみすゞ的な結論を出したいわけじゃないんですよ。ただ書きたくなったので書きました。   
   
今日も「普通」な一日でした。あー、ちょっとやらかした感はあるんですけど(^_^;)それはそれ、これはこれ。

« 出番のない勝負パンツ | トップページ | 落ち着きがなくなる瞬間 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。オブラートに包むと言う表現、分かりますか?私には出来ない。もし禁句があっても絶対に気が付かずに込み入り過ぎてるハズ。だから、ろうや難聴の方の普通が知りたかったんです。側で触れ合う機会が多ければある種に関してはダメだよ〜と。それが分かるかと。。でもそうですね、私の普通は私のでしかない。のと同じだと。小さな枠で考えれば簡単だけど。。それでも知りたかったんです。その人の普通が自分とどう違うのか、またはかわりないのか。ウメダスさんの普通はスケールが広いですが、私のは単数なんです。すみません。でもくくりはやっぱり聞こえにくい人にとって普通の事を、聞こえる私が言うことによって反感をかう、または嫌悪されることは避けたかったので。何だかごちゃごちゃとすみません。。

どうがんばったって「その人のことはその人がいちばんよくわかる」んですから、あまりプレッシャーを感じない方がいいと思います。なーんでも知っているなんてGoogleでもないので(例えがおかしいですかね汗)その辺はうまーく気持ちを切り替えないといけないですね。

ありがとうございます。私も今になって触れ合ってこなかったんだなぁと感じています。教育もそうですが、元々視界の狭い人間ですし。でも皆社会で活躍していて一見では分からないんですよね、普通でないと思う事自体が違うんじゃないか。ぐらいの。それでも前提が違うなら、もう噛み合う事はないんじゃないかなと思うとなかなか辛いものがありますね。ここは一生理解出来ないんでしょうかと。虚しさが残りました。

そうですね。これも子どもとのときの教育が影響しているんじゃないかな、と思います。
今は大分変わったのかもしれませんが、障害を持っているこどもと(形だけではない)ふれあうことって無いですよね。何か「特別なもの」として見てしまう。それをどうやって解決するかは難しいことなのかもしれません。私の場合、家族にいましたから、そういう意味では「普通」でもないのかもしれません。
ギャップの具体例はなかなか難しいですが、もう前提が違うんです。どっちが良いとか悪いとかではなく。それでも世の中大多数が聞こえる人だから、どうしてもそこに合わせないといけないところが出てきてしまう。それをどう伝えるかは難しいですね。

前のなのに今ごろ読んでコメントして読んでもらえるのか分かりませんが聞きたいので書いて後で読んでくださいとつぶやいてみます。
聞こえないこと=普通である生活をしている人たちにとって、聞こえる人の普通を押すのは迷惑なのは分かります。が、聞こえる人は迷惑や嫌なおもいをさせているとは感じていないところで相手を傷つける事になりますよね。今通訳の仕事をされていて、そうでなくとも知り合いの方や、難聴の方に具体的に聞くよくある普通のギャップで困ることを教えて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出番のない勝負パンツ | トップページ | 落ち着きがなくなる瞬間 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: