2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 森繁久彌さんが遺したもの | トップページ | からくり時計 »

2009年11月19日 (木)

温帯低気圧は遅らせて発表

日本に上陸・または近づいた台風が北上して、勢力を弱めたものを「温帯低気圧」と言いますが、ここ最近、気象庁は台風が温帯低気圧になったという情報をあえて遅らせて発表していたことが明らかになったそうです。

つまり実際には台風の勢力ではなくても、台風と発表し続けていたということ。気象庁の言い分としては、「台風から温帯低気圧になると、急激にマスコミが報道をしなくなる。気象庁は報道機関ではないので、多くの人々に情報を伝えるツールを持たないが、それでも気象庁として危険な現状を伝え、災害を防ぐ必要がある」ということだそう。

確かに、「温帯低気圧」と聞くと、もう大丈夫かな、と思ってしまう節がありますが、だからって台風じゃないものを「台風」というのはいかがでございましょうか。最近では、民間の気象会社などが出てきましたが、台風など危険を伴うものは気象庁だけが情報を発表できるとのこと。その気象庁がウソ・・・と言われても仕方がない発表をしていたんですから。

気象予報士の森田正光さんも言っているように、気象庁はあくまで正確な情報を発表し、その上でマスコミなどが警戒情報をきちんと伝えるのがあるべき姿なんじゃないかと思います。

« 森繁久彌さんが遺したもの | トップページ | からくり時計 »

ニュース・時事」カテゴリの記事

コメント

>○さん
お詳しいですねぇ~。なるほど、わかりやすい説明ありがとうございます。仕組みが違うんですね。

目指すは森田さん?石原さん?(笑)

熱帯低気圧:温かい海水より大量の水蒸気が気化する事に起因する云わば“熱エネルギー”の低気圧
温帯低気圧:異なる気団の“間に”生ずる

エネルギー源というか機構が違います。台風が弱っても熱帯低気圧に呼称が戻っただけです。
気団と気団のぶつかり合いに機構が変わり温帯低気圧に変わると前線を境とする正に気団と気団のせめぎ合いがエネルギー源になってきます


たしかw

熱帯で低気圧が発達
 ↓
地球の自転の影響で渦を巻く
 ↓
台風になって日本に接近
 ↓
北日本(温帯)で勢力が弱まって温帯低気圧に

だったような気がします。

熱帯低気圧と温帯低気圧は機構が違いますが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森繁久彌さんが遺したもの | トップページ | からくり時計 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: