2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 手話通訳になりたい1 | トップページ | 手話通訳になりたい3 »

2011年7月17日 (日)

手話通訳になりたい2

話はちょっと戻りますが、大学の就職活動の時に「手話通訳になりたい」とは思いませんでした。これっぽっちも。もともとサービス業→もっと言えば電気屋のお兄さんになりたい!というのが強かったので、そこ方面しか受けませんでしたね。そこに「手話通訳」という枠はすっかりありませんでした。大学の手話サークルはそれなりに打ち込んで手話漬けだったこともあるのに。求人の一つや二つでも見ていたら話が変わったかもしれません。   
   
国リハを卒業する頃に、じゃあ次の仕事は…ということで考えるわけですが、ご存じの通り「手話通訳」そのものの求人というのはなかなかありません。あっても求人が学校に来なかったり、地元との関係やら何やらがあったり、タイミングが合わなかったり…。自分は縁あって京都へ行くことになりましたが、そこでも「手話通訳」がメインの仕事ではありませんでした。もちろん、仕事の中では通訳をする場面はたくさんありましたが。   
   
今の仕事でもそうです。今までよりは仕事として「手話通訳」をする機会は段違いに増えましたが、「今は手話通訳の仕事をしています」…という訳ではありません。そもそも「仕事としての手話通訳」って何だろう…と。わかりやすいのは行政などに設置をされた専任手話通訳者さんでしょうか。一部の企業や団体で「手話通訳として雇用」されることもあるでしょうか、一般的と言えるほどの数はいませんよね。「公務員」でもなくて「会社員」でもなくて「手話通訳」というのは今の日本で職業として存在できるのかなぁ…って。   
   
ウメがやっている手話通訳と言えば「目で聴くテレビ」のリアルタイム手話通訳。それと地域の登録手話通訳。どちらの「仕事」というよりは(言い方があまりよくありませんが)アルバイト?日雇い?に近い感じです。他の言語の通訳さんの事情は詳しくないですが、どこか派遣会社?に所属して依頼を受けて派遣されて通訳をする…ただ身分は保障されていて、所属もしっかりしていて…というイメージです(勉強不足でしたらすいません)。   
   
「手話通訳になりたい」と思ったらどうすればいいか?   
   
その前に   
   
「どうやったら手話通訳になりたいと思ってもらえるか?」   
   
さらに戻って   
   
「手話通訳というのが職業として一般的に認知されていくにはどうするか?」   
   
…続きます。

« 手話通訳になりたい1 | トップページ | 手話通訳になりたい3 »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手話通訳になりたい1 | トップページ | 手話通訳になりたい3 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: