2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 不審人物 | トップページ | 明治34年の100年後の日本 »

2011年4月18日 (月)

徹子の部屋は編集していない

同一司会者の番組としては世界一でギネスブックにも載ることになった伝説の番組「徹子の部屋」。月曜~金曜までのお昼に放送されています。

この番組は生放送ではありませんが、黒柳徹子さんの方針で一切編集をしていないそうです。

『徹子の部屋』が、「一切編集をしない」3つの理由

この番組にかける黒柳徹子さんの思いはすばらしいですね。Wikipediaには彼女の髪型の理由についてもこう書かれています。

この番組で黒柳はいわゆる「たまねぎ頭」姿である。芸能界七不思議のひとつと言われるこの髪型については理由があり、毎日髪形を変えると、視聴者の関心が黒柳の髪に集中してしまってゲストの方へ行かない、また襟足が出るので、黒柳の斜め後ろからの画像になっても「ふんふん」とうなずく時に髪ばっかり揺れているという絵にならず、首が見えるので少しは人間味がでる、あるいは和装でも洋装でもちょっとアレンジすれば済むなどの理由で固定していると言う。

合理的な理由があったんですね。というか、むしろあの頭の方が視聴者の関心を集める…というのはおいといて、芸人を呼んだときの「なんかおもしろいことやってくださる?」的な無茶振りが大好きなので、全てが許されます。

もう77歳なんですね。すばらしいです。

« 不審人物 | トップページ | 明治34年の100年後の日本 »

テレビ・ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不審人物 | トップページ | 明治34年の100年後の日本 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: