2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« なぜ通訳者に向かって話すのか? | トップページ | サザエさんに少女漫画 »

2010年2月 9日 (火)

お決まりの安全確認

ただいまJRの新快速に乗って大阪に向かっております。

が、「前を走る電車が通常と異なる運転をしたため、安全確認をおこなっております」とのことで、途中駅の手前で10分ばかし止まってしまいました。

通常と異なる運転って何でしょう?その間に3本の電車に抜かれましたよ。

JR西日本のアーバンネットワークでは、安全確保のためにどこかで立ち入りなどの危険を察知すると、広範囲に停止信号を出す仕組みになっているそう。

それはよろしいのですが、高速ですっ飛ばす電車がひっきりなしに往復するJR京都線・神戸線では、しょっちゅう遅れがでるんですよ。

乗り入れ範囲も広いので、一度遅れると正常に戻るまでも長いですし、それよりも何よりも頻繁に遅れている印象です。

今回は10分の遅れで済みそうなので、リアルタイム通訳には間に合いますが、もうちょっと遅くでていたら…パーでございますね。パー。

安全が第一。間違いないっ。

が、なんとか工夫できないものかと思います。併走する阪急や阪神はそんなに遅れることはないのですから…。

« なぜ通訳者に向かって話すのか? | トップページ | サザエさんに少女漫画 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜ通訳者に向かって話すのか? | トップページ | サザエさんに少女漫画 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: