2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 割り込みは許さぬ | トップページ | セル・ポワのオムライス »

2011年2月19日 (土)

手話を勉強する間隔

突然ですが、手話を勉強するのに1週間に1回の講習会”だけ”で手話が上達すると思う方はどのくらいいるでしょうか?おそらくほとんどの人が「違う」と答えると思います。実際には、テキストなどで復習をしたり、本を購入したり、テレビを見たり、サークルに入ったり、講習会の後の「おしゃべり会(または飲み会)」に参加したり…。

どの方法が一番スムーズに身につけられるかは、環境もありますしその人の性格もありますので何とも言えませんが、もう少し体系的に手話を学べる環境を作ることも大事だと思っています。専門学校などがその例ですが、そこまでではなくても、個人レッスンだったり、講習会の頻度を増やしたり、また講習会・カリキュラムのあり方も見直したり…、行政が主催するものだけではなく、民間企業も参入したりして良い意味で活発になっていければ、結果的に学ぶための入り口が広くなり、手話について知る人が増える…これは今の時期大事なことではないかと思うのです。

間隔の話に戻りますが、やっぱり言葉ですからできれば毎日見て使ったほうが良いですよね。そのモチベーション・環境・教材が手話の場合整っているのか?ということです。話はやや飛ぶかもしれませんが、英語の場合、現在は中学校から高校まで必修で、週3~4時間(もしくはそれ以上)学校で教えているわけですが、そんなに時間をかけても英語をある程度自由に書ける・読める・話せる人ってそんなにいません。そりゃー「受験のための英語だから」と言ってしまえばそれまでですが、学校でその頻度で教えたとしても、日常会話で使うことがない限りはやっぱりなかなか身につかないもんだなぁ…と思います。

「海外にホームステイに行ったら1年後は話せるようになった」と聞きますが、手話でも「ホームステイ制度」なんかがあれば(時間に余裕のある人に限られますが)メキメキ上達するのではないかと思ってしまいます。ただ、日本に住んでいる限り日本語の音声や文字が飛び交っている状況はどうしても避けられないと思いますので、その効果も限定的なのか…。

せめて講習会を週1回ではなく、2~3回程度に増やすことから始めるか、その次はできるだけ手話に触れる機会を多くしてもらうには…通訳を育てる以前の問題として、手話に関わる人は考えてほしいなぁと思います。

« 割り込みは許さぬ | トップページ | セル・ポワのオムライス »

手話」カテゴリの記事

コメント

それです。絶対やったらいいのになぁーと思います。なかなかホームステイ、というのは難しいとは思いますが。
それかろう者に聞こえる人1人で旅行に行くとか。海外旅行で日本語が通じない環境にしてしまえばさらに効果があり!?

手話ホームステイ!
自宅でやりたいな~と言っていたろう者がいました。

近所の手話学習者を自宅に泊める。
手話学習者は、朝は普通に出勤。
帰ってくると、手話の世界。(デフファミリーのろう者のおうち)

1日中どっぷり、ではないですが
家にいる間は手話漬けになれます☆
誰かやってみてくれるろう者がいたら、楽しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 割り込みは許さぬ | トップページ | セル・ポワのオムライス »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: