2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »

2010年5月23日 - 2010年5月29日

2010年5月29日 (土)

手話でケンカ

ろう者と手話でケンカ(言い合い)できるようになったら、そこそこ手話を習得した基準になる…。

なんてことをさっきふと思いました。

ケンカをするときはお互いに興奮して、感情を表に出して早い会話が進みますよね。手話学習者にとってこれってなかなかできないですし、ろう者も手話を勉強中の人に対してきつくあたるということはそんなにない気がするんです。

それでお互いが仲良くもなり、意見が違う場面が出てきたときに、ケンカ(前向きに考えれば討論)がスムーズにできるようになれば、聞こえる人の方は手話を使えるようになった、と言えるのではないかと。

あくまでもさっき思いついたウメの勝手な基準ですけど。

もちろん、手話でケンカができるようになったからといって、手話通訳ができるとはまた違うとは思うんですけど。

どこからが「手話通訳ができる」ことになるのか、手話に限らず他の言語もそうですが、基準とかってあるんでしょうかねぇ。ケースバイケースでしょうけど。

担当者が不在

企業や団体などが悪いことをしたときの広報部のコメント。

「担当者が不在なのでわからない」

広報部ってこういうことに答えるための仕事じゃないのか?担当者一人しか知らないってどんだけ縦割り業務なんだよおい!

と突っ込んでしまいそうですが、要するに「答えたくありません」「答える必要はありません」ということですよね。まさか本当に担当者しか知らない訳はない(そうだったら別の意味でびっくり)ですし、「答えられません」とかいうとイメージ悪くしちゃいますし。

まぁ、これもあいまいな日本語がなせる技!なのでしょうか。手話に翻訳するときはどうしましょう。でも真実がわからないだけに、やっぱり「担当者がいないからわからない」ってやるしかないんでしょうねぇ。

そして、こちらもよくあるパターン。何らかのケースで訴えられた企業や団体に取材をしたときの返事。

「訴状が届いていないのでコメントできない」

というもの。あれ、本当に届いていないの?と疑ったりもしちゃいますが、実際のところはどうなんでしょうか…と思い、ちょっと調べてみたらある弁護士さんのホームページで詳しく解説してありました。なるほど!と思いました。ちゃんと理由があるんですね。

じゃあ、訴状が届いたらコメントしてくれるのかと思いきや

「公判中の内容については答えられない」

になる場合がほとんどだそうです。まぁ、裁判中ですから、うっかりヘタなことは言えませんよね。でもそんなことに限って知りたくなっちゃいますよね~。

裁判って難しい。裁判員裁判の手話通訳とかどうやるんでしょうか。まだ例はないようですが(先日補充裁判員に難聴の人が選ばれて要約筆記というのはありましたね)、そういう難しい場面にもチャレンジしたい、と思うウメは余計な好奇心があるのか、プラス思考なのか…。

4アップ4ダウン

「2アップ3ダウン」…健康と体力維持のために2階分上がるときと3階分下がるときはエレベーターやエスカレーターではなく階段を利用しましょう!という運動の名前。

この数字を変えただけの4アップ4ダウン。今日、神戸市の登録通訳者の研修会に参加してきました。その会場が4階で、なんとなく階段を使っただけなんですけどね。通訳者研修会は50人ちょっとはいたでしょうか。そのうち男性はウメともうお一方しかいませんでした。

神戸市の年間派遣件数は4,000件。その半数以上は医療関係、ということで医療の場面を想定しての問題提起などがされ、後半は障害者自立支援法廃止の流れに関する講演DVDを見ました。ただし、今一部改正法案が衆議院にかけられようとしているところなので、流れとしては微妙に変わってきた感じ。

あ、研修会の冒頭で新登録者として紹介されました。ウメが前に出るとなぜかざわめく会場。「若い男だ」と言われていたのかはわかりませんが、ちょっと不思議な気分。今年の登録で神戸市の登録通訳者は約110人になったそうです。

話は戻りまして、4アップ4ダウン。ウメの部屋はマンションの4階。時々階段で上りますが、やっぱり使っちゃいます、エレベーター。だって入り口のオートロックの鍵を開けて郵便物を確かめていたら、ほとんどの場合(トイレに行きたい場合を除く)タイミング良く1階に降りて来るんですもん。

この誘惑に勝たなければ、ダイエッターウメとして生きる道は遠いですな…。

というわけで、間に登録通訳の話を挟んでしまいましたが、こんな一日を過ごしておりましたウメでした。

一文字ずつのLED

一文字ずつのLED
阪神西宮駅の発車案内板。

フルカラーのLEDなのですが、一文字ずつ区切られているんですよ。そこを文字がスクロールすることもあります。

なかなか珍しいですよね。最近ではフルカラーのLED発車案内板も増えてきましたが、このパターンは結構前からあるみたいなので、つながったパネルはコストがまだ高かったのかなぁ、なんて邪推しました。

発車案内板を見つめるのが好きなんです。昔から。パタパタ式とか幕式も、哀愁があっていいですね。

いつか自宅に装着したいです。

2010年5月28日 (金)

青年のすゝめ

来月26日、兵庫県聴覚障害者協会青年部と合同で「青年のすゝめ」という企画を行うことになりました。詳しくは兵庫県聴覚障害者協会のウェブサイトをご覧ください(このイベントの他にも多数の情報をアップしております~)。

この「青年のすゝめ」は、ビラを見ていただいたかわかると思いますが、先輩方と若い人たちのパネルディスカッションなど、堅苦しくなく学べる内容を企画しています。ウメもこの企画に参加させてもらって、当日も何かでバタバタ動いていると思います。

地域限定の話で申し訳ないのですが、時にはこういうお知らせもいいかな、と思って記事にしてみました。若い人たちに通訳・活動に興味を持ってもらうには、どんなことで悩んでいるんだろうか…など、ざっくばらんに話して、意見交換できたらなぁと思っています。

同世代の活動仲間、通訳者、手話学習者、やっぱりほしいですよね。なんとか増やせないか、いろいろがんばってみたいと思います。学習も大事ですが、楽しみもありつつ、良い方向に一緒に動ければとてもうれしいです。

ちなみに、協会の宣伝ついでで申し訳ないですが、震災を語るDVDや小松博さんの追悼エッセイ集も絶賛発売中!ホームページは定期的に更新していますので、ぜひ覗いてみてくださいませ~。

切られてしまった

沖縄・普天間基地移設問題に関して、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が罷免されました。

福島大臣と言えば、内閣が設置した障がい者制度改革推進会議の担当大臣としてこの業界ではおなじみでしたが、あらら、切られてしまいました。後任は平野官房長官(個人的に人相が良くないのと発言がどうも気にくわないのであんまり好きではない)が兼務するそうです。

障害者自立支援法の一部改正法案は、昨日?でしたか、厚生労働委員会で採択され、近いうちに国会でも審議される→採択される模様。当事者のことを考えていない…というよりは、次の労働者派遣法改正案を通したいがための妥協の法案とまで言われているものを、また当事者の意見を聞かないで通しちゃうみたいです。

政権交代してもあんまり変わらなかったでしょうか。でも自民党だったらもっと変わってなかったでしょうね…。

さて、次はどこの党に期待すればよいのやら…。どこもダメか。

切らしてしまった

日用品は買い置きしておかないと気が済まないはずのウメ。

定番中の定番、歯磨き粉を切らしてしまいました。

あれ、買い置きしてたはずなのになぁ…。朝から家探ししてしまいましたよ。

しーかたがないので、旅行用の小さいやつで歯を磨き、仕事に行く前にスーパーに買いに行きました。普通の値段(といっても178円)で買うのがこんなに悔しいなんて…。

近々ドラッグストア行き決定。

2010年5月27日 (木)

さすが報道ステーション

古舘伊知郎の訳の分からない感想は健在。ニュースのブチ切り方も他の追随を許しませんね。

と、言うことで、先ほど報道ステーションのリアルタイム通訳を終えて帰路についております。

今年度に入ってから、リアルタイム通訳は月1回になり、一月ぶりのテレビ通訳は難儀だなぁーとやる度に実感します。

今日のポイントと反省を。

全国知事会で4割の知事が欠席のニュース。「知事」と「首相」の手話がこんがらがり、さらに政治特有のウラのある曖昧な表現(例えば「真摯に対応する」)にしてやられました。

まぁ、何を隠そう画面に映った鳩山首相の変な髪型に動揺してしまったのもあるんですけどね。

続きましては大相撲の暴力団員観戦問題。二人の親方が処分され、譴責やら年寄に降格されて事実上の部屋とりつぶしとか…。

さらに、チケットの入手ルートが「茶屋」からどうのこうの…。

ダメだ。ついていけない。

極めつけはプロ野球交流戦。スポーツは久しぶりに担当しましたが、早口なのと意味の分からない盛り上げ方に???の連続でした。

最後には社民党幹事会が終わって、普天間問題で福島党首が閣議署名を結局認めないとか…で、内容が盛りだくさんでございました。

今日はいつもより手が動かない、というか、考えてしまう時間が長いなぁ、と(_ _ )/ハンセイ。

聞き取りの力が落ちていたのか、意味を理解する力が落ちていたのか、手話に翻訳する働きが弱かったのか…たぶん複合的に重なってしまったんだろうな…と思います。

ご覧いただいている視聴者の方には、いつもにまして見にくい通訳になってしまったのをお詫びしたい気持ちです。
(ですが、もちろん最低限の情報提供はできた上での話です。でないと通訳とは言えませんし。)

完全を求めるのは(テレビでは特に)難しいですが、じゃあ何ができるのか、どんな方法(通訳)があるのか、今後も通訳を続けていくにあたって忘れてはいけないことだと、改めて感じました。

やはり現場で経験を積み、たくさんのろう者と話す、これが一番ですね。

どこかで「報道ステーション手話通訳研修」とか開いてくれませんかねぇ。自分で引き受けておきながら言うのもアレですけど、かなりの難敵です。

トイレ戦線異常あり?

トイレ戦線異常あり?
こういうことをネタにするのはどうかと自分でも思うのですが、(トイレだけに)我慢できずにやっちゃいます。

とある駅のトイレ巡回表です。

気になったのが、以下の2点。

●巡回表が「個室」の中にあったこと
●「異常あり」の枠があること

ご覧いただいている皆さんにとっては、ウメの手のほうが気になるかと思いますが、これは巡回担当者のハンコが押してあって名前が写るといけない…と思って隠したものです。

かのトイレには個室が3つありましたが、当然全ての部屋?にコレがあるかは確認していません。確認してたらかなり不審者です。いや、個室でケータイのカメラで撮影しているだけで十分不審者でしょうか(^^;)

巡回表って普通は入り口とか手を洗うところとか清掃用具を入れておくところに貼るもんじゃないのかなぁ、と不思議に思いました。
そして「異常あり」の項目。まぁ、水か詰まっていた場合などはここに書かれるのでしょうが、どこからが異常なのか…そして異常があるなら悠長に個室の巡回表に書くことにそんなに意味があるのか、なんてことを思いながら撮影しました。

あぁ、こんなことを気にしている自分が不思議です。

メールアドレスに様をつけるか?

メールの宛先欄に“様”がついていないのは失礼か?

皆さんはどう思いますか?このメールの宛先欄というのは、メール本文の頭につける○○様、のことではなく、メールアドレス欄に表示される名前のことです。ほとんどのメールソフトでは「表示名」としてメールアドレスの他に名前が設定できますよね。

ウメは「様」などは不要だと思っていますが、仕事の関係先などでは必要に応じて「様」などの敬称を入れて登録している場合もあります。受信したメールに「様」をつけて返信する…ようなことまではしていません。

リンク先の記事では、「様」をつける必要がない、という意見ですが、これも時と場合によりますよね。どうしたらわからないからメールアドレスの表示名を消して直接入力…というのも面倒くさい(検索するときに出せない)ですし…。

記事にもあるように、受け取る人は送る人に比べて気にしていない場合が多い、ということでしょう。ウメも気にしていません。そりゃー「バカウメ」とか書かれていれば話は別ですがw

阪急電車の匂い

病院の匂いがしました。

恐らくきちっと消毒がしてあるんだと思います。

と、ここでふと思いましたが匂いがわからないって(病気じゃなく)障害の種類にありましたっけ?

今まで聞かなかったような…ウメが無知なだけなのかもしれません汗

2010年5月26日 (水)

Jリーグチップス発売中止

カルビーのカード付き「Jリーグチップス」が今年度は発売しないことになったそうです。今年はワールドカップもあってサッカーが盛り上がる…はずなのに…(日本代表のふがいなさについては様々な意見があると伺っております)。

Jリーグの人気がドドンと落ちたわけではなく、売れなくなったわけでもなさそう。じゃあなんで発売中止になるのかというと

チーム数が増加したため、合計数が130種類になってしまい、さらに入れ替えも激しいのでコストがかかりすぎる

ということだそうです。なるほど、それはよくわかります。しかも最近のマニアさんにはちょっと折れ曲がっているだけでもクレームをつけてくる人もいるそうで、そういう人への対応やらいろんなことを考えて発売を中止したということですね。

ウメが子どもの頃はちょうどプロ野球チップスからJリーグチップスに人気が移ろうとしてたころでしょうか。カードが欲しくて購入した友達のチップスだけをもらって食べていたりしましたね。家ででるおやつはせんべいやおかき系が多かった(たぶん母の趣味)ので、ここぞとばかりに食べていた記憶があります。まぁ、量的にはたいしたことないですけど。

いやーしかし、あれですね、やっぱりまだ不況は続いているんですね。

サッカー、大丈夫なんでしょうか。ウメは日韓ワールドカップの時も全く盛り上がらなかったクチなので、今年もたぶんフツーに情報として押さえておくくらいです。

毎週日曜は字幕付きで上映

東京の蒲田にある「テアトル蒲田」「蒲田宝塚」という映画館で、毎週日曜だけですが、上映する映画館に字幕や解説放送をつけるバリアフリー上映という取り組みが始まりました。NHKでも紹介されたようです。

最近では、日本語字幕付きの邦画も上映されるようになってきましたが、映画館が決まっていて日時も少なく、いつでもどの映画でも…というわけにはいきませんでした。

今回の取り組みは字幕を手元の携帯端末や、顔につけるスカウター(ドラゴンボールの)のような感じで字幕を表示することができるそうです。ループ席やボディソニックもあるようです。

その体感レポートを「いくお~る」のブログで紹介していますので、是非ご覧ください。この映画館はシネコンではなく、昔からある映画館といった雰囲気のところですが、こういう取り組みができるのはすばらしいことですね。

関東地方以外の方は行きにくいでしょうが、少しずつ同じ取り組みが広がるよう、というか、全ての映画館で同じ事ができるよう(そんなにお金をかけずにできるはずなんですけどね)運動を続けていかなければいけませんね。

モバイルFAX

専用の「020」から始まる番号にFAXを送信してもらい、携帯電話のメールで受信するというサービス「モバイルFAX」が昨日からドコモでもスタートし、3社でサービスを開始しました。

各社の公式コンテンツになっているので、メニューから検索すればでてくると思います。受信者は定額で315円(+メール受信のパケット代)を支払う、送信者は1回40円程度でFAXを送信、というもので、同様のサービスは「D-FAX」などでありましたね。

この会社では聴覚障害者への対応にも力を入れて、ホームページでも紹介されていますが、「聴覚障害者様」という書き方に若干の違和感を覚えるウメであります。

とにかく、理解のある会社ではありそうですので、もしサービスが要望にあっていれば取り入れていくのが良いかと思います。専用の番号ではなく、家の固定電話の番号に届いたものを携帯電話で見られれば一番良いですかね。その場合はFAX複合機などを導入すればできますが、なかなか難しい面もありますかね。

より使いやすいサービス、何か開発できないかなぁ…(そんな知識や技術はありませんけど)。

2010年5月25日 (火)

【手話339】すごい雨でした

寒い寒いと言っていたら、あっという間に梅雨に入りそうな勢いですね。ウメも大丈夫大丈夫→メタボにならないように注意します。あ、微妙に髪を切りました。
(4分46秒)

動画への直接リンクはこちら
http://www.youtube.com/watch?v=gGWnWOg33uE

W浅野

この前、兵庫の若い手話学習者で交流や情報交換も兼ねて飲んだ時の話。

「W浅野」

と言えば、かつてトレンディードラマに欠かせなかった女優の浅野ゆう子さんと浅野温子さんのこと。

そ、それが今どきのアラツー(20歳近辺)に伝わらなかったんです!

「何ですか?」「聞いたことはあるけど…」

こ、ここで世代間のギャップを感じるとは…。まぁ、言うても30歳ですから、しゃーないんですが、着々と昭和生まれは肩身が狭くなっていくんですね汗

「じゃあ、さしょうたえこ(漢字思い出せず)の刑事役の浅野温子とか知らないの?」って聞いたら、知らないって…。

あの長い髪をかきあげながらするタメの演技はたまらなかった(変な意味では決してありません)んですけどね。

時代は移り変わっていくものだ&自分も若い若いなんて油断ならん、とひしひしと感じたのでありました。

夕方の鉄人

夕方の鉄人
今日も鉄人28号は長田の街を守っています。ガォーッ。

自転車に乗ったおじいちゃんが絶妙なタイミングで見切れております。

薄暗い鉄人28号はいかがでしょうか?

googleパックマン

検索エンジンサイトのGoogleのロゴが一昨日までパックマンになっていたことに気づきましたか?しかも図柄だけではなく、ちゃんと遊べるようになっていたんです。十字キーかマウスだけで操作できるシンプルなもので、迷路上の「・」を全部パックするとゲームクリア、というもの。

ファミコンやアーケードゲームで一世を風靡しましたよね。ウメはその世代よりももう少し若いのですが、やってみたら意外と難しく、白熱してしまいました。こういうゲームがロゴ(FLASHを使っているんでしょうか)で遊べてしまうくらい進化したんですね。

今は普通のロゴに戻っているのですが、好評だったらしく、こちらのサイト(英語)ではまだ遊ぶことができます(Insert Coinのところをクリックすると始まります)。

暇つぶし…と思って始めたら意外とはまりますので、是非お試しください。

2010年5月24日 (月)

史上最高体重

姉さん!

た、大変です!

ウメの体重が史上最重に…。身長(センチ計算)から100引いた数に着々と近づいてしまっています!

しかも筋肉じゃなく、確実にお腹周りです!脂肪です!

ここで緊急対策を施さないと、ウメはメタボの道へまっしぐらです!

とりあえずジムに行くのはもったいないし手続きとか面倒なので、かつてお世話になったコアリズムで腰を振り、Wiifitもきちんとやらないといけないと思っております!

しかし、続かないのがウメのだめなところ。ここは一つブログで毎日報告とかしたほうがやる気がでるでしょうか…誰もウメの体重変化なんて見たくないですかね汗

ダイエット(運動)もブログも毎日コツコツ…ですね。

グリルチキン定食

グリルチキン定食
家の近くの洋食屋さんに初めて行ってきました。高速長田駅地下構内にある「キャベツ」という洋食屋さん。

前々から気にはなっていたのですが、とうとう侵入しました。昔ながらの洋食屋、という雰囲気が漂っておりました。

どれもおいしそうだったのですが、注文したのがグリルチキン定食。

特製ソースがかかっていて、おいしゅうございました。ボリュームもばっちり。

噂によるとご飯、キャベツ、スパゲティを大盛り(無料)にすると、大変なことになるらしいです。

チキンなウメは普通盛り。それでもしっかりお腹いっぱいになりましたよー。夏バテを防ぐにはしっかり食べるのが大事ですね(^-^)

2010年5月23日 (日)

主催者発表

最近の基地反対の報道などで、集会が行われた際の参加者の数を「主催者発表」と注釈をつけて流されることが多くなっています。

マスコミが集会の人数を計測するわけではないんですね。警察はだいたいの人数を数えているそうですが、発表はしないことになったため、数字を報道するときは「主催者発表」となるわけです。

最近のテレビなどのニュースを見ているとやけに強調されているんですよね。これは数が多いことを強調したいのか、そのウラを読め(メディアは責任を持たないぜ、ヘイ!)ということなのか、わかりませんが、なにやら複雑な意味を持っていそうです。

ネットで検索をすれば、その数字の正確性を調べているサイトもあったりで、なかなか物議を醸しそうですね。

ちなみにウメダスのカウンターは、同じ日に同じパソコンからアクセスしても2重カウントになるように設定をしています(数字が増えた方がウメも気分がいいからですw)が、実際にはその6割くらいの方が訪れているということになります。

もっとも、これもココログのアクセス解析の数字なので、ウメが調べたわけでもありませんが…。

数の多さを強調するのは良いとして、それが真実でないとしたら…さぁ、どう考えますか?

ラヂオ体操第4

ラジオ体操は第4まであった?

というわけではありません。どこかの企業が作ったジョークの映像だそうです。最初は普通のラジオ体操と同じですが、途中から中国雑伎団みたいなことになっています。

特に何かの宣伝が出てくるわけでもないのかと思いきや、最後に商品名か会社名らしき文字が大きく映されて終了。

何ごともなかったようにくねくね動くので、思わず笑ってしまいました。ウメは身体がかたいので到底できませんな、こりゃ。

あぁ、早く運動しないと大変なことに~メタボが刻々と迫っております。

雨のフットサル

大雨と強風の中、傘も差さずに(当たり前ですが)フットサルをしている若者軍団。

当然びしょ濡れでしたよ。

どうしてもフットサルしたかったんでしょうね。風邪を引かないだろうかと心配です。

そんなウメのほうが、雨の中を歩いているだけで風邪を引いてしまいそうです(^^;)

« 2010年5月16日 - 2010年5月22日 | トップページ | 2010年5月30日 - 2010年6月5日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: