2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 上等カレー | トップページ | キーボードのようで »

2011年1月20日 (木)

ちょっと、通訳のせいにしないでください!

米中首脳会談が行われたあとの共同記者会見のニュース、ご覧になりましたか?

米中首脳会談 中国の人権状況に米大統領踏み込む 胡主席は不快感

中国がノーベル平和賞を受賞した人権活動家を投獄していることに対し、アメリカのオバマ大統領が「解放しなさいな」と踏み込んだ発言をしたことに、胡錦濤さんがイラっときたというものです。このニュースの最後にビックリしたことが書かれていました。

胡氏は、冒頭の質疑応答で人権問題に関する質問に答えなかったことを米国人記者から指摘された際、「通訳上の技術的な問題で質問が聞こえなかった」と釈明。

通訳のせいにした~!質問が聞こえなかったら聞き直せば済むのに…。通訳だってフォローするでしょうし。さらに…。

だが、その後述べた、「内政不干渉の原則に基づくなら、人権に関し喜んで意見交換していきたい」との発言には、オバマ氏の発言に対する不快感が込められていたといえる。

質問の意図がわかってる!!!

確かにその国のやり方に他の国が口を出すことは「内政干渉」にあたりあまりよくないのですが、そういう中国はどれだけ他の国に口を…いや船も出してるんですかぁ~。

うがった見方をしてしまうなら、通訳がこのことを話すことをためらわれたから通訳しなかった…もしかしたらあるかもしれませんね…。少なくとも日本では、こんなことがないようにしなければいけませんね。

<ここから追記>

同じことを取り上げた共同通信社配信のニュース記事がありました。

19日の米中首脳会談後の共同記者会見で、中国の胡錦濤国家主席が人権問題に関する米国人記者の質問に答えず、あらためて返答を促した別の米メディア記者に「通訳の技術的な問題で質問が聞き取れなかった」と釈明する場面があった。米中首脳が並んで質問に答える珍しい機会だけに中国側通訳が混乱したとみられるが、一部米メディアが「胡氏が人権の質問を無視」と速報するなど、胡氏が都合の悪い質問に答えたがらないとの印象も与えた。
(中略)

こうした経緯を踏まえ、最後に質問に立った中国国営通信、新華社の記者は「(私の質問を)通訳はきっちり訳してほしい」とくぎを刺し、会見場は笑いに包まれた。(共同)

最後の一文。全然笑えません。通訳ってこんなに軽く見られているんですね。特にそれぞれの国家の首脳会談の通訳なんて、想像を絶するくらいのプレッシャーと責任が必要なのに…。

やりきれない思いでいっぱいです。外国語通訳ですらこの扱いですから、まだ理解が広がっていない手話通訳なんてもっと下の扱いなんでしょうね。残念です。

« 上等カレー | トップページ | キーボードのようで »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 上等カレー | トップページ | キーボードのようで »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: