2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »

2010年2月7日 - 2010年2月13日

2010年2月13日 (土)

ペットのための電話番号

NTTコミュニケーションズが始めたペットのための電話番号「ワンにゃんバー」。050から始まる電話番号を新設し、ペットの首輪などにつけておいて、ペットがいなくなってしまったときなどに、飼い主の本当の電話番号を知らせずプライバシーを守りながら連絡が取れる、というもの。

もともと050から始まる電話番号は、通常の電話番号よりも割安で電話ができるIP電話の番号なのですが、(通常の市外局番と同じ番号で使える)ひかり電話の普及などで、あまり認知されていないんですよね。050、というのが、もともと携帯電話の番号だったので、何となく使いにくくて高そうなイメージが抜け切れていないのでしょう。

その新しい提案として、ペットのために、ということで考えられたものだと思います。本来のサービス名は「050あんしんナンバー」。

ペットを飼っていないので気持ちがわからないのかもしれませんが、ペット専用の番号をどうこうする前に他にやることは無いのか…と思ってしまいました。録音した内容を文字にしてメールしてくれるとか…でもきっとこういうのはこういうのはコストがかかるんでしょうねぇ。

イヤホンが故障

携帯用音楽プレーヤーに使っていたイヤホンが突然故障しました。左耳だけ突然音が出なくなってしまったのです。使っていたイヤホンはDENONという会社のそこそこ高いもの。確かもともとは8,000円くらいで販売されていたものを旧モデルということで半額で購入したのを覚えています。

ウメは音質にはこだわる方ではないのですが、このイヤホンに変えたとき、確かに音が良くなったのは覚えています。「いやーDENONはやっぱ違うのぉ~」と感心しました。

それが突然音が出なくなってしまって、どうも接触が切れてしまったみたいなんです。こればっかりはどうしようもないので、節約したいところですが新しいイヤホンを買うことにしました。ヘッドホンっていうほど豪勢なものでなくて、耳の穴に入れるカナル式というタイプのもので、安くて音が良いものをチョイス!

ソニーは嫌いなのでソニー製は第一に外して(深い意味はないんです。音楽はソニーが強いっていうのもわかっているのですが、ここは感情ですね。感情。三分の一の純情な感情)、以前使っていてなかなか良かったビクターとパナソニックで1,000円で販売されていたのがあったので、迷った末パナソニックのを購入したんです。

そして聞いてみたらびっくりするくらい音が悪くなっていて…瞬時に「こりゃダメだ」と感じてしまいました。こんなに違うものか…と。まぁ、8,000円(元値)と1,000円ですから、比べる方がダメなんですけどね。なんかイヤホンやヘッドホンに数万円かける人の気持ちがちょっとわかりました。

というわけで、もったいないですが買い直し。今度は失敗しないように…と思ったのですが、いかんせん試聴ができない(そんなに大きな店ではない)ので、やっぱり迷ってしまいました。さすがに1,000円はダメだろう、と。じゃあ1,980円なら良いのか…一度失敗しているだけに困ってしまいました。

結局、壊れてしまったのと同じDENONの2,980円のものにしました。音質が良いメーカーという評判ですし、さすがに1,000円のものとは違うだろう、と。結果、以前使っていたものよりは音質が悪くはなってしまいましたが、我慢できないレベルではなかったので、これで使い続けることにしました。あとはプレーヤーで音質調整をすれば何とかなるでしょう~。

安物買いの銭失いの典型をしてしまいました。むぐぅ。

仮面サイダー

仮面サイダー
いつだったか「ウルトラサイダー」なんてものをご紹介しましたが、こちらは「仮面サイダー」。

まぁなかなか楽しいデザインになっておりますよ。買わなかったので味はわかりませんが、きっとフツーのサイダーでしょう。

もしかしてこれを飲んだから仮面ライダー、もしくは藤岡弘、(、までが名前なんですよ)になれるかもしれません。

でもウメはバイクの免許を持っておりませ〜ん(^^;)

2010年2月12日 (金)

Logicool Vid

テレビ電話の需要って高そうでなかなか普及しないですよね。携帯電話のテレビ電話機能もようやく標準になってきたとおもったら、内側のカメラがない機種とかあったりして。家庭用のテレビ電話なんて持っている人はほぼいないに等しいものです。

唯一、パソコンでのWebカメラを使ったビデオチャットはそれなりに普及していますし、手軽に導入できます。特に手話で会話する場合はとても便利ですよね。ウメは以前サイトスピードというビデオチャットソフトを推していましたが、最近ではウメ自身があまり使わなくなってしまいました。良いソフトなんですよ。動画がなめらかで手話でもスムーズに会話できるんです。

が、そのサイトスピードにも動きがあったようで、会社がLogitech(日本では緑の箱でおなじみのロジクール)に買収されたんだそうです。もう一昨年の話なんですけどね。ウメも知りませんでした。

そのロジクールのカメラといえばウメも愛用しておりまして、なかなか高品質でございます。最近では、そのロジクールのWebカメラに「Logicool Vid」というソフトが同梱されるようになりました。無料でもダウンロードできます。これにサイトスピードの動画圧縮技術が使われているそうなんです。

l_og_vid_010

このソフトは、単純なビデオチャット=テレビ電話ソフトです。導入が簡単ということで、下記のサイトに詳しく記されています。公式サイトはなんだか翻訳文で読みにくいのでこちらをご覧ください。

これは簡単! “Logicool Vid+Webカメラ”で始めるビデオ通話

テキストのチャットの機能も省かれた完全なるテレビ電話のソフトです。ウメも導入してみましたが、大きな画面でビデオチャットができそうです。(まだ相手がいませんが…)ロジクールのWebカメラを持っていない人は、持っている人に招待を受ければ無料で使えます。

使ってみたいという方は招待しますよ~。

【手話319】やっぱり健康が大事

あんまり内容がない動画ですが、どうぞ暇つぶしにご覧ください。どんだけ健康が大事って言えば気が済むのでしょうかねぇ(^_^;)
手話動画ネタを大募集中~。
(7分57秒)

外交の場での通訳のミス

日韓外相会談後の共同記者会見で、こんなことがあったそうです。今年は日韓併合100周年に当たる年だそうで、それに岡田外務大臣が言及した時のことだそうなのですが…。

また、共同記者会見で同時通訳を担当した日本側の通訳が岡田外相の「民族の誇りを傷つけられた出来事」を「アイデンティティを奪われた惨憺たる出来事」と通訳するミスがあったことが、会見終了後の確認で明らかになった。通訳のミスは、深刻な外交問題に発展するものではない小さなミスで、ハプニングで終わったが、韓国の外交関係者は、外相会談という重要な席でこのような通訳上のミスがみられたのは外交慣例上、理解に苦しむとの見解を示した。

うーん。通訳をしている立場からすれば、それくらいは見逃してあげようよ…と言いたいところですが、外交の場だと一字一句が大事になってくるのでそうも言っていられないんでしょうかねぇ。こういう国関係の通訳だと、万全の体制で臨んでいるんでしょうけれども、それでも通訳は人のすることですから、どうしても間違いが出てきても仕方ないと思ったりします。

間違えようと思ってやっている訳ではありませんからね。

2010年2月11日 (木)

営業マンの夢

昨晩は眠りがすごく浅かったみたいで、朝目が覚めた時に全くもってすっきりしませんでした。幸い今日は祝日なので二度寝ができるので、昼までそのまま寝ていました。さすがに昼まで寝ると少しはマシになりましたが、どうもすっきりしません。午後もうつらうつらの時間。

さて、二度寝の時に夢を見ました。ウメの自宅らしき部屋(でも今の部屋とは構造が違っていました)に、通信会社の営業マンさんが来て、サービスの説明をしてウメが承諾し、話がまとまったところで営業マンさんと打ち解け、帰り際に記念品として単一の乾電池を使用する超巨大な電子辞書をプレゼントされるという夢。

何だったんでしょうかねぇ。ウメが営業マンを自宅に呼ぶなんてことは現実にはたぶん無いのですが、願望があったりしたんでしょうか。うーん、変な夢でした。

ぐっすり眠るにはどうしたら良いでしょうかねぇ。

電気屋で気になるあのナノケア

Nanocare01
(これがWebカメラにしか見えないウメはやっぱりパソコンオタクでしょうねぇ)

最近、電気屋さんでよく実際に使えるように展示されていて、気になっている淑女の皆様も多いことでしょう。パナソニックの「デイモイスチャー ナノケア」

仕事をしながら、テレビを見ながら…など、「ながら美容」ができるということで人気を集めているみたいです。で、要するにこれは水分量の多いイオンを発生させる機械だそうで、ドライヤーでもこの機能を搭載した製品は好評だそうな。

電気屋で試そうにも、顔を当てるのはちょっと恥ずかしいし、効いているのかどうかわからないし、1万円以上するし…と、気になるけど買うのをためらっていた貴女、貴方も多いのではないでしょうか。

そんなナノケアをこちらのサイトでレビューしています。実際に編集者が使ってみた感想が書かれていますが、「肌がしっとりする」といった良い効果があるそうです。ちなみに風を顔に当てるとこの季節はちょっと寒いそうです。

※個人の感想です。

ってTV通販のようなテロップが入りそうですが、なんだか良さそうな感じですよ。ウメも最近お肌の吹き出物が増えてきておりまして、ちょっと試してみたい気もします。なんて言いつつお肌の手入れなんて何もしていないのですが。

2010年2月10日 (水)

433店舗閉店

マクドナルドさんが先日、戦略説明会というものを開催し、来年度中に全国の433店舗を閉店することを発表しました。

マクドナルドが打ち出す「新世代店舗」に合わない店舗を閉鎖するそうです。具体的にはキッチン面積が広げられないとか、立地条件が良くないとか・・・。現在のメニューすべてが販売できるのが条件だそうで、現在一部のメニューしか販売されていない店舗は確実に閉鎖の対象でしょうか。

最近はコーヒーてこ入れや、アメリカンなバーガーが好調なマクドナルドさんですが、433の店舗もつぶしちゃうんですね。今どれくらいあるんでしょうか。2,000くらいありますかねぇ。ウメの家の近くは大丈夫でしょうかねぇ。近くにないと結構不便なんですわ。結構お世話になっているので(^_^;)あ、実家の近くのスーパー「いなげや」に入っているマクドナルドはつぶれちゃうでしょうねぇ。きっと。

それにしても「新世代店舗」ってどないなんでしょ。全部機械でバーガーを作るとか、二足歩行をするドナルドのロボットがいるとか、「○○サンキュー」じゃなくて「○○オブリガード」と言うとか・・・。

ハートフレンド割引

ソフトバンクの障害者向け割引サービス「ハートフレンド割引」(←いつのまにこんなにオサレな名前が付いていたんでしょうか。知らなかったです…。)が、6月から「ホワイトプラン」が対象になるなど、サービスが拡充されます。主な内容は次の通り。

●ホワイトプランの基本使用料が無料
●「パケットし放題」「パケット定額フル」が0円から利用可能
●TVコールの通話料が半額の30秒あたり18.9円に

テレビ電話の割引はドコモの障害者対象割引サービスにもあり、目新しくはありませんが、こうやって使いやすくなるのは歓迎ですね。

ただ、自動的に適用されるわけではなく、自分で申し込みに行く必要があるみたいです。6月とまだ先の話ですが、ここはきっちり頭に入れておく必要がありますね。

自動適用にしてくれりゃいいものを…そうは問屋が卸さないんですかね。窓口で本人確認?契約の時に終わっているはずですし。

郵政民営化→やっぱりやめた

昨日のリアルタイム通訳「クローズアップ現代」のテーマは、「どうなる郵政 見直しのゆくえ」

小泉政権時代に郵政民営化!って一気に突っ走ってはみたものの、地方でのサービス低下など様々な問題があった郵政民営化について、完全民営化にはせず、一定政府が関与し続ける方針に変わっている…という話です。

ウメの担当は主に地方の現状を紹介するVTRの部分だったのですが、今回はちょっと焦ってしまって誤訳が多かった気がします。いや、誤訳っていう訳ではなくて、表出間違い→慌てて訂正→追いつかなくなる→また間違える、で出来としてはダメでしたね。どっちにしても。

郵便・貯金・保険の3つの事業をウンタラカンタラ…、郵政見直し改革法案がドウタラコウタラ…、きちんと頭の中に意味として入らないまま通訳をしていたような気がします。最近ではクローズアップ現代の通訳をさせていただくことが増えましたが、難しいテーマではあるものの、もうちょっと咀嚼して表出できていた気がしたのに…。

自分なりにダメだったところを反省して、次の機会につなげていきたいと思います。

2010年2月 9日 (火)

サザエさんに少女漫画

この前の日曜日に放送した「サザエさん」、ご覧になりましたか?毎週日曜日の夜はサザエさん!というご家庭も多いでしょうが、ちょっといつもと違う雰囲気に驚いた方もいらっしゃったかもしれません。

20100207_15

こんなタイトルで思いっきり少女漫画風の絵が入ったんです。大きい頭を支えられるんだろうかっていうくらい細い首が特徴のサザエさんの人物のタッチとは大違い。

あらすじはこんな感じ。

ワカメとその友だちは、畑中ちさと先生という漫画家の少女マンガ「ソレントの星」に夢中になっている。波平が風邪を引いて寝込んでいるときに暇つぶしにサザエから「ソレントの星」という少女漫画を渡され、うなされつつも読んでいた。それを見たワカメは波平に30冊以上ある「ソレントの星」を渡し、「おもしろいから読んでみて」とすすめる。波平はマンガには興味がなく、自分では読まずにサザエに読ませておく。しかし、突然ワカメの友だちが家をおとずれ…

ってな感じ。波平さんが寝言で、少女漫画の主人公の「カロリーナ…」と言うお宝場面も収録されていました。

原作者の長谷川町子さんが生きていたら、こういうのはアリだったでしょうかねぇ。ウメはおもしろいと思いましたけど。

お決まりの安全確認

ただいまJRの新快速に乗って大阪に向かっております。

が、「前を走る電車が通常と異なる運転をしたため、安全確認をおこなっております」とのことで、途中駅の手前で10分ばかし止まってしまいました。

通常と異なる運転って何でしょう?その間に3本の電車に抜かれましたよ。

JR西日本のアーバンネットワークでは、安全確保のためにどこかで立ち入りなどの危険を察知すると、広範囲に停止信号を出す仕組みになっているそう。

それはよろしいのですが、高速ですっ飛ばす電車がひっきりなしに往復するJR京都線・神戸線では、しょっちゅう遅れがでるんですよ。

乗り入れ範囲も広いので、一度遅れると正常に戻るまでも長いですし、それよりも何よりも頻繁に遅れている印象です。

今回は10分の遅れで済みそうなので、リアルタイム通訳には間に合いますが、もうちょっと遅くでていたら…パーでございますね。パー。

安全が第一。間違いないっ。

が、なんとか工夫できないものかと思います。併走する阪急や阪神はそんなに遅れることはないのですから…。

なぜ通訳者に向かって話すのか?

先ほど紹介した方のページにはまだまだ興味深いテーマがたくさんありました。

話し手はなぜ通訳者に向かって話すのか?

通訳者の上手な使い方

…失礼しました。サイト自体の紹介をするのを失念しておりました。

日華翻訳雑誌

会議通訳者で、大学の講師もしておられる日中通訳者の方が運営しておられます。一見小難しそうですが、ちょっと読んでみると抵抗感無く読むことができますよ。特に上の2つはほぉーって言ってしまいました。

こうやって皆さんに紹介しておきながら、ウメもサラッとしか読んでいないので、もう一度じっくり読みこなしてみようかと思います。

通訳者の手帳

日本語と中国語の国際通訳をされている方でしょうか…通訳に関するホームページを偶然見つけました。その中で特に手話通訳にも役に立つであろう

「通訳者の手帳」

というページを見つけました。外国語通訳を例にして書かれてありますが、ほとんど手話通訳の場合にも当てはめることができます。冒頭にある通訳者の使命というところだけ引用させていただきます。

 通訳者の使命とは、人と人あるいはひとつの社会ともうひとつの社会の深く幅広い理解を助け、互いに尊重しあう基盤を築き、そして心から交流を願う人々に話し合いの機会を提供することである。通訳者はただ自らの金銭的な目的や職業的な自己満足にとどまってはならない。通訳者はさまざまな職業のなかでもっとも崇高な任務を負っている
ことを自覚しなければならない。会議通訳者は国際会議において非常に重要な位置をしめており、異なる国々の人々が参加する国際会議では通訳者の存在は不可欠である。
 通訳者は翻訳機ではない。ただ機械的に単語を置き換えて通訳をしたと思うのはまったくの間違いである。また、通訳者はステージに立つ俳優でもない。オーバーな演技で聴衆を引き付けることは決して通訳者の任務ではない。
 通訳者の存在は、話し合いにとって理想的な状態ではないことを銘記しなければならない。ふたりの人間が同じ言語で話し合うことができれば、通訳者は無用なのである。
しかし、国際化する社会の中で、言語を異にする人々のコミュニケーションがますます重要な課題となっている今日、通訳者の存在も避けることができなくなっている。そして、通訳者の存在によって、世界各国の、さまざまな人々が、自らの伝えたい意味が過
不足なく忠実に相手に伝わっていることを信じて、自由闊達に、安心して自分の言葉で自分の考えをのべることができる。

ここからしてすでにかなり考えさせられます。この後、通訳者の資質、通訳のプロセス、逐次・同時通訳、その他たくさんのことについて書かれています。

通訳ってケースバイケースで、理論でなんとかなるものではないと思っているウメですが、それでも、ここに書かれてあるようなことは頭に入れ、身につけなければならないことだなぁと感じました。

しかもですよ。最後はそうそう!と思うところで締めてくれるんですよ。きっと実体験が伴っているんだなぁって本音で思いました。このページ、勉強させていただきましたm(_ _)m抄訳って書いてあるので、もとの本があるんでしょうね。ちょっと読んでみたくなりました。でも翻訳本なんですよね…きっと。あぁ、苦手…。

2010年2月 8日 (月)

神戸~茨城

格安航空会社のスカイマークが、来月11日に開港する茨城空港と神戸空港を結ぶ便を就航させることを発表しました。

そもそも茨城に空港ができるってことがあまり知られていなかったりするのですが、この茨城空港、ちょっと前まで国内定期便の就航が予定されていなかったんです。国際線で韓国のソウル便、あとHISがチャーター便を飛ばすくらいの予定だったそうで、開港そうそう客足は大丈夫なのか?と心配する声も。

関東の空港と言えば、羽田と成田がありますし、そんなに需要がなさそうな気もしますねぇ…。

そこにガツンと入ってきたのがスカイマークですよ。1日1往復とは言え、なかなかニッチなところに入ってきました。しかも驚いたのがその運賃。

通常で12,000円とまぁ普通ですが、身体障害者割引で7,000円。そして21日前までに予約すれば5,800円!!!ちょっとこれ安すぎませんか?茨城自体に目的がなくても(失礼)、福島や千葉、埼玉県東部にも近いですし、活用の仕方では需要があるかもしれませんね。

そもそも茨城空港ってのはどこにできるのか?ホームページを調べてみました。このホームページがこれまた手作り感満載。…茨城県小美玉市…わからない。おみたまし、と読むそうです。んで、どこかというと、霞ヶ浦の北にある市みたいですね。アクセス的にどうなんでしょうか。

他にも、ボーディングブリッジがない、飛行機が自走しながら方向転換できるターミナルになっている、など、なかなか珍しい仕組みになっている茨城空港。経営が悪化しているJALはたぶんこの空港には就航しない気がしますが、作ってしまったからには赤字になるのだけは避けたいですね。

そんなことだったら埼玉にも空港を…。意外に羽田&成田まで遠いんですわこれ。

しゃべります。

パソコンのキーボードで打ち込んだ文字を、音声合成でしゃべってくれるだけというソフト「しゃべります。」(仮)が公開されました。

パソコンにインストール(インストールにするとき、デスクトップにおいたまま解凍をすると大変なことになりますので、適当なフォルダを作ってからインストールしましょう)をすると下記のような画面が出てきます。

image1

一行文章を入力することができて、「しゃべる」ボタンを押すだけ。ウメもやってみましたが、ぎこちない音声は仕方ないものの、一応聞き取れる日本語でしゃべってくれました。作者も様々な事情で音声が出せない人のために…と書いてありますが、もしかしたら何かに使えるかもしれません。

どちらかというと、携帯電話のアプリで開発されたら手軽に持ち運べて便利ですよね。って、その前に打ち込んだ文字を見せた方が早いか…。

何か使い道を思いついた方は、是非作者さんまでご連絡ください。

やる気無し?駅そば

やる気無し?駅そば
営業時間。

平日の朝9時から夜7時まで。

飲食店にしてはやる気がないような…。

ウメの晩ご飯には間に合わず、休みの日はしまっている…。

「山陽そば」はけっこう美味しいらしいので、なんとか時間を作って食べてやりたいと思います。

2010年2月 7日 (日)

学生がネットで70万円稼ぐことは…?

19歳の大学生が、ネットの広告収入などで月70万円稼いでいるそうで、それを親に理解してもらえないという悩み相談が、教えてgoo!に投稿され、話題を呼んでいるそうです。

最近、Yahoo!知恵袋もそうですが、ネットで簡単に相談できる機会って増えましたよね。時々「そんなことまで!?」という質問もお見受けしますが、顔も名前もわからないからこそ、本音のやりとりが見えたりなんかして、見ている方としてはおもしろいです。

さて、投稿に戻りますが、彼は非合法のことをして稼いでいる訳ではなさそうです。投稿文を読んでみると非常に合理的で現代的だとは思いますが、一方で親が言うこともわからんでもありません。彼のやり方が「楽」かどうかは微妙なところでしょうが、今までの働き方とはちょっと違ったものだということはわかります。

それぞれの回答文を読んでみると、働き方・生き方が様々で参考になるなぁと思います。ウメとしても、稼ぐこと自体は悪いことではないですし、本人の自由ですが、それに毒されないで生きていけるか…というところがポイントになってくるかなぁと思います。簡単にお金を儲ける方法なんてない、というのが結局のところ世の中の流れですから、彼も彼なりにサイト更新などで才能を発揮してがんばっているとは思いますが、周りから見たら楽している、と思うのでしょう。

まぁ、彼が責められるのなら、どこぞの首相や幹事長さんの金銭感覚はもっと責められるべきところにありますね。彼らもいろいろ大変なんでしょうけど。

ウメもネットで稼いだりしちゃおうかしら…いや、なんかめんどくさそうです(^_^;)

大開駅

大開駅
神戸高速鉄道の大開駅です。ウメ家の最寄り駅…の隣の駅。

比較的新しく見えますが、先の震災で駅が全壊し、復旧したために新しく見えるのです。

この駅はJR兵庫駅にも近く、また復旧までにかなり時間がかかったため、その間に利用者数は減り続けました。神戸市内の駅にしては閑散としている印象です。

阪神梅田駅と山陽姫路駅を結ぶ、直通特急(追加料金不要)も半分以上は通過します。

が、駅前(駅上)にホームセンター・電気屋・100円ショップがあって買い物に便利なのでたまに利用します。

あぁ、今直通特急が通過していきました。しかもあんまりウメ家の方まで来ない新型車両ー。

これから家の近くのドラッグストアに買い出しに行ってきます。買うもの忘れちゃいそうだ(^^;)

モンスターペアレント実例集

学校や幼稚園などに無理難題を言ってくる親「モンスターペアレント」の実例集を、富山市が発行しました。こちらのサイトで紹介されています。

これは例だけが紹介されていて、実際にどのような対応をするべきかなどは書かれていないのですが、それにしても常識を逸脱する親たちの行動・言動がすごくて、口があんぐりしちゃいました。全体的に自分(子ども含む)のことしか考えていないような状況です。

子どもが保育園・幼稚園だと、もしかしたらウメと同世代の親たちが多いかもしれませんよね。どうしてこういう要求をするような親が増えてしまったのか。いや、昔から存在していたのか…。

これに応対する先生の気持ちを考えると、勝手に胃が痛くなってしまいます。毅然とした対応で臨めればそれは良いのですが、そうもいかない事情ってどこにもあるんですよね。うーん。いつか学校や保育園などに専属弁護士がつく時代も遠くないかもしれませんね…。

« 2010年1月31日 - 2010年2月6日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: