2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 手話でケンカ | トップページ | 電車で弁当を食べる小学生 »

2010年5月30日 (日)

裁判員制度に係る手話単語辞書

日立製作所がシュアアニメーションを収録したパソコン用ソフト「裁判員制度に係る手話単語辞書」を発表しました。

Hitachi1

Windowsに対応するパソコンソフトで、上記の画面のように3Dアニメーションでいろんな方向から見られるそうです。 「故意」「無罪」「情状酌量」など、裁判員制度で使用頻度が高いと想定される520語を収録してあるそうで、そこそこ単語数は多いですね。

ダウンロードは無料で、日立製作所のサイトから行えます。

でも結構パソコンの能力が高いものじゃないと(デュアルコアCPUなど)スムーズに動かせないみたいなのでご注意くださいませ。

思うに手話のアニメーションとか3Dとかって、音声で言うところの合成音声ですよね。それをいかにして人間がやったときのスムーズさと同じにしていくか…合成音声なら、駅の自動放送のように、ある程度単語レベルで録音してスムーズにつなげることができるかと思いますが、それも文章が限られてきますし、本当の合成音声はまだまだ聞けるレベルじゃないですしね。

さぁ、手話はどうでしょうか。

« 手話でケンカ | トップページ | 電車で弁当を食べる小学生 »

手話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手話でケンカ | トップページ | 電車で弁当を食べる小学生 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: