2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 母語と第一言語をウメ的に考える その2 | トップページ | 【手話336】島根に行きます »

2010年5月10日 (月)

母語と第一言語をウメ的に考える その3

ある人の母語について、どういう家庭に生まれて、どういう教育方法を受けたかは関係なく、大人になった時に自分が「第一言語」と感じるものが一つでもあれば、その中身にこだわる必要はないと思うんです(もちろん、他に使っている人がいないものだと生活するのに不便ですが、だからといって否定されるべきではありません)。手話だったら、いわゆる日本手話であろうが日本語対応手話であろうが中間手話であろうが、なんだって尊重されるべきだと思います。

あなたの母語は○○です。○○の母語は○○です。

と、他人が決める意味は無いと思うんです。「○○の母語は○○が多いです」なら当てはまるパターンもたくさんあるでしょうけどね。それが全てではないことを常に頭に入れておかなければいけないと思います。

最後に手話通訳の話。

聞こえない人と聞こえる人をつなぐ手話通訳は、できるだけたくさんの聞こえない人の母語に対応できるべきだと思っています。理想を言えば全て…ただ、手話を学んできた経過もあると思いますし、第二言語(第三?第四?)言語を学ぶのは相当大変ですから、全部できないのはしょうがないことですし、それで責められることもないと思います。完璧を求められちゃったらそれこそ大変。もちろん、できるように努力しなきゃいけないですけどね。

そこのあたりが、聞こえない人と手話通訳者と(手話を知らない)聞こえる人が上手く歩み寄れたらなぁ…(悪い言い方をすると妥協できれば)と思います。誰かの主張だけ通しても意味がないんですよね。手話通訳者って大変なんだなぁと改めて思いました。だからこそやりがいがあるんですね(^^)/

さぁ、これから何ができるでしょうか。

« 母語と第一言語をウメ的に考える その2 | トップページ | 【手話336】島根に行きます »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

母語=第一言語とは限らないんですよね。日本人だったら多くの場合は日本語になるので、そうじゃないケースがなかなかわかってもらえない、というのはあると思います。

母語よりも第一言語の方が楽だと思う。

もちろん純日本人(ハーフでもコーダでもない人)は、母語も日本語も同じだと思うけど
でも例外として、アメリカンスクールで育った日本人は、母語が日本語でも、
第一言語は英語になる人もいるしね。
まあ日本語の方が楽で、英語は第二言語の人もいるだろうけど。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母語と第一言語をウメ的に考える その2 | トップページ | 【手話336】島根に行きます »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: