2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« ボランティアツアー | トップページ | 幅が狭い »

2010年10月26日 (火)

手話通訳 すごいんだけど すごくない

この業界とは関係ない人に「仕事で手話通訳をしています」と言うと…

すごーい!

この業界の手話学習者(特に習いたての人)に「手話通訳をしています」と言うと…

すごーい!

この2つの「すごーい!」はきっと意味が違うんだと想像しますが、本日言いたいのはそこではありません。タイトルにもありますように

手話通訳 すごいんだけど すごくない

というよくわからないことを川柳崩れで言ってみたいのです。

仕事で手話通訳をしています(本当はそれだけじゃないんですが)と言ったときの反応に対しては「どの仕事もそれなりのスキルが必要ですし、手話通訳だけがすごい訳じゃないですよ」的なニュアンスを伝えます。学習者に言われたときには「ここまでハマると大変ですよ(笑)」というニュアンスを伝えます。

「手話通訳」そのものは、そりゃまーすごい技術だとは思いますが、たまたまウメがそれを身につけただけで、それがすごいとか偉いとかそういうつもりもないですし、だからといってじゃあ安くこき使って良いか、っていうとそういう安い技術でもない…。

ほぅら、言いたいことがわかりにくくなってきましたよね。

手話通訳ができるからって偉そうになる気は全くありませんし、「ろう者や手話のわからない人のためにやってあげてる」なんて毛頭思っていませんし、むしろ皆様のおかげで食べさせていただいております的な考えの方が近いかもしれません(実際にそんなに謙虚ではありませんが汗)。何でも自信と謙虚さを持たなければいけないとは思いますが、手話通訳ってそのバランスがとっても難しい職業だと思います。どちらかというと自信を持つことがあまり良しとはされない雰囲気の方が強いような気が(勝手に)していますが、通訳には自信はとっても大事だと思います(くれぐれも過信はしないように…)。

ちょっと話がそれますけどね、「手話通訳はタダでは食えない」ってことも良く思います。じゃあ利用者から金を取ろう!なんて考えるのはと早計でとんでもない話で、でもどっからかはお金をもらわなきゃいけない…ここんところが一般社会に「手話通訳」が浸透していない現代社会での悩みどころ。社会全体で負担…とは言うものの実際にはどうすれば良いか、行政頼みで良いのか、なんとか皆が納得するやり方で運営が成り立つ方法がないのか…ビジネス的な視点からも考えてみたり(そのままビジネスとしてするのはとっても難しいと思いますが)、こればっかりは行き詰まりますね。最近、(悪い意味ではなく)「お金を稼ぐ」にはどうしたらいいんだろう…って考えることが多くなりました。

それすぎたので元に戻して…手話通訳ができるようになるには、個人や環境での差はあるにせよ、それなりの時間と少しばかり(もしくは大量の)お金と勇気と努力と決断力(マーフィー岡田風)が必要です。明日から手話通訳するぞっ!ってできるもんじゃありませんし、手話ができるから通訳もしちゃえっっ!なんてものでもありません。結構大変なんです。この大変さをわかってもらいつつ、だからといって必要以上にあがめていただたくこともなく、お互いを尊重しながら両輪でやっていければそれで良し!と思います。

同じ活動をするもの同士で、「ろう者のことは何があっても聞かなきゃ」「通訳者にはお世話になっているから…」「自分はまだ経験が少ないから…」なんてこと、当事者同士て思っていませんか?人間関係やらそれぞれの地域の事情は多少はあるにせよ、もっと腹を割って言い合えてこその両輪だと思います。お互い生活かかってるからこそ、真剣にやりあいましょうや。「おかしい」と思ったことが言える関係こそが、より活動を盛り上げていける関係だと思います。

さて、そろそろまとめないと長すぎる…。

明日から手話通訳するぞっ!はできませんが、「明日から(も)手話するぞっ!」なら誰でもできます。より多くの人にこんな気持ちになってもらえるよう、手話に関わる者としてできることは何かなぁ~と考えている毎日です。そこから通訳の卵を見つけて、あたためすぎないようにあたためて…そのころにはウメも「若手」じゃなくなっていたいですね。もうすでに若くはないですが…。31歳になってからなんだか急に老け込んだような妄想をし始めているウメでした。

« ボランティアツアー | トップページ | 幅が狭い »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

そう言っていただけると助かります。ウメの場合、はっきり書くとすごくトゲが出るみたいで、ブログではそのあたりを気にしてこんな書き方になっています。
気持ちが下降線だったとのこと、活動をしていればいろんな人がいますよね。ホントに。それも全部ひっくるめて楽しんじゃいましょう!って簡単にはいきませんけど(^_^;)

 いつもたのしみに読ませてもらってます。
今回のお話、うめさんは言いたいことわからなくなってきた・・・なんて書いていらっしゃいますけど 私にはとてもわかることばかり!!書いてくださってありがとうございます。
先日 「同じ活動するもの同士」と思っていたのにそう思われていなかったという出来事に直面し 気持ちが下降線でした。うめさんのブログ読んで持ち直せそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボランティアツアー | トップページ | 幅が狭い »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: