2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 母語と第一言語をウメ的に考える その1 | トップページ | 母語と第一言語をウメ的に考える その3 »

2010年5月10日 (月)

母語と第一言語をウメ的に考える その2

聞こえない子どもが最初に両親から日本語を学んでも、教育の段階で手話を教えて使えば、大人になったときに自分の言いたいことが自然に言える言語を手話にすることができますよね、きっと(方法論はここでは省きます)。親が「子どもが手話を自然に習得する」環境に子どもを入れてやれれば、子どもは手話を覚えることができます。最終的に大人になった時に自然に使えれば良いのですから。

ただし、最初に日本語を習得させたい、という親の気持ちも否定できません。最初に(音声を含むかどうかもいろいろ)日本語を習得させて、手話は学校に入ってから、という人も大勢いますし、それはそれで良いと思います(子どもに手話をさせない!というのも否定はできません。子どもが将来的にも納得できるのであれば、それはアリだと思います)。

親の話になってしまいました。…つまり言いたいのは、

ある人の母語はその人自身には決められないし周りが決める権利もない
→決められるのはやっぱり親?

以前に自然にコミュニケーションができるウンヌンカンヌン…、と書きましたが、聞こえる聞こえないにかかわらずその人がもっとも自然に、得意に話ができる言語(方法)を尊重したい気持ちを持っています。それが聞こえない人の場合は手話であることが多いわけですから、手話通訳をしているウメはそれを勉強し続けていく、ということになりますね。そうやってできるだけ多くの種類(「種類」という言葉が適切かどうかは謎)の手話に対応していきたいと言うことです。

また話がそれてしまいました。

(続く。次で終わりです)

« 母語と第一言語をウメ的に考える その1 | トップページ | 母語と第一言語をウメ的に考える その3 »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母語と第一言語をウメ的に考える その1 | トップページ | 母語と第一言語をウメ的に考える その3 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: