2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 鳩山は黙ってなさい | トップページ | ドラえもんに教わる人生哲学 »

2011年2月21日 (月)

情報リテラシー

最近mixiやブログ、Twitterなどで常識外れの発言をして、批判コメントが殺到(炎上)したという話をよく聞きます。民主党の元議員が「新燃岳が噴火したのは口蹄疫で殺処分された牛や豚の呪い」とか言ってみたり、一般人でも「○○と○○がホテルに来てた」と発言してホテルが謝罪することになったり…。

mixi・ブログ・Twitterはいずれも見ようと思えば全世界の人が見ることができるいわば「公」の発言です。何を思っても自由だとは思いますが、それを発言しても良い場所かどうかを考える、「情報リテラシー」をどう使うか、現代人にはこの力が必要だと思います。

情報リテラシー…情報を使いこなす能力のこと。体験やメディアを通じて得られる大量の情報の中から必要なものを探し出し、課題に即して組み合わせたり加工したりして、意思決定したり結果を表現したりするための基礎的な知識や技能の集合である。(e-wordsより)

パソコンの操作方法、ということではなく、ネット上の社会のなかでどう情報を使いこなしていくか。全ての情報を鵜呑みにしたりせず、必要な情報を自分で見極め、発信していく。ウメもブログを長く続けていて、Twitterも時々やりますが、これには気をつけないといけないなぁと思います。

もちろん、ネット上の社会だけではなく、実社会でも情報をどう使いこなすか、まずは「知る」環境をできるだけ作ることができるか、です。聞こえない人を含むより多くの人に、適切な情報をどうやってとどけるか、その環境を整えるか、を考えていかなきゃいけないですね。

それにしても最近はTwitterとかでのビックリ発言が多いです…。いやはや。

« 鳩山は黙ってなさい | トップページ | ドラえもんに教わる人生哲学 »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳩山は黙ってなさい | トップページ | ドラえもんに教わる人生哲学 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: