2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« AQUOSスマホ | トップページ | 手話を使う人におすすめ!トルトン »

2011年5月11日 (水)

ナチュラル・アプローチ

「ナチュラル・アプローチ」はナチュラルにアプローチする方法です。

 

説明になっていません。

 

「ナチュラル・アプローチ」とは、学習したい言語(目的言語)だけで教える「直接教授法」のうちの一つ。英語で言えば英語だけで英語を教える、手話なら手話だけで手話を教える、といった具合です。よくあるパターンの日本語からの変換・翻訳をできるだけ避ける方法でもあります。

 

ウメは某専門学校…国リハで手話をこの方法で教わりました。頭の中からできるだけ日本語をなくし、ありのままの手話を受け入れる…。日本語で書いてあるテキストなどは使わず、手話通訳者も入れず、ろう者が手話で生徒に教えるというもの。

 

この方法が良いと思うかどうかはそれぞれなのでここでは書きませんが、教わった立場からいうと、教える方も教わる方も簡単なようで難しいものでございます。はい。目的言語だけで教えるので、最初はいろいろと通じません。そのあたりのとっかかりが重要そうですね。いずれにしても技術と時間が必要な感じがします。

 

この方法に限りませんが、人に何かを教えるって難しいですよね。これがうまい人ってすごいと思います。いくら知識や技術があっても「教えられない」のでは広げるのが難しいですしね(職人さんの世界なんかだと「盗んで覚えろ」みたいなのもありますが、ある意味あれは教えているうちですよね)。うーん。

« AQUOSスマホ | トップページ | 手話を使う人におすすめ!トルトン »

手話」カテゴリの記事

コメント

>healerstaffさん
中学・高校であれだけ時間をかけて英語を習うのに大人になると役に立たない、ってよく言われますよね。現場の先生方は苦労されていると思います。どうしても「受験のための英語」になりがちなのかな、と思います。思い切って受験科目から外したら逆に効果があるかも…って思ったりもします。

>ユタ坊さん
おっしゃる通りですね。時間的に限られているとどの方法でもうまくはいかないと思います。かといって手話に思いっきり時間を費やして学べる環境がある人がどのくらいいるか…。う~ん。

直接教授法にはそれに適した環境の中でなら一番有効な教授法だと思います。毎日朝から晩まで手話漬けされるような環境の下であれば申し分ない。ただ、1週間に1度で
2時間の講座のような環境では充分生かしきないで悩んでいる講師もたくさんいるのも事実。いろいろむずかしいですね。

私も手話ではありませんが、高校生に「言語」を教える仕事を生業としています。今年で6年前になりますが、毎年いろいろ考えながらやっています。この生徒たちには、どういう教授法がいいのか、和訳先渡しがいいのか、それとも一緒にやっていくほうがいいのか…。おそらく日本全国の先生方も同じような葛藤があるはずです。
 教授法もいろいろ学説や方法論はありますが、一番大切なのは、その時々の教授者と被教授者との関係性とか、理解度とか、能力等によるんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AQUOSスマホ | トップページ | 手話を使う人におすすめ!トルトン »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: