2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« おくりびとターイム | トップページ | テレビカー消滅 »

2009年3月24日 (火)

「おくりびと」に感動

今見終わりました。およそ2時間の映画「おくりびと」。

とても良かったです。後付けになりますが、さすがアカデミー賞という感じです。ハリウッドや中国の映画のように、派手なアクションシーンがあるわけでもなく、ものすごいエキストラが動員されているわけではありません。中心人物は数人。それでも、日本の伝統的な「納棺」というものがどういうものなのか、それを取り巻く人たちがどのようになっているのかが、よくわかりました。

本木雅弘さんがとてもかっこよく見えました。納棺をしている作業は、もちろん教えられたものなのでしょうが、とても自然で、美しく、そして精悍な感じに見て取れました。「死」という人なら必ず体験しなければいけないもの。それぞれ送る人たちの思い。それらが綺麗に表現されていて、不自然ではなく、見ていて映画の世界に入り込みました。

そして味が出ていたのが山崎努さん。納棺会社の社長さんの役なのですが、この方の存在感は十二分です。本木さん演じる小林大悟が彼に、納棺師という仕事に惹かれていったのも頷けます。

 

「おくりびと」はアカデミー賞の効果もあって、全国の映画館で上映されています。ただ、残念ながら日本語字幕付きの上映はもう終わってしまっていると思いますので、DVDでご覧ください。ちゃんと字幕が付いていることは確認しました。

いろいろな意見はあると思いますが、決して見てそんはしない映画だと思いますので、皆様もどうぞご覧ください。

« おくりびとターイム | トップページ | テレビカー消滅 »

おすすめ」カテゴリの記事

コメント

>こまちさん
了解しました。ちょっと腰を据えて読みたいのでしばし時間をくださいませ。

「随分」という題名のところから読んでいって下さい。

>☆きらりさん
そうですね。物語が綺麗にまとまっていたような気がします。ほんとに。

>こまちさん
少し前までたどりましたが、おそらくまだ本題までたどり着けていないですm(_ _)mしばらくお待ちください~。

うめさん!私の日記を読んで下さい!

昨年10月に夫を癌で亡くしました。

「おくりびと」私も見たいのですが今の私の心情に響くのではないかという心配で見る事ができずにいます。

とにかく私の日記を読んでください。(ミクシー)

去年の10月に観ました。
登場人物にそれぞれの物語があり、伏線となって見事にまとまった、いい映画でした。
”おくりびと”はプロである納棺師に手伝ってもらいながら、遺族が思いを込めて亡くなった人をおくることだと感じました。

>シークヮーサーさん
おぉー先見の明ってやつですね。確かに所作の美しさには感動しました。ああいう動きを身につけたいですね。

>バタさん
密かにひたってくださいな。最近珍しく…おくりびとは、最後の1つだったし休みだったのでつい…という感じでしょうか。

観そびれてます。
DVDで密かに浸ろうと思ってます。
原作の納棺夫日記の方も良さそう。
ウメさん、最近珍しくよく映画をご覧になってますなぁ。

ご覧になったのですね

シークヮーサーはツレとアカデミー賞受賞前日に観ました(自慢?!)
所作の美しさにほれぼれしつつ、日常生活動作、手話であれ、音声であれそうありたいものだと願うばかりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おくりびとターイム | トップページ | テレビカー消滅 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: