2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 来月が怖い | トップページ | ボウリング交流会 »

2010年8月27日 (金)

カタコトの日本語

スポーツコーナーでは、プロ野球で(ウメが嫌いな)巨人が(ウメの好きな)中日にボロ勝ちする試合の結果もありました。

それ自体イヤ~な気持ちになってしまったのですが、それはただウメがどのチームを好きでどのチームが嫌いなのかという嗜好の問題になってしまうので、それは出さないで中立で…と思ったのですが、巨人にホームランをポンポン打たれる様子を聞きながら、「もぉ~」と思いながら通訳をしておりました。

最後にラミレス選手のヒーローインタビューで、カタコト(よりもちょっと流ちょうな)の日本語で「キョウデハチネンレンゾク100ダテンヲトレマシタ。トテモウレシイデス!ミナサンアリガトウゴザイマシタ!」と答えているのを…

はて、このカタコト感はどうやって手話に翻訳すれば良いのだろうか…と思いました。ただ日本語の意味を伝えるなら、普段通りで良いのでしょうが、外国人選手が一生懸命勉強した日本語で思いを伝えている要素をどこかに加えたい気がします。

が、どうやっていいかわかるわけでもなく、なんとなく明るめ?に表現して終了。

余計なことを考えずに普段通りで良かったんでしょうかね。でも同じことを日本人選手が言うのとはニュアンスが違いますし…う~ん。

« 来月が怖い | トップページ | ボウリング交流会 »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

そうですね。そのつたなさ感をどうやってだすか。通訳的には言語情報はきっちり伝えなければなりませんから、バランスが難しいですよね。

あ、わかるような気がします。今留学中で、留学生で集まっている英語のクラスを受けたとき、つたない英語をアメリカ手話に通訳してもらったときは流暢に見えても、実際に話してる人はアクセントが違ってたりとかあるみたいです。逆に自分が拙いアメリカ手話を流暢な英語に読み取り通訳してもらうときも、なんだかな~って感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来月が怖い | トップページ | ボウリング交流会 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: