2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 献血したことありますか? | トップページ | 手作りチーズカリー »

2010年1月12日 (火)

日本も「医学」から「社会」へ?

政府は、「障害者」の定義について抜本的に見直し、いわゆる「医学モデル」から「社会モデル」への転換を図っているそうです。今日開かれる「障がい者制度改革推進本部」で議論を開始とのこと。

今の日本の障害者の定義は「身体障害、知的障害、精神障害があるため、日常生活または社会生活に制限を受ける者」となっています。それを「社会参加に支援やサービスが必要な人」と考え方を元に、定義を変えるそう。

国がこのような考え方を発表したのは画期的ですが、実際はどうなるか…。医学モデルが完全になくなるとは思えないですし、当事者にとってどのような施策が良いのか、今一度考えていかなければいけないなと思うのです。

政権が変わって、障害者と取り巻く環境もとにかく動き出しました。さぁ、どう動かすかこれからが大事だと思います。

« 献血したことありますか? | トップページ | 手作りチーズカリー »

聴覚障害について」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 献血したことありますか? | トップページ | 手作りチーズカリー »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: