2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« にちようび | トップページ | 性善説と性悪説 »

2009年5月10日 (日)

履歴書のウソの見抜き方教えますって怖い

ネットをしていたらこんな情報を見つけました。日曜日なのにビクッとしちゃいましたよ。

履歴書のウソの見抜き方教えます

読んでみると恐ろしいことが書いてあります。まぁ全てがこういうところじゃないとは思うのですが・・・。少し引用しますね。

まず、最初に「履歴書のウソ」の見抜き方です。
再就職しようとする人間は、自筆の履歴書を提出します。仮に過去の職歴がA社に5年、B社に4年と記してあったとしましょう。しかし、その内容はあくまでも自己申告です。もしかすると、実際はもっと頻繁に会社を変わっていて腰を据えて仕事をしたことがない。問題がありそうな業界で働いていた。あるいは何もせずにブラブラしていた。その部分は省いて、無難なA社の社名だけ書き、空白期間を埋めるために本当は2年なのにA社に5年勤務と誤魔化している可能性もある。
そこで、私ならどうするか。まず履歴書を提出してもらうまでは同じ。次に、それを受け取った後で、こう指示を出すのです。「次の面接までに社会保険事務所に行って、年金記録台帳のコピーをもらってきてください」。
持ってきてもらった記録を見れば、過去の職歴は一目瞭然です。実際には1~2年ごとに会社を変わり、過去に5回も6回も転職していたとわかれば、仕事に対する姿勢に疑問符がつきます。
同時に、その記録で年金保険料の事業者負担額と本人負担額もわかるので過去の所得状況も把握できます。「前の職場では年収○○万円を得ていたので、その程度は欲しい」という本人の希望額が妥当かどうかもチェックできるというわけです。
ポイントは履歴書を受け取った後に提出してもらうこと。第二次書類選考と称して、「次回の面接時に提出のこと」とするのです。すると、履歴書にウソを書いた人は「しまったッ!」となります。履歴書の内容とツジツマが合わないので、指定の面接日に、来社しないかもしれません。

まぁ、履歴書にうそを書くことはいけませんけど、こんなところまで見ている人事もいるんですねぇ。そしてもっと驚いたのがコレ。

自動車免許証からも様々な情報を手に入れることができます。その人の性格や仕事への姿勢が判別できるかもしれません。
免許証には、氏名や生年月日、本籍、住所、有効期限等々が書き込んであります。しかし、交付年月日欄の日付の右に、5桁の数字が並んでいることを意識している人はほとんどいません。
実はこの数字を見れば、どんな時間帯に免許の更新に行ったか容易に想像がつくのです。先頭の数字は免許更新センターの撮影装置の番号で「15」ならNo.15のカメラで顔写真を撮ったということ。問題は下3桁です。この数字が「258」なら、No.15のカメラで258番目に受け付けたということを表しています。
258番目ということは、当日だいぶゆっくり出かけていったということです。少なくとも朝一番の受け付け開始早々には行っていない。土・日や休業日でもなければ、サラリーマンが免許証を更新する場合、「明日、免許証の更新手続きをしなければいけないので」と会社や上司に「遅刻の許可」などを貰うことになるはず。しかし仮に、9時始業で昼間フルに勤務する普通の会社で、仕事に穴をあけずに免許更新しようと思ったら、どうするでしょう? いつもの朝より1時間以上早く家を出て免許センターに寄ってくる、あるいは受け付け前から並んで早い順番に手続きを済ませる。そういう行動を取るはずです。
ところが、もし免許証に記されているのが大きな受付番号なら、免許証更新を理由に、半日あるいは1日ゆっくり行動したということになります。

どうも考えすぎのような気もするのですが、そこまで見られちゃうとたまったもんじゃありません。一日有休をとったってことだってありますし、そんな番号まで見られちゃって・・・。

そして最後に

消費者金融の儲けの鉄則に「台所のきれいなオンナには金を貸すな」という言葉があります。逆に言うと、流しに食べ残しや昨夜使った食器が洗われないまま散乱していたら「お得意さま」だということ。几帳面に利息を返済されては儲からないからです。

これを人事採用にも当てはめると台所の綺麗な人が採用される・・・まぁ、人事採用の時に台所まで見られることはないでしょうけれども、こういう隅の隅まで見られていると思うと怖いですよね。

« にちようび | トップページ | 性善説と性悪説 »

勉強します!」カテゴリの記事

コメント

>コーラさん
本当に怖いですよね。自分の事を良く書くのはいいでしょうけれど、やっぱりウソはダメってことですよね。

>crayonさん
ウメはですね…。
22番のカメラで018番目に撮影しています。確かに朝一で行った記憶があります。あぁ、懐かしいなぁ…。
んでもってcrayonさんのおっしゃる番号…確かに2000年に取得していますので00です。赤いのは試験の成績…どうなんでしょうか?確か学科試験は2点刻みではなかったでしたっけ???

 訂正・・・間違えました。
 土曜日は試験場休みでした。もう1度確認したら、日曜日。

 免許証の隠された暗号めいたもの初耳でした!!
 交付日付を見て、過去のカレンダー確認。
 土曜日の218番でした。
 当日は仕事休みで午後から出かけたのは記憶あり。
 まあ、確かに合っていますな。
 免許証の番号は12ケタの内訳は下記のとおりになるらしい。
 最初の2ケタは1番最初に交付した都道府県公安委員会、次に続く2ケタは交付した西暦の下2ケタ、赤いマーカーで覆っているような4ケタは試験の成績。4ケタのうち1番右が7なら97点。これは正しい情報なのか、私も不明。
 1番右の12ケタ目は再発行交付回数。
 私は「0」なので、再発行の申請は今までないということになります。3だとしたら、免許証を紛失したので3回も再発行。9は9回も再発行したということになるので、最後の番号を見て、その人は免許証を大切に携帯しているかどうか性格を見破ることもできるらしい。

こわ!!!!
たかが履歴書、されど履歴書ですね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« にちようび | トップページ | 性善説と性悪説 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: