2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 冷えますなぁ | トップページ | たこ焼き12個 »

2011年12月21日 (水)

ツイートのまとめ その3(やっぱり手動)

相変わらずのつぶやきようです。何のことかわからないこともあるかとは思いますが、ご容赦くださいませm(_ _)m前の2回もそうですが、全て引用無しの自分の発言です。何でまとめているかはまたの機会に説明します。

日本語対応手話(手指日本語)自体が独自の文法を持っているとは考えにくいですか?かなり日本語に違いものにはなると思いますが。

おっしゃりたいことはわかります。ただ、日本手話も日本語が基本になっている、いや、日本語の影響を大きく受けてるんじゃないかな、と。そういう意味であまり独自の~、というところにえ?と思ってしまうのかもしれません汗

ありがとうございます。いわゆる「極端な」日本語対応手話手話はその通りだと思います。ただ、必ずしも日本語の語順通りでなかったりするものもあって、一概にはいえないかな、と。

そこは手話通訳の努力が求められますね(自戒含む)

はい、影響を受けていることが悪い、と言いたいわけじゃないんですけどね。全く違う、と言われると、って感じです。

似たようなやりとりだけど、冷静で紳士的に、さらに排他的感情がないと、受け取る側もなるほどな、と思う。とても建設的でいいなと思った。こういうことから何か解決の糸口になる発見があればいいな。

そうですよね。逆に日本手話を話される方も時に日本語の語順通りになっているのを見かけます。なので二つのくくりにするのが難しいんじゃないかな、と。それぞれに多様性があって、それが混じり合っているのかなって。

お互いの言いたいことを想定することは大事だな。

あ、よく言われます。怒り肩ということもあつって硬くて見にくいとも。力を抜いて、ですね。

自分ってアカに入るの?ようわからん。

仕事でも手話通訳でも、「代わりがいない」というのはある意味プロとしては誇らしいことだけれど、本人にとってはかなりのプレッシャーだったりする。やっぱりきちっと相互フォローする体制を管理する側が考えなきゃだめだな。

本当に答えないまま終わらせる気なんだな。が、またそのうち主張しだすだろう。

そう見てたら楽ですよね。なんでも。

よほど関西がお嫌いのようですね。

まさにそれが手話学習者・通訳者がかかえるジレンマの一つだと思います、はい。

アカって呼ぶの好きですね。

今度はアカとかバカとか、本当にあれこれ言うのがお好きな方たち(笑)

それしか言えないんだな。

私アカでもシンパでもないけど、仮にそうだったとして「だから何?」の世界。手話通訳者の世界が衰退していく?ははは(笑)勝手に思ってろ。

不利になったら他人のリツイートに頼ってみたり、話題を変えてみたり。ま、何でもありですよ、Twitterなんてね。見ている人が判断すればいいだけ。

おいおい、アイツいい気になって調子のってるぜ。ちょっと叩いてやらなきゃな。「バーカ」「バーカ」「お前のかあちゃんでーべーそー」。もうそんな感じに見えて仕方がない(笑)

そう言って自分たちの心を落ち着かせたいだけなんだと思います。

「通じていると思っている」というのは詭弁です。ってか通じさせたくないのかねぇ?

通じることよりも「言語である」ことや「技術を持っている」ことの方が尊重されるっていうのはおかしいと思う。「あるすばらしい言語」であればわからない方が勉強しなきゃいけないわけ?順序がめちゃくちゃ。

(珍しく?)自分たちの思うとおりにならないから押さえつけようとあの手この手で躍起になっている。せっかく俺たちの主張がここまで広まってきたのに!という気分なのかな。それが本当に良いものなら自然に広がるもの。むしろその流れだったのに自分たちで逆行させている。残念。

意見や主張って「違う!」「違うかな?」「よくわからない」と思っている人にきちんと説明できて初めて成立するものだと思う。それができないということはどこかに矛盾がある証拠。相手方のせいにせず、自分の言っていることを見つめ直す良い機会。

で、話があっちのほうに言ってきたのですが、違和感を持つ方への説明はしないのでしょうか?無視ですか?

こんな人だとは思わなかった、と離れていく人がいることは寂しいけど仕方がない。でも自分はこんな人なんだ。無理に飾っていい顔するよりは、自然体がいいな。

文法が異なる、のはわかった。じゃあその文法を比較じゃなくてどういうものなのか、簡潔にまとめてくれないかなぁ。独自の、って言うんだから日本語と比較しなくてもできるはず。

全く別ならば、例えば英語やフランス語圏で日本手話が発生することもありえる、と言うことになるのだろうか。さすがにそんなことは有り得ないよね。日本にいて、日本語の影響を受けているからこそのもの。だから悪いとか劣っているとか言いたいわけじゃないですよ。ちゃんと書かないと誘導する方が汗。

政治家の回答みたいですね。

はい。いいえ。存じません。…家政婦のミタの真似かぁ。

収まったようですが、誰か一人くらい説明してくれる人はいないんだろうか?「何のことか説明してください」とは言うくせに。したよ、したけどあの対応。期待するだけ無駄かな。

説明しない、無視、適当にあしらう、罵る…何でもいいんだけど全部自分に返ってくるんだよ。聞いてほしい人に聞いてもらえなくなるよ。それでいいの?

「あなたに説明する義務はありません」って出てくるかな。

今日、とある決断をした。これでよかったと思いたい。

何だかよくわからないことを言っている人がいる。

自分は何でもわかってますよ。あなたたちは知らないから教えてあげますよ。反省した方がいいですよ。一見まともなことを言っているように見えて上から目線。キライだ。

心で何を思ってようとも、後から何を言おうと、出てくる言葉で全てっていう面はあるんだな。そう思わせておいて実はそうじゃありません、というのは受け手の立場に立ってない証拠。どう受け止められるか、ってのを常に考えなきゃ。

手話通訳だけじゃないけれど、通訳は出てきたもので勝負をしなきゃいけないことだってたくさんあるんだよね。その中で最大限の努力をするのが求められる。

手話通訳とは、情報操作役でもなく、召使いでもなく、権力者でもなく、交渉人でもなく、黒子でもなく、あと何だろう。

ろう者に「聞こえるの?ろう者かと思った」と言われた(驚かれた)ときは喜んで良いのか悩む。

アンパンマンとかドラえもん(手が丸)が手話をしたらどうなるんだろう…。

何か言ったらまた叩かれる、面倒くさい、って思ってるかもしれない。何で叩かれるのかについては考えない。同じことを繰り返す。いじめの話とごっちゃにしちゃやーよ。

うん。じゃあ何なんだろうなって。通訳者なんだけど。

よく言ってくださいました!まぁ、それを考えなかったとしても、同業者としてどうかという面はありましたが、 まさに緊急事態、やむを得なかったところは大きいと思います。だからそのままでいいとは思わないですけどね。

そこは手話通訳の技量だと思います。なかなかいないでしょうけれど。

はい。「何を話すかわからない」という状態だったと聞いています。私もリアルタイムでテレビのニュース番組を資料なし手話通訳していますが、大変、の一言です。

反省いたしますm(__)m

「日本語対応手話は手話じゃない(手指日本語だ)」という主張を裏付けるものは結局今になっても出ない。「文法が日本語だから」←日本語の通りに出す手話、そのもので「日本語対応手話」で成り立ってるし。つまり「手話」そのものの定義を無理やり狭めているだけだったりする。

で、定義から外された人が違和感を持つ。え?自分の手話は手話じゃないの?自分で言うならまだしもその言葉を使ってない人に勝手に言われるわけ?→そりゃ当たり前だ。呼び方にこだわっているんじゃなく、むしろ柔軟なほうなのに。分ければ合理的というのは現実を見ていない、分けたい側のエゴ。

« 冷えますなぁ | トップページ | たこ焼き12個 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冷えますなぁ | トップページ | たこ焼き12個 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: