2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

2009年3月22日 - 2009年3月28日

2009年3月28日 (土)

クソガキ

今マルーンに乗り込んだのですが、サッカーのジャージらしい服を来たガキ5人が駆け込んできました。

一人が出遅れたらしく、残りがドアを押さえて待っています。

発車時間には間に合いましたが、そのあと一目散に座席に向かい、立ったり座ったり他の客に迷惑をかけたり…。

2駅分にらんでやりました。梅田まで乗るんだったら注意してやったのに…。

ピンポイント選挙

明日は京都市下京区の市議会議員補欠選挙です。

選挙と言えば街角での演説ですが、候補者の皆さん、張り切っているのはいいのですが、演説がうるさいんですわ。

下京区と言えば、京都市でも一番小さい区で、京都駅北側から四条あたりまでと、広くはありません。
商業施設はたくさんあるものの、人口は7万人強と、それほど多くない地域です。

さらに、選挙と言えば住民が対象ですよね。票の基礎となる家族連れが住んでいるのが、京都駅や四条の繁華街から適度に離れている、ウメが住んでいる五条あたりに比較的集中しているのです。

てなわけで、演説も集中する傾向がありまして、回数が多いんですわ。
候補者も4人出ているみたいで、定数は1なもんだからみんな必死。

幸いウメの家は大通りから一筋離れていますし、防音はしっかりしている方なのですが、それでもこのピンポイントぶりに呆れます。

2009年3月27日 (金)

脱力…

今週もいろいろとあった一週間でございました。いや、29日までいろいろとあるのですが、それはともかく、月曜日から金曜日までを乗り越え、無事終了いたしました。

火曜日はお休みをいただいたはずなのに、なんだか精魂を尽き果てたのはどないなのでしょうか…体力・気力の衰え…きゃー。

というわけで、さっきまでホットカーペットの上でうたた寝をして少し体力は回復したウメなのでした。眠い…。

実家から赤い救援物資

実家から赤い救援物資
今年もやって来ました。赤い彗星。トマトー!

毎年気になっているのが「霞ヶ関トマト研究会」という会。

研究しちゃうんですねー。

トマトはおいしくいただいてますー。

2009年3月26日 (木)

ちょっとそれは…

芸能界の格差婚とも称された、藤原紀香と陣内智則が離婚しました。いつかは…と思っていましたが、意外と早かったですねぇ。でもビックリなのは原因が陣内さんにあるとのこと。しかも女性問題…って藤原紀香捕まえて何しとんねん!と言いたくなるのですが、きっとそういう性格なんでしょうねぇ。

しかも、紀香さんの友人によると…

2人がけんかをして、逆ギレした陣内が手を上げることも複数回あったという。昨年11月には、けんかの拍子に紀香が左手小指のつめをはがすけがをした。
仕事とは関係のないホテルの領収書やライターを見つけ、不信感を募らせる紀香の切実な様子や、行動をせんさくする紀香に対して「疑ったことを謝れ」「土下座しろ」と迫っていた。

えぇ…まぁ多少誇張されているかもしれないですけど、そ、それは男として…いやいや人としてどうなのか…。

離婚やむなし。

 

しかし、陣内さんの人気はこれで落ちるような気が…。

リンゴの皮むき

実はあんまりやったことがありません。

手先を使う作業はすごく不器用で、針の穴に糸を通すとか、シールを剥がすとか、そういうのはとんと苦手です。

昨日は数年ぶりにリンゴの皮をむきました。いや、やったことない訳じゃないんですが、手先が不器用なのと、基本的に普段やらない作業なので、危なっかしい手つきで「あぁー」「ひぇー」「何じゃこりゃー」とか言いながら必死にむいていました。

むき終わったリンゴはとても美しい形とは言えず、いかにも苦労の後が残った感じ。普段料理をしていないのがバレバレですね…。

同じく普段料理をしない&ウメと同じで手先があまり器用でないウメ父でも(という言い方は失礼ですが)、リンゴの皮むきはそこそこできるので、ここは父を乗り越えるべくリンゴの皮むきの修行をしなくてはなりません。

というわけで、リンゴの送付大歓迎!(食べたいだけ)

そう笑っちゃいかんのか

また3枚のCDを借りてしまい、既存のコレクションと合わせて120曲を超えてしまった「おかあさんといっしょ」ウメソングコレクション。その中に「わらいごえっていいな」という曲があります。基本的に全ての曲が癒しになるのですが、この曲の1フレーズが気になるのです。

わらいごえっていいな たのしそうでさ
なんだかウキウキ うれしくなっちゃうよ

おとうさんが ワッハッハ
おにいちゃんが イッヒッヒッ
おかあさんが ウッフッフッ
おねえちゃんが エッヘッヘッ
おとうともわらう オホホホホホ 「ん?」
(うそーっ!)

弟は「オホホホホホ」と笑っちゃいかんのか…と。いや、そういう深い意味はないと思うのですが、「うそーっ!」って言っちゃうほどおかしくはないなぁ・・・と。

ちなみに2番は

いぬがわらう ワンワンワン
うまがわらう ヒヒヒヒーン
ぶたがわらう ブウブウブウ
やぎがわらう メメエメエ
パンダもわらう オホホホホホ 「ん?」
(うそーっ!)

こちらはパンダが「オホホホホホ」って笑うはずがないから良いのですが…。

こういうのが気になるウメってジェンダーチックな考え方を持っているのかしらん。オホホホホホ。

(コメントに「うそーっ!」っていうのは禁止(笑))

2009年3月25日 (水)

オタク川柳

「第4回あなたが選ぶオタク川柳大賞」…なんて賞があったんですね。しかも第4回。もしかしてこのブログでも紹介していたりなんかして…。と、思ったら、第3回までは「あなたが選ぶIT川柳大賞」という名前だったそうな。

ということで、オタクの気持ちを5,7,5にしたためた川柳を集めたコンテストということで、4回目の結果が発表されたそうです。

大賞=神賞 「聞いてない 誰もそこまで 聞いてない」

天才de賞 「フィギアなら 浅田真央より 綾波レイ」

うーん。オタク感満載ですねぇ…。その他の入選作品はこちらで紹介されています。が、ちょっとウメでもついていけないのがたくさん…。

皆さんはいくつわかりましたか?(うたのお兄さん風)

テレビカー消滅

京都の出町柳駅から大阪の淀屋橋駅・中之島駅を結ぶ大手私鉄の京阪電気鉄道、言い換えて京阪電車では、かねてから通勤電車では他の会社を引き離すくらいのサービスの良さです。

その最たる物が「テレビカー」でしょう。京阪電車の特急(追加料金不要)では、1編成に1車両ですが、テレビカーと称してテレビが設置されており、テレビを見ながら移動できるという素晴らしい物でした。

それが2011年度までに、特急電車の改装にともなって姿を消すとのこと。改装は、乗降口が狭かったことも関係して、乗降口付近の座席を横長のシートにして改善、シートの背もたれを高くするほか、車いすのスペースを設け、立ち乗り用に新たにつり革も付ける、液晶画面の案内板を設置する、などです。

それに伴って、「ワンセグの登場で需要が減った」ということで、テレビは撤去されてしまうそうです。確かに、どうしても見たければワンセグで見られる時代になりましたしね…。でもちょっと残念です。

「テレビカー」が無くなる前に一度全線乗ってテレビを見たいと思います。大阪から京都に向かう電車で…(テレビは京都方に付いているので逆方向だと乗り物酔いするおそれが…。

でも京阪電車のことです。きっとまた驚くべきサービスをしてくれるでしょう!ウメは期待しています!!!

2009年3月24日 (火)

「おくりびと」に感動

今見終わりました。およそ2時間の映画「おくりびと」。

とても良かったです。後付けになりますが、さすがアカデミー賞という感じです。ハリウッドや中国の映画のように、派手なアクションシーンがあるわけでもなく、ものすごいエキストラが動員されているわけではありません。中心人物は数人。それでも、日本の伝統的な「納棺」というものがどういうものなのか、それを取り巻く人たちがどのようになっているのかが、よくわかりました。

本木雅弘さんがとてもかっこよく見えました。納棺をしている作業は、もちろん教えられたものなのでしょうが、とても自然で、美しく、そして精悍な感じに見て取れました。「死」という人なら必ず体験しなければいけないもの。それぞれ送る人たちの思い。それらが綺麗に表現されていて、不自然ではなく、見ていて映画の世界に入り込みました。

そして味が出ていたのが山崎努さん。納棺会社の社長さんの役なのですが、この方の存在感は十二分です。本木さん演じる小林大悟が彼に、納棺師という仕事に惹かれていったのも頷けます。

 

「おくりびと」はアカデミー賞の効果もあって、全国の映画館で上映されています。ただ、残念ながら日本語字幕付きの上映はもう終わってしまっていると思いますので、DVDでご覧ください。ちゃんと字幕が付いていることは確認しました。

いろいろな意見はあると思いますが、決して見てそんはしない映画だと思いますので、皆様もどうぞご覧ください。

おくりびとターイム

おくりびとターイム

今から見ます~。字幕ついてましたよ!

久しぶりののんびり休み

今日は仕事の山場も終わり、一日お休みをいただきました。今月は週末に何かしらの予定が入っているので、何にもない休日というのはかなり久しぶりでした。まず思ったのは、昼間で寝てやること。目標通り昼間でバッチリ寝てやりましたよ。寝だめするほどではないですが、最近の睡眠不足が多少改善されました。

特に用事はないので、やることもありません。電気屋は前日に行ってある&最近衝動買いが多いので自制要、ということで行かないことに決定。ということで、ツタヤにレンタルに行ってきました。「おかあさんといっしょ」のCDアルバムを2枚も借りてしまいました。他にサラブライトマンも借りて天使の歌声に癒される予定です。

CDだけではなく、久しぶりにDVDも借りてみました。というのも、今話題の「おくりびと」がレンタル開始していて、さらに1本だけ残っていたので、これは見てみないといかん!というわけで借りました。で、この記事を書いている現在まだ見ていません。借りただけで満足しないようにしなきゃ。今晩バスローブを着てワイングラスを回しながらみようと思います(笑)

全然出かけなかったといえばそうではなく、ホームセンターに行ってきて、ハイバック(背もたれが高いタイプ)の座椅子と温度・湿度も分かる電波壁掛け時計を買ってきました。2つとももともと買いに行こうと思っていたものです。2つ買って5,000円でおつりが来ました。いやー、これだからホームセンター通いもやめられませんよねぇ。

というわけで、のーんびりした一日を過ごしました。明日から気持ちを切り替えて、また仕事がんばりまーす(^^)/

2009年3月23日 (月)

手話でつなぐ青年九条の会

またまたお知らせです。

次の日曜日、3月29日に大阪谷町福祉センター2階で「手話でつなぐ青年九条の会」の決起集会を開きます。実はウメはこの会の発起人にも名前を連ねさせていただいております。最近宣伝が多いですが、ご容赦くださいませ。

先週金曜日には、(京都の)乙訓地区九条の会の集会に参加してきました。全国の九条の会の事務局長で東大教授の小森陽一さんの講演を聞いてきました。ウメは存じ上げてなかったのですが、かなり有名な方とのこと。話は早口だったですが、それでも今の世論の流れや憲法の大切さがよく分かる話でした。非常に勉強になりましたが、通訳者として見たら「こりゃー通訳はしづらいだろうなぁ…」と悩んでしまいましたよ。だって話の中で突然「ほら、アメリカのBIG3、フォード・GM・クライスラーが危なくなったでしょ。あれはね…」って早口で言うんですから…しかもほとんどそんな感じの口調ですから…。「”あの”○○さん(某政治家)がね…」とかの”あの”ってどうやって訳せばいいんだぁ~。

さてさて、この会の内容は文字通り憲法9条を守ること。憲法9条といえば戦争放棄をうたった条文ですよね。ウメ世代は戦争を経験していないですし、直接体験者から話を聞くことも多くはありませんが、それでも戦争は絶対にイヤだと思います。戦争に行けって言われても行きたくないですし、人に危害を加えるのなんてもってのほか。しかも武器や銃をもって…考えられないですね。

日本では憲法9条があるからこそ今まで戦争に直接関わらなくて済んでいるわけですし、世界に誇れる平和憲法だと思うので、それは守りたいと思います。ろう者や手話に関わる聞こえる人が10人集まって「手話でつなぐ青年九条の会」を作って、決起集会にいたったわけです。

まだまだ勉強も足りず、決起集会なんて本当はおこがましいのですが、これから勉強していくきっかけとして参加しています。ウメは当日手話通訳が中心になりますが、また良いお話が聞けそうなので頑張りたいと思います。今は近畿の範囲ですが、おいおい手話に関わる全国の青年に広げていって、一つの波ができたらなぁ…と思ったりするのです。

決起集会のチラシは下記です。

Photo
(クリックすると大きく表示されます)

申し込み・問い合わせはウメまでか、shuwa9kinki@nifmail.jpまでお願いします。当日ふらっと来てくださっても大丈夫です!少しでも興味を持った方がいていただければ幸いですm(_ _)m

(ちなみに、この日の午前中は「近畿手話サークルフォーラム」の司会をしています(^_^;))

念願のお宅訪問

京都に引っ越してから3年。長年の夢がかないました。

それは、職場の先輩(というか上司です。以降Iさまとします)のお宅に潜入し、配偶者様(諸事情にこの呼び方にさせていただきます)のお顔を拝見して、ファミリーでふれあうこと!

とうとうその時がやってきました。歴史が動いたのです。Iさまとウメ一考の時間の調整がつき、先週の金曜日にお宅訪問をさせていただきました。ちなみにその日は午前中に映画「ワルキューレ」を見ました。ナチスドイツ体制下のクーデター未遂事件を扱った映画なのですが、なんだか横文字の人がいっぱい出てきて混乱しそうになりました。でもさすがトム・クルーズ、存在感はバッチリ出していましたねぇ。映画ではピストルがパンパン撃たれちゃうので、目を背ける場面もいくつか。もう~そんなに簡単に撃たないで。

その次にとある集会の勉強会へ。全国レベルの素晴らしい人の公演を1時間にわたって聞くことができました。この集会の内容は次の記事にアップします。

で、いよいよお宅訪問。ウメと友人2人でお邪魔したのですが、入るなり暖かいファミリーの雰囲気が。Iさまとお嬢様ご子息様にはお会いしたことはあるのですが、配偶者様は話はたっくさん聞くものの、お会いして話をするのも初めて。顔を見るのも初めてでございます。いやぁーウワサのあのお方に会えるなんて…。

Iさまファミリーとお食事会。いやーん。至福の時ですよ。ウメはかなりハイテンションになっていました。だって、Iさまと配偶者様お手製のお料理がどんどん出てくるんですもの。きんぴらごぼうに始まり、肉じゃが、だし巻き玉子(それぞれの作品が!)、豚トロ…などなど、覚えきれないくらいです。そ、そんなに出していただかなくても…と恐縮するくらいでした。

さらに、Iさま家で約15年ほどつけてあるという自家製の梅酒もいただきました。最初ウメは「15年?大丈夫ですか?」なんてたいそう失礼なことを申し上げたのでございますが、いやはや、熟成されたうまみとまろやかさは最高でしたね。考えてみればワインは何十年も寝かせるんだから、梅酒がダメ、なんてことは無いはずですよね。

途中飛び入りのお方も入り、いろんな話で盛り上がりました。さらに、滅多に見られない手話通訳も見られ、ウメは京都に引っ越してから数本の指に入るほど感動した1日でした。お忙しい中時間を調整してくださったIさまファミリーに感謝感激です。今後もコレに懲りずに家族ぐるみで(といってもこちらの家族はまだ…ですが)お付き合いさせていただきたいです!よろしくお願いしますm(_ _)m

ウメの任務

ウメの任務
第7回全国デフバスケットボール選手権大会「ミミリーグ」は無事終わりました。実行委員の皆様は大変お疲れさまでした。

全国から若いろう者が集まって、勝利を目指してボールを追う姿は本当にカッコよかったです。やはりスポーツをするっていいですね。

そんなわけでウメも2日間お手伝いをさせていただきました。主な任務は…写真に写っている通り、パソコン(エーロク君)を使ってのお仕事。
バスケットボールのスコアシートを見ながら、各選手ごとのシュート本数を入力、さらに自動計算される得点を集計(このエクセルも事前に作成)。

それ以外にもろもろ手伝わせていただきました。本部席にいたので、いろいろ声をかけられることも多く、ドタバタした2日間でしたね。
それでも余裕がある時は試合を見させてもらって、久しぶりに興奮しながら応援しました。

どのチームも練習を重ねてきて、まさに熱戦が繰り広げられましたよ。ウメはバスケはからっきしダメなのですが、ちょっとやってみたくなったくらいですし。

こういう場に参加できるのはありがたいですね。ただの観客ではなく、いろんな体験をさせてもらいました。

さぁ、ウメが選手として出場するのはいつになるでしょうか…。

2009年3月22日 (日)

2日間のご褒美

2日間のご褒美
第7回全国デフバスケットボール選手権大会「ミミリーグ」のお手伝いをしていました。

いろいろドタバタしましたが、やって良かったですし、楽しかった2日間でした。

と、いうわけで、2日間のご褒美。ココスのハンバーグステーキです。やっぱり疲れた時は肉に限りますね。

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: