2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2009年10月4日 - 2009年10月10日 | トップページ | 2009年10月18日 - 2009年10月24日 »

2009年10月11日 - 2009年10月17日

2009年10月17日 (土)

500系のぞみ引退

top

JR西日本は、東京~博多間で運行している500系のぞみ号を来年2月で運転を取りやめると発表しました。これまでもこだま号に転用され、細々と運行されていましたが、あと4ヶ月ということになってしまいました。

新型車両のN700系投入以来、肩身がずいぶん狭くなってしまった500系ですが、時速300キロ走行や全面の未来的デザインで人気を集めました。しかし、車内が狭い、座席配置が他の車両と違う、車両価格が高い、など問題もあり、のぞみ号の運用から外れていっていました。

今回全ての編成がこだま号に転用されることになりました。加速性能が良いのでこだま号のスピードアップにはなりますが、なんだかあっという間に本来の役割を終えてしまったような気がします。JR西日本の山陽新幹線には700系を改良した「ひかりレールスター号」も走っており、顧客満足の向上を考えれば仕方がないのかもしれません。

そんなJR西日本ですが、JR福知山線脱線事故の事情聴取の前に口裏合わせをしていたことが発覚。なんだかダメダメです。資料を漏洩させたり、調査委員会に口利きを頼んだり…起こしてしまった事故に対して真摯に取り組む姿勢が感じられないですね。

速さも大事ですが、やはり一番大事なのは安全です。私たちの足として無くてはならないものなので、そこのところを改めて考え直して欲しいところです。でも大多数の社員さんはまじめにやっていると思いますので、トップの姿勢が改めて問われるところだなぁと思います。

固定費を把握

電化製品やパソコン関連商品ばっかり買ってお金なんか貯まってない印象のあるウメですが、これでも人並み!?の貯金をしています。一人暮らしなのでそんなにたいそうな金額ではないのですが、何かあってもすぐに路頭に迷うことはないくらいです。

基本的に家計簿などは付けていないのですが、心がけているのは「月々出て行く固定額をしっかり把握する」ということです。家賃をはじめ、電気、電話、携帯、プロバイダーなど…何にいくらかかっているのか、また変動があるものはいくら変わったのかをちゃんと明細などで確認しています。

だからといって節約をするというわけではないのですが、どれだけ支出しているのか理解するのは大事ですよね。あとは財布の中にいくら入っているかはだいたいつかんでおきます。ウメは結構多めに入れていたりするのですが、だからといって無尽蔵に使うわけではなく、いざ、という時のための安心感でしょうか。

今度のマンションは光ファイバーがなんと無料!今までは3,500円かかっていたので、これだけ固定費が安くなりました。あとカーシェアリングを解約(神戸には車のステーションがないため)し、合計4,500円の固定支出を減らしました。

その分を家電に…いやいや(^_^;)貯金に少しでも回そうって魂胆なわけでございますね。何にも考えていないようで、実はそこそこまじめにやってるんですよ~。

今年もお世話になりました

今年もお世話になりました
ガリガリ君シリーズ。今年の夏も彼らに大変お世話になりました〜。

ソーダ、コーラ、グレープフルーツ、南国パインが写っていますが、あとアレキサンドリア(ぶどう味)があって、みんなでウメを満足させてくれました。

おかげさまで、やっぱり太ったような気がします。当たり前ですけどね。

しばらくはお世話になることも少なくなるかと思いますが、またよろしくお願いいたしますm(_ _)m

2009年10月16日 (金)

半袖半パン

10月も半ばを過ぎ、秋本番っていう季節になってきましたね。

秋はウメが生まれた季節でもあり、好きな季節なのですが、迫り来る冬の寒さに怯える時期でもあります。

服装も長袖の人やジャケットをはおっている人が多くなりましたね。ウメもそんなかっこうです。

そんな中、半袖1枚とかで街を歩いている人を見かけると「強えぇー」と思います。だいたいがっちりした男性が多いですかね。

さらに半袖半パンで街中を歩く強者をたまに見かけます。京都市内に多いのですが…。

そう、外国人観光客。しかも欧米の方が多いですかね。半袖半パンにリュックを背負って、寒そうな素振りも見せず、バリバリ観光されています。

見るだけで「寒っ」って思うのですが、同じ格好をしている人をまぁ見かけますので、彼らにとっては普通なのかもしれませんね。

観光だから開放したい気分→薄着…違うか。

またしても電池が…

最近、ウメが使っている携帯電話の電池の減りが、またしても異常に早くなりました。朝充電器から外して、お昼にはもう電池が5目盛り中3目盛りになってしまっているのです(メールを数回しただけ)。

電池は先月に買い替えたばかりで、当初は順調に使っていたので問題は無いかと思ったのですが、明らかに減り具合が早いので、携帯電話の電源を再起動するなど、いろいろ対策を講じてみました。

結果、FOMAカードと携帯端末の接触が悪かったようで、端子の部分をフキフキして、電池パックを付け直したら正常に戻りました。今日は夕方6時を過ぎても電池残量は5目盛り分残っています。

携帯電話の機能があがり、たくさんのことができるのは良いのですが、電池も進化させて、使いっぱなしでも3日くらい電池が切れない携帯電話がほしいですね。その場合は今の「リチウムイオン」もしくは「リチウムポリマー」電池ではなく、新しい技術を開発する必要があるのでしょうけど。

でも電車内で大声でしゃべっているヤツの携帯電話の電池なんかすぐ切れてしまえばいいのに!と思うウメなのでした。

ところで、1年くらい同じ携帯を使ってらっしゃる方は、一度電池の所をあけてみて、電池パックが膨らんでいないかどうか確認した方が良いですよ。電池だけを取り出して横に置いて回してみるんです。良く回ったら膨らんでいる証拠。

多少は膨らむのはしょうがないらしいのですが、あまりにもメタボな場合は、電池を買い替えましょう~。

ハブ空港のハブ

関西空港や羽田空港の「ハブ空港化」が話題となっています。「ハブ空港」というのは、各地への航空路線が集中し、乗り換えなどがしやすくなっている拠点となる空港のことで、日本にはこれ!という空港がありませんでした。

もともと「ハブ空港」に!として建設された関西空港も、利用率が今ひとつらしいですし、東京は羽田は国内線、成田が国際線と分かれているので、今ひとつ「ハブ」って感じがしません。

ところで、この「ハブ」というのはどういう意味か、Wikipediaで調べてみました。

航空路線網を自転車などの車輪に例えると、車輪の輻(や/スポーク)部分が「航空路」、軸(じく/ハブ)部分が「空港」にあたることからこの名称がついた。

ほうほう、車輪に例えられているのですね。

ウメはてっきりパソコンの「ハブ」(LAN配線を分岐する機械)に例えられているのかと思っていました。役割も似たような感じなので、誤解をしていました。

今、日本航空の債権問題でたいへんなことになっていますが、そもそもこの狭い日本にこれほどまでに空港が必要だったのか…地元の事情があるにせよ、ちょっと作りすぎたのではないか…という気がします。

空港そのものより、空港まで(から)のアクセスを便利にしたほうが、恩恵をうける人は多いんじゃないでしょうかねぇ。京都もその1つで、一番近い伊丹空港まで1時間かかります。それなら新幹線に乗っちゃった方が早かったりすることが多いんです。

うーん。ウメが飛行機嫌いだからこう思うのかもしれませんが。

もちろん、離島など、必要な空港は絶対にあると思います。

2009年10月15日 (木)

カンテーレ

カンテーレ
大阪は扇町にあります関西テレビの社屋です。結構ハデな造りをしています。

関西テレビのキャラクターは、手書きの卵に赤いくちばしをつけた「カンテーレ」(キャッチフレーズでキャラクターの名前とは違うかもしれませんが)というもの。

あんまりかわいくはないです。

2009年10月14日 (水)

ISO感度10万ですって

01_px250

ニコンから超高級一眼レフカメラシリーズの新モデル「D3S」が発表されました。フルサイズ(撮影素子が銀塩カメラと同じ)のタイプでプロからも熱い支持を受けているモデルだそうな。見かけは不格好に見えてしまいますが…。

今回のモデルの特徴は、画素数アップを見送ったかわりに、高感度撮影機能を大幅にアップしたとのこと。常用(普通に設定できる)のISO感度は200~12800。ちょっとデジカメに詳しい方ならおわかりだと思いますが、普通ISO400くらいまでが使えるモードで、それ以上になるとノイズが入ってしまう…というのが一般的ですが、(どのくらい使える画質なのかはわからないにしても)12800まで設定できるこのすごさ。

さらに感度拡張時は最高ISO102400の超高感度撮影ができ、月明かりでも十分なくらいだそうです。ISO10万っていきなり一桁超えちゃいましたよ。はぁー実際にその感度で取ってみたいですよね。

ちなみに市販価格は60万円ほど。ヘタな車が一台買えてしまう金額ですが、それでも「欲しい!」という人は結構いるんでしょうね~。ウメは…手を出しません。今のG1君でも使いこなせていないんだから。

引っ越し前は…

引っ越し前は…
というわけで、「お、ねだん以上」のニトリです。写真は京都南インター店、比較的新しいお店です。

今回は家具をもろもろニトリで買いましたが、なかなかよろしい感じでした。そりゃね、高級家具に比べたらたいしたことないんでしょうけど、ウメにしたら十分です。

この時は引っ越しの数週間前だったので、まさに「目の毒」状態でした。あれもこれも…って感じ。

実際には店舗で何も買っていないのですが、その後の通販購入に大きな影響を与えましたね。実際5万円位つぎ込んでいるわけですから。

5万円、でも安く済ませられたなぁーと思います。ホントはIDC大塚家具とかチャレンジしてみたかったのですが、ケタが違いました(^^;)

もじもじTV

YouTubeなど、インターネットには様々な動画がアップされています。テレビなどの著作権的にアレなものから、個人が撮影したおもしろ動画、子どもやペットを撮影したものまで、本当に様々です。最近では企業や政党などが公式チャンネルを作って動画をアップしたりしていますよね。

そんな動画ですが、全てに字幕が付くなどして視覚的情報が備わってりゃーいいんですが、どっこいそうはいきません。字幕を付けることは大事ですが、いざ作業するとなると、手順が多くて作業的にはめんどうなものです(ウメダスの手話動画に字幕がないのも、処理が大変というのも1つの理由です)。

そのインターネット上の動画の音声を自動で認識して、文字(当初「音声」と書いていました。失礼しました)に変換してくれる「もじもじTV」というサービスが始まったそうです。

仕組みとしては…

もじもじTVは「動画内音声認識エンジン」を搭載しています。動画内で話されている言葉が、高性能音声認識エンジンによって、自動でテキスト化されています。もじもじTVの音声認識エンジンは、従来の方法では対応できなかった新しい言葉や話題の人物の自動認識も可能になりました。従来は手作業で音声認識辞書への登録が必要でしたが、新語とその前後のつながりを自動学習することで、動画の音声も認識が可能になりました。音声認識によりテキスト化された情報は、WikiPediaのように修正をすることが可能です。修正を行っていくことで、認識の精度が上がっていきます。(公式サイトから引用)

ということで、自動でテキスト化=字幕ができる…っていうことでございましょうか。もしこの精度が十分なものであれば、ろう者にとってはすごく良いサービスですよね。話している内容が文字ですぐ出てくるんですから。

現在は試験サービスということで、登録の申請が必要とのこと。音声ファイルもアップロードできるとのことで、文字起こしにも使えたりするんでしょうか。

さっそくウメは申請してみましたので、また使い心地をお知らせしたいと思います。

「しゅわしゅわTV」は当分無理そうですね。

2009年10月13日 (火)

変化した車内広告

一昔前まではサラ金こと消費者金融ばかりだった電車の車内広告。

今では消費者金融のグレーゾーン金利などの過払い請求や債務整理を手がける法務事務所にすっかり変わりました。

なんか面白いくらいの変化ですよね。

それだけ消費者金融を使っていた人が多く、グレーゾーン金利でお金を借りていた人が多かった、ということでしょうか。

弁護士事務所ならともかく、司法書士事務所にとってはこの仕事はウマいらしくて、バンバン宣伝しています。

司法書士で「手話できます」とか宣伝したら良いと思うんですけど、今のところ見たことはありません。こういう話は(守秘義務があっても)通訳を通したくない、という気持ちもあるでしょうし。

消費者金融も返還請求に備えて特別予算を組んだり、CMも「手軽にキャッシング」から「ご利用は計画的に」ばかりに変わっちゃいました。

電力会社が「電気を大切にね」「省エネ」ってのは、まぁ環境問題も関わりますしわかりますが、お金を貸して儲けるところが「計画的に」って不思議ですよね。

過払い請求ブーム、いつまで続きますかねぇ。あんまり続いてはいけないブームなような気がしますが。

ただ、ウメは幸いにもどちらの世話にもならずに済んでいますが、不況の影響、また、どうしようもない理由で利用する人もいるのだろうなぁ、と複雑な心境です。

初めてのソファー

初めてのソファー
一人暮らし歴…8年以上になりますが、初めてソファーなるものを買いました。

実家にはある(けど古い)のですが、自分の部屋にソファーを置くのは初めてです。これもニトリで購入、お値段19800円でございます。

素材はお手入れしやすい合皮、色は汚れが目立たない黒にしました。この写真を撮ったときにはありませんでしたが、今は背もたれのところに紫色の布をカバーとしてかけています。

クッションもセットでついてきて、背もたれと肘おきを倒すとベッドになるます。まぁ、毎日これで寝るわけではありませんが、何かの時に便利かな、と。

どちらかと言えばソファーを優先したソファーベッドというわけですな。

これを置いて、折りたたみベッドを折りたたまなくても十分なスペースがある今度のお部屋。何ということでしょう!

おねだんひかえめ

京都市営地下鉄の四条駅改札内の柱に、こんなキャッチコピーが貼ってありました。

「おねだん、ひかえめ。おかわりも、えんりょなく。」

地下鉄の運賃は全然お値段控えめじゃない!初乗りは210円で全国一高い地下鉄なんだぞーおかわりなんてできるかー。

と、心の中で叫んでいながら横を通ったら、柱の裏側に…

「京都市水道局」

水かいっ!

日本は安全と水はタダ…いやいやそんな時代じゃない、と言われるようになりましたが、そりゃーお値段は控えめですね。

エスター

昨日、友人と映画「エスター」を見に行ってきました。サスペンスホラーだからそんなに怖くないとそそのかされ、まぁ、グロくないのなら…ということで見たわけです。

上映映画館がそんなに多くなく、それほど売り出し!という訳ではない感じの映画です。そりゃーホラーですから、万人に受け入れられるモノではないでしょう。しかも冒頭から血みどろの場面がでてきちゃったりしますし。

しかしですね、ウメダスをご覧いただいている皆さんには見ていただきたい。

Orphan

この「エスター」という少女がそりゃーもう恐ろしいのですが、それよりもなによりも、兄弟役(妹のマックス)にろう者がいるんです。しかも結構鍵を握る人物です。

演じているのはアリアーナ・エンジニアというカナダの子役で、この映画がデビュー作。そして彼女はろう者です。映画のはじめの方で「○○聾学校」と出てきたので、友人と思わず顔を向かい合わせてしまいました。さわりだけかと思ったら、結構手話を使う場面がたくさん出てきて、音声の台詞はないものの、きちんと存在感を見せていました。手話はきっと、ASLだと思います。

両親と手話で話す場面や、表情でコミュニケーションするところとか、さすが本物のろう者!(って当たり前ですが)って感じです。もう一人兄弟がいるのですが、手話がわからない設定になっているあたりが本物っぽい(笑)

んでもって、話は戻るのですが、このエスターさんの表情が怖いんですわ。今の写真の表情もたいがい怖いのですが、なんというか、現実的に怖いんですよね。幽霊とかそういうのじゃなくて、現実社会で見かけそうな表情というか…。

たまたま見た映画なので、ろう者が出てくるなんて思っていませんでしたが、そのおかげもあって楽しめました。でもやっぱりホラーはダメですねぇ、恐ろしい…。

でもウメが見られたくらいですので、たいがいの方は大丈夫だと思います。でもR-15指定なので、お子様はご遠慮くださいませ。

2009年10月12日 (月)

嵯峨野でがんばる湘南カラー

嵯峨野でがんばる湘南カラー
湘南カラーこと、緑にオレンジのラインが印象深い113系。

(湘南がある)関東地方ではすっかり運行が終わってしまったようですが、関西では嵯峨野線などでがんばってます。

撮影したのはJR京都駅嵯峨野線ホーム。普通電車園部行きです。この湘南カラー113系だけで6両つないでいました。

嵯峨野線では、車両の置き換えがだいぶ進み、改良113系(クリーム色)や、221系、223系など新しい車両が増えていますが、彼もまだ現役。

加速も遅いですし、けっこう揺れますし、車齢もだいぶ経ち、古くささは目立つようになりましたが、たまに出会うなら良い車両ですね。1編成くらいは残してもらいたいものです。

でも京都の町並みを走るにはあんまり合わないかもしれませんね。

徹子の部屋の通訳って

今日みたいに祝日だったり、有休や代休で平日の昼間に家にいるときは、テレビ朝日の「徹子の部屋」を見ることが多いです。いつも黒柳さんのパワーには驚かされます。ちなみに今も見ているのですが、今日のゲストはつるの剛士さんです。

「徹子の部屋」だけあって、ゲストよりもホストの黒柳徹子さんの方が本当によくしゃべりますし、それがこの番組の味言っても良いですよね。いつもテーブルにはそのゲストの資料がたくさんあって、よく勉強されているのが見て取れます。一度でいいから出てみたい番組ですよね。もう何十年と続いている番組ですし、スタイルは変わらなくても人気を博しているのはひとえに黒柳徹子さんの魅力です。

この番組も字幕放送がついていますが、黒柳さんの早口に字幕がパッパと変わります。おそらく事前に収録しているのでしょうが、作る方は大変なんでしょうね。

で、これを手話通訳しようとしたか、とっても大変だなぁと思います。黒柳さんの味を出すか出さないかはともかく、この速さについていけるかどうか、さらに生放送ではないので話がまとめられているので本当に大変だと思いますし、逆に考えたら良い学習材料だなぁと思ったりもします。毎日やってますしね。

40分の番組ですが、あっという間に進んでいくので、おそらく2人交代で通訳をすると1回ずつ、でもどっと疲れそうな感じ(笑)ワイプを2つ作って黒柳さん専用とゲスト専用で分けて手話通訳を表示したら良いかもしれませんね。でもそうしたら黒柳さん担当がものすごく大変か…。

TSUTAYAの住所変更はめんどくさい

レンタルビデオチェーンのTSUTAYA、ウメもたまぁーにお世話になっているのですが、引越にともなってこのカードも住所変更の手続きをしようと思ってネットで調べてたら、ネット上からは出来ず、用紙をダウンロードして簡易書留の郵便を出すという手続き…あぁ、やる気ない。

ホームページでも、「お近くの店舗に身分証とカードを持って行っていただきますと出来ます」と書いてあったので、早速新居の近くのTSUTAYAに行って、「住所変更したいんですけど」と申し出たら、「更新じゃない場合は必要ありません」とさらっとかわされました。

どうも店員さんとしても面倒くさいようで、更新ついでにしかしないようです。まぁ、前の住所のカードのままでもレンタルに問題はないとのことなので、次の更新の時でいいんですけど、そういう手続き関係っていっぺんに済ませたいじゃないですか。なんか待たされる感じでございます。

他のものの住所変更はほとんど終わらせたんですけど…あ、クロネコヤマトもやっておこうと思ったら「会員登録」が必要らしくてめんどくさくてしてません…メール便が届かないですね(^_^;)

2009年10月11日 (日)

飲み水

飲み水
京都に引っ越してきてから3年半、ずっと気になっていた件についてやっと記事にすることができました。

「飲み水が必要な方は駅務室までお越しください」

と、貼ってあります。しかも2つ。この「飲み水」っていうのは、きっとお薬かなんかを飲むためのものなんでしょうかね。

あ、これは地下鉄烏丸線京都駅の、たぶん、駅長室(そこをうろ覚え(^^;))なのですが、かつてここに「水をくださいー」という人が多かったのでしょうか。

ここは人通りが多い通路に面しているので撮影は若干恥ずかしいのですが、足かけ3年半、やっと念願かないました(^-^)/~~

ちなみに最近、ここから10mのところに「京都の名水」という水専用の自動販売機(110円なーりー)が置かれましたとさ。

LUXキャンペーン

阪急梅田駅で、シャンプー「LUX」のキャンペーンをやってます。

髪のダメージチェックをしているらしくて、お試しいただいた方にはサンプルをもらえるそうです。

ちなみにウメが今使っているのも何を隠そうLUXです。チェックしてもらって…

「痛んでますねー」

って言われたらウケます(笑)

« 2009年10月4日 - 2009年10月10日 | トップページ | 2009年10月18日 - 2009年10月24日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: