2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« リアルヘルメット | トップページ | わかっていてもやめられない »

2010年7月28日 (水)

一呼吸おいて通訳しよう

最近、とっさに人の名前が出てこなくなるなど、短期記憶力の低下を感じるウメでございます。

さて、手話通訳の場面においても重要な短期記憶力。聞いた&見たことを翻訳して表出するまでには記憶、という課程がどうしても必要ですよね。頭では意識していないかもしれませんが、短期記憶がないと通訳なんてできません。

その話からそれるのですが、ウメはどちらかというと聞いた&見たものを”すぐ”表出してしまうタイプの通訳者です。それは前出の短期記憶力に自信がないこともそうなのですが、「情報を漏らさずに通訳をしないと…」という切迫感?から来ていると自分で分析しています。

本来であれば、聞いた&見たものをすぐ表出せず(短時間ではありますが)きちんと翻訳をしてある程度のまとまりで表出した方がきっと見やすい&聞きやすい通訳になるかと思うのです。ウメはそのあたりがなかなかうまくいきません。

そんなウメは表出する前に一呼吸(一呼吸というとちょっと長いかもしれません。ワンテンポかな)おいてからにすることを心がけなきゃなぁ、と思うのです。最近はテレビ(目で聴くテレビのリアルタイム通訳)の通訳をする機会が多くて、あれはどうしても追いつくためには一呼吸している暇もなかなかないのですが、それ以外の場合はもう少し表出のスピードを落とす、文脈を(今以上に)まとめる作業が必要なのではないかと考えています。

基本的にせっかちな方なんですよウメは。子どもの頃、新幹線に乗ったときに終点の東京駅につく20分くらい前から「降りる準備するーーー!!!」ってわめいていたくらいですから。まぁ、歳を重ねて少しはマシ…になってきたかとは思いますが(^_^;)

« リアルヘルメット | トップページ | わかっていてもやめられない »

通訳あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リアルヘルメット | トップページ | わかっていてもやめられない »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: