2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 節電しましたか? | トップページ | 現実的な夢 »

2011年9月17日 (土)

通訳者は意見を言うな?

自分がどんな気持ちで手話通訳をしているか、このブログに時々書いたりしますが、これっていけないことでしょうか?業界では当たり前のことだったりしても、知識や技術、心構えの再確認になったりしますし、一個人としての意見を持って言うことに何か遠慮が必要だったりするんでしょうか。   
   
通訳者が意見を持って、それがろう者と対立したりすると無条件で責められる、なーんてことはありませんか?これまでは通訳者が強い立場になってしまい、ろう者に「あなたの手話は下手」とはふざけたことを抜かしている人もいたようですが、もちろんそれも大間違い。通訳者はあくまで通訳者なので、業務中は自分の思想は控えるべきものですし、業務以外であってもろう者や手話学習者より「偉い」ということはありません。   
   
が、通訳者だって人間ですから、お互いの言うことに対していろいろ思うことがありますし、通訳するにあたっての気持ちや反省点、疑問や意見がいろいろとあるわけですよね。経験を積み重ねることで思うことも増えるでしょうし、自分がどう動いていったら良いか、ということも考えていけるんだと思います。   
   
タイトルのようにどストレートに主張する人はあまりいませんが、そういう雰囲気が一部で出ているのも事実。それが自分たちの考え方と同じだったり近かったりすれば擁護し、違った場合は押しつける…そりゃまぁ人間ですから、いろんな感情や考え方があるのでそこまでどうこう言うつもりもございませんが、言葉の端をとらえて事実確認もせずにいろいろいわれちゃーね。そりゃ気分悪いですわ。   
   
なんのことはわからない方はすいません。ちょっとした愚痴です。   
   
確かにウメはいろいろと言わなくても良いことを言うほうですが、最低限の線引きは守っているつもりです。黙っていたほうがいいのかもしれませんけどね…それが出来ない性格だからこうなっているんでしょうね。これからも言い続けますよ、いろいろと。

« 節電しましたか? | トップページ | 現実的な夢 »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 節電しましたか? | トップページ | 現実的な夢 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: