2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

2008年2月10日 - 2008年2月16日

2008年2月16日 (土)

I'm Feeling Lucky

検索サイトの最大手「Google」。ネットで調べ物をするときはやはりこのサイトを使用している人は多いと思います。今ではグーグルカレンダーやらGMailやら、サービスも増えてきて、検索だけじゃなくいろいろ出来るようになってきました。

先日Googleに対抗するために、マイクロソフトがヤフーを買収しようとして断られた、なんてニュースがありましたが、それだけ検索サイトではGoogleが幅を利かせていますよね。検索することを「ググる」っていうことがあるくらいですし、やっぱり検索結果が他のサイトとは違います。

さて、そのGoogleのサイトを開いてみると、「Google検索」の隣に「I'm Feeling Lucky」というボタンがありますが、使ったことがありますか?何のボタンだろう・・・と思ったままそのままにしている人が多いのではないでしょうか。

この「I'm Feeling Lucky」というボタンで検索すると、検索結果が表示されることはなく、最高位のホームページが自動的に表示されるのです。たとえば「デイリーウメダス」を入力してこのボタンを押すと、直接ウメダスのブログが開きます。

このように、見たいサイトが決まっている場合や、どこかの会社の公式サイトを見たい場合は、こちらのボタンを使ってみるのも便利かもしれません。でも、検索している間にいろんなサイトを見て情報を得られるというメリットもあるので、直接訪れるだけでは物足りないかもしれませんが・・・。

修正液の成分

仕事をしているときにふと気になったこと。

修正液、つまりホワイトの成分って何からできているのだろうか・・・。白いし、一定の時間が経つと固まるし・・・考えてみたら不思議で科学技術が詰まっていそうな気がします。んで調べてみましたら・・・

修正液は、溶剤のメチルシクロヘキサンと固着剤のアクリル系樹脂及び顔料の酸化チタンが主な成分です。修正液のインクは、白色顔料の酸化チタンにより、白く見えます。ところが、この酸化チタンは重く、インクの中で分離して沈みます。この為、インク上部の上澄み液がペン先から出て、透明液となります。

ほぉ。よくわからないですけど、溶剤と固着剤と白色顔料からできているんですね。この成分が分離しやすいから使う前に振ってくださいと書いてあるわけですな。一つ勉強になりました。

仕事しているときにそんなこと気にしなきゃいいのに。お仕事に集中しないといけませんね。

22億件

迷惑メールを1日400万件、合計で22億件送信した居酒屋従業員が逮捕されました。迷惑メールを22億件も送信するのも大変ですが、それだけ送ってもコストがかからないんですよねぇ。その男は2000万円をもうけたそうです。

架空のアドレスを使って、業者からアドレスリストを購入して送信していたそう。やっぱりそういうリストは売買されているんですね。メールアドレスを公開していると、少なからずそういう被害には合ってしまいそうです。

ウメダスの場合もメールアドレスを公開していますが、これは本アドではなく、ブログ関係専用にしています。でも本アド→携帯に転送しているので、ブログ公開アドレスにメールが来てもすぐ分かる仕組みになっています。今のところ、ニフティの迷惑メールフィルタのおかげでそれほど被害がでていませんが・・・。

22億件も送信していれば、誰かは被害受けているでしょうねぇ・・・。これで少しは減ればいいのですが、これも氷山の一角でしょうか。

持病の調子

扁桃炎で体調を崩したとき、それこそ喉の痛みや発熱、全身の悪寒でものがほとんど食べられなくなりました。それが何とか治った今でもスッキリ・・・という感じではありません。

というのも、持病のパニック障害、というか会食恐怖の症状がまた出てきているんですよね。症状はそんなにひどくないのですが、食べるときについ不安がでてしまうのです。でも食べられてはいるのですが・・・。やはり身体的な症状が精神的な症状に絡んでくるのでしょうか。

例えば意識的に外食は避けるようになっています。食べられるとは思うのですが、おいしくないだろうなぁ~という感じ。なら家に持ち帰って食べたり、簡単なものを作った方が気が楽だったりします。胃がもたれる感じもしますし・・・。う~ん、自分でもあんまり体調が良くないってわかるんですよねぇ。

こういう病気は一朝一夕ではないというのはわかっていますし、調子が良いときと悪いときは波でやってくる、というのもわかるんですが、やっぱり調子が悪いと気分も落ち込みますよね。ま、落ち込んでいてもしょうがないので少しでも明るく振る舞っているんですが、いつ治るのかなぁ~と遠い未来のことを考えたりしています。

それでもまだ普通に働けて、ご飯も一応食べられて、笑ったり眠ったりできるのは幸せなんだなぁと思います。

2008年2月15日 (金)

座席探訪

新幹線や特急電車に乗るときの楽しみと言えば、ゆったりとしたシートで快適な移動があげられますが、どの特急がどんなシートなのか、また、乗り心地はどうなのかが気になるところではあります。

ウメも先日近鉄特急の伊勢志摩ライナー、アーバンライナー、ビスタカーに乗りました。どれも特急らしい素敵な乗り心地でしたが、それでも微妙に差があったりしました。それをうまく説明はできないのがもどかしいのですが、そんな特急の座席の乗り心地を比較したサイトを発見。

座席探訪

残念ながら更新はストップしてしまっているようですが、全国の新幹線・特急の車内の設備や座席について、写真入りで詳しく解説してくれています。ひかりレールスターやのぞみN700系、近鉄特急なども掲載されています。

これだけ詳しく解説されていると、見ているだけで乗った気分になれそうです。そうそう!と思う部分もあり、特急車両を乗りこなしている方は一度見ていただきたいサイトですね。

ケンゾーさんの手話

ウメダスからもリンクしているかごしま聾《手話》世界。に、久しぶりにケンゾーさんの手話がアップされました!ずいぶんご無沙汰でございました。しかも動画の形式が@Niftyビデオ共有になっておりました。この方式もちょくちょく広まっていますね。

ケンゾーさんの手話は相変わらずなめらか・・・素晴らしいですね。これだけで芸術と思ってしまいますが、これぞまさしくろう者の手話!って感じです。

その他にも静岡県聴覚障害者情報センター手話動画ブログの月曜男さんや西讃ろうあ協会手話コラムなど、ろう者の手話ブログも更新されています。もっともっと広まってほしいものです。

そういえば師匠であるK先生のブログでも動画が久しぶりに掲載されるようになりました。これから手話動画ブログがもっともっと広まって、ウメダスなんて下手くそな手話見たくない・・・って言われるくらい・・・イヤそれはイヤだなぁ・・・まぁとにかく広まって欲しいものです。

手話学習者の皆さんも、ネットでろう者の手話を見て興味を持ったら、地域のろう者に思い切って話しかけてみてくださいね。

ばれんたいんちょこ

ばれんたいんちょこ
昨日、2月14日は世の中の男性にとっては審判?の日、バレンタインデーでございました。モテる男どもにはチョコが集まり、モテない男がそれをひがむ…いや、関係のない振りをする…悲しい日でございます。

そんな日をウメも迎えてしまったのでございます。自称庶民派ネットアイドル(バカ)なので、そんなチョコなんてぇ〜と無理矢理気にしないようにはしていましたが、それでも世間の雰囲気には勝てないもの。

がっ!もらっちゃいましたよ。チョコレートを!しかも手づくり!!職場の先輩の娘さんから頂戴いたしました。ありがたやーありがたやー。
手づくりチョコなんていただいたのはウン年ぶりでございましょうか…いやはや、意外でうれしかったです。先輩の家庭でウメの話がでたり、DVDレコーダーを引き取っていただいた関係で気を遣っていただいたのだと思います。いやーかえって申し訳ない。

娘さんいわく「手づくりだから味は保証しない」とのことでしたが、いやいや、そんなことはなく、周りにまぶしたココアパウダー(たぶん)とチョコの甘さのハーモニーが抜群で、そこらの市販のチョコよりまいうーでございました。チョコも甘すぎず苦すぎず、マイルドなお味。

まだ全部食べてませんーせっかくなので大事にいただきたいと思います。って結局チョコをもらってうかれているウメは世間の風に流されているのでした…。

2008年2月14日 (木)

洞窟での食事

全通研みえ集会が日曜日に終了。しかしその週は月曜日もお休みと言うことで、これは・・・ということでもう一つの企画に参加して参りました。それは全通研に加入している若いメンバーで構成している全通研U-35というグループの合宿。今回の集会に併せて実施すると言うことでお邪魔してきたわけでございます。

そもそも全通研U-35って皆さんご存じですか。今のところ自主的なグループなのですが、通訳者の中でも若いメンバーが集まって、全通研の集会の時に集いで交流したりしています。今回の三重の集会でも1日目の夕方に集いを開催して30人以上は集まったでしょうか。お姉様お兄様が多い通訳者業界の中で、若いもの同士仲良くやっていこうじゃないか、という集まりです。その集まりの中心になっている人物で合宿をしようじゃないか、ということでウメもお邪魔してきたわけです。

Image0781

Image0791

行ったのは洞窟のある?温泉旅館。触れ込み通り、夕食は洞窟の中で焼き肉でした。これが本当に洞窟だったんですよ。その中にテーブルが並べられてあって、お肉や海の幸を焼いていただきました。若干寒かったのですが、みんなでワイワイ食べる食事はおいしかったですね。その後各自お風呂などに入り、飲みながら通訳活動やろうあ運動の悩みや思いなどを熱く語るコーナー。今回の合宿にはろうあ連盟の青年部の皆様も参加していただいていたので、若い者同士熱く語りましたよ。各地域の悩みやら、この歳ならではの思い、考えなどをしゃべり合っていたらいつの間にか夜も更けてしまいました。

一泊して朝を迎えたあとは、とあるお方の講演。未来のろうあ運動を担うお方だけあって、熱のこもった考えさせられる講演に、ただただ頷くばかりでございました。そしてそれが終わった後、ウメが作っている新聞に掲載するための対談を実施しました。ここでも熱いトークが繰り広げられ、本音も飛び出すなど充実したものになりましたよ。なんだか若者が集まるっていいですよねぇ、青春ですねぇ・・・。

ウメはU-35の中心メンバーでもなんでもなかったのですが、今回縁あって参加させていただくことが出来ました。これも受け入れてくださった皆様のおかげでございます。若い人も頑張っているんだな、同じ年代だし一緒に頑張ろうかなぁという気持ちになりました。もし興味があったらホームページを見てみてくださいね。

伊勢志摩ライナー

Image0761

先週末に全通研集会に行ったときに利用した近鉄特急「伊勢志摩ライナー」です。京都から三重県の津までは、新幹線で名古屋まで出る方法と、近鉄特急を使う方法があるのですが、料金が格段に違いますし、こんな時でもないと近鉄特急に乗れないので迷わずチョイス!近鉄特急ですよ、あのあこがれの・・・。

近鉄特急は主に大阪難波と名古屋を結ぶアーバンライナー、難波や京都から伊勢志摩・賢島方面を結ぶ伊勢志摩ライナー、大阪阿部野橋から吉野方面を結ぶさくらライナーなどがあります。少し前はオレンジ色の2階建て車両、ビスタカーなんかがステキでしたが、新しい近鉄特急も良い感じでございます。

京都から津までの直行便というのは設定されていませんので、京都から伊勢志摩ライナーに乗って橿原市は大和八木駅まで行って、そこからアーバンライナーに乗り換えて津まで向かいました。どちらも50分ほどの乗車時間で、乗り換えも考えられていてホームで対面の電車の乗り換えるだけ。特急券も1枚になっていて、近鉄もこういう乗り換えを考慮して特急券を発行しているんだなぁというのがわかりました。

いやー数々の駅を飛ばしていく特急は気持ちが良いですね。乗り心地もなかなか。普段走っている通勤路線と特急でかっとばすのもなかなか気持ちが良いものです。今度はコレに乗って伊勢志摩観光に行きたいですねぇ。

聞こえるもん同士

ろう者の皆さんは、(手話を学習している)聞こえる人同士が手話でしゃべっているのを見るとどう思いますか?

話の中にろう者が参加している、近くでろう者が見ている、なら手話だと思いますが、周りにろう者がいるわけでもなく、声を出してはいけない状況でもないのに、1対1で聞こえる人同士が決してうまくもない(うまいうまくないの問題ではないのですが)手話でしゃべっているのを見ると、強烈な違和感を感じるのはウメだけでしょうか。

手話の勉強のために意図的にそうしているのなら・・・わからんでもないんですけど、やっぱりわかりません。ろう者がいない所で、聞こえる人同士がしゃべるんだったら音声でいいじゃない、って思うのですが、どうでしょう。

例えばろう者もいる集会の場で雑談なんかをするときに、ろう者が見るかもしれないから手話でしゃべる、というのもあるかもしれません。聞こえる人は知らない人の雑談でも耳に入ってきますから。そういう感じで聞こえる人同士でも手話で・・・ってことなんでしょうか。

特段の理由がない限り、お互いのコミュニケーションが一番スムーズな方法でやりとりをすれば良いと思うし、そこは臨機応変で切り替えれば済む問題だと思うのですが、そうは簡単に頭の切り替えってできないんでしょうかねぇ。

同じ空間にろう者が一人でもいれば手話!というのもね・・・わかるんですけどね・・・。

はて、何が言いたいのか分からなくなってきました。

【手話225】アフター5の過ごし方

Webカメラが新しくなりました。CCDなので画質が上がったでしょうか・・・。
それにしても最近手話動画のネタが偏っているような・・・。電気屋の話をしているだけでも楽しいんですけどね。手話で話してほしいネタを募集します。
(6分20秒)

携帯電話の方はこちらhttp://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080213062058_1.htm

2008年2月13日 (水)

特に奥のスープ

Image0681 

扁桃炎から回復して以来、それなりに食欲はあるのですが、なんだか食べるときの不安が戻ってきてしまっているウメでございます。うーん、やはり身体の体調が心の体調にも影響してくるんでしょうか・・・次のいつもの病院の時に言わなきゃ・・・。でも食べてはいるんですけどね。

さて、写真は寝込む前、やや好調だったときのとある日の夕食。今は見るだけで気分が悪くなるくらいのメニューです。特に奥のスープがとんでもないことになっています。卵を入れるだけの「かにのスープ」4人分でございます。これを全て食べ、飲みきってしまったので、気分が悪くなりました。そりゃそうですわね。それにしてもなんだこのこってり3人衆は・・・。

こんな食事をしているようでは、栄養が偏ります。うん。少しずつ改善していかなければ・・・。

京都に雪が積もる

京都に雪が積もる
今日は全国的に一番の寒さだそうで、京都でもバッチリ雪が降りました。

朝、部屋を出てビックリ。積もってるじゃないですか、普通に。一面の銀世界でございました。
まぁ、北国にお住まいの方ならこんな雪なんて雪のうちに入らないのでしょうが、古都京都に降るとなんだか風情がありますね。とは言ってもウメ家の周りは京都っぽくないのですが。

どうせ寒いなら雪の一つや二つくらい降ってくれたほうが、冬って感じがしますよね。今年は結構降る機会が多いので、冬の京都を感じられて良い感じです。あとは滑らないように気をつけないと…。

羊水発言

倖田來未さんのラジオ番組での発言について、面白い視点で書いてあるサイトを見つけましたので紹介します。

失言騒動は仕組まれたのか?~倖田來未の“事件”から見るネットの影響力

確かに今回の騒動は、ネットが火付け役と言われています。某巨大掲示板への書き込みから始まり、それにマスコミが目を付けた・・・という流れと言われたら、否定は出来ません。

サイトではラジオの発言が書き起こされていました。
「やっぱ子供の話をしてましてね。なんかこう、ま、ウチのマネージャーが結婚しまして。でーまーちょっとぉ、いつ子供作んの? みたいな話とかしててね。やっぱこう、そろ、3、ま、やっぱ、35ぐらいまわると、あのぉ、おーお母さんの羊水が腐ってくるんですね(笑)。なので、ちゃう、本当に(笑)。いや、例えば汚れてくるんですよね。だから、できれば35までに子供を作ってほしいなぁっちゅう話をね、ちょっとしてたんですけれども」

何でも最初はネットでもあまり話題になっていなかったようですね。マスコミがかぎつけてからネットで盛り上がり、そして謝罪騒動にまでなった・・・というのが本当のようです。まぁ仕組まれたわけではないでしょうし、発言そのものは決して褒められるものではありませんが、こういう取り上げ方をされて本人も戸惑いはあるでしょうね。

今はラジオを聞いていない人でもネットですぐ発言の内容がわかってしまいますし、良くも悪くも評判が広まってしまいますよね。これも時代の流れなのでしょう。かく言うウメもネット→ブログの恩恵で交友範囲が広がったり、情報を発信できたりしているので一概に悪いとは言えませんが、こういう時代だからこそ、自分のことには責任を持たないといけませんね。

WindowsXPの草原

Lxr20080208_2

この草原の絵。Windowsのパソコンを使ったことがある人なら一度は見たことがあると思います。WindowsXPのパソコンに標準で入っている「草原」の壁紙です。

この草原は実在するそうで、アメリカはカリフォルニア州にあるそうです。ほぉ~。マイクロソフトのことだから絶対にCGかなんかで処理しているものと思いきや、実在の草原だったのですね。

こんな何もない草原で一人寝っ転がって人生について考えてみたら、何か新しい発見があるでしょうかねぇ。

2008年2月12日 (火)

今日すべきこと

タイトルだけ見ると崇高なイメージですが、コレを教えてくれるサイトができたというお話です。

「今日すべきこと」というそのままのタイトルで、名前を入れるだけで今日するべき事を教えてくれるというただそれだけのサイトです。「名前を入力するとあなたが今日すべきことが5つ検索され表示されます。一つ一つに重要度が記されてありますので高いものから挑戦してみよう。」ということです。ちなみに携帯版もあります。

というわけで、2月12日にウメがすべきことを教えてもらいました。(本名を入力しました。)

  • 夫婦の気分でスーパーでお買い物♪[重要度:67%]
  • 全身シマムラ服でフランス人のまねをする[重要度:64%]
  • 借りたお金を返す。[重要度:52%]
  • ジムのインストラクターを口説く[重要度:27%]
  • 逃げ道を断つ!![重要度:15%]
  • なるほど。ちなみに夫婦の気分かどうかは知りませんが、主婦気分でスーパーへお買い物には行きました!おぉ、すべきことをしてしまいました!

    残念ながら主婦の必須アイテムしまむらの服は持っていないので、着てフランス人のまねはできません・・・。お金も借りていません・・・。ジムのインストラクター・・・知り合いがいません。あぁ、すべきことができていない・・・。

    あ、逃げ道を断つ!これだけ妙に人生を問われているような気がします。確かに、逃げ道を用意するような人生は男らしくないしおもしろみがありませんぜ!でも、やっぱり何も無いのも怖いしなぁ・・・なんて良いながら今日ものほほんとブログを更新しているわけですよ・・・。こんなことをしていていいのでしょうか・・・。いいんだろうな・・・。

    マー君に似てる?

    ウメが最近似ていると言われる有名人が、東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大ことマー君です。特に目元が似ていると言われます。自分では気がつかなかったのですが、どうでしょうか。普段眼鏡をかけていても言われるので、それなりに似ているってことでしょうか。

    あとは最近ずっと言われていなかったのですが、スマップの稲垣吾郎に似ていると言われました。うーん、そんな感じなんでしょうかねぇ。例えば、トリビアの泉の司会をしていた八嶋智人に似ていると言われたら、同じメガネだし本人も納得なのですが、マー君や稲垣吾郎って言われてもねぇ・・・。あ、あと3年B組金八先生のちょっと前のシリーズに出ていたジャニーズJr.の風間君に似ているとも言われたことがありました・・・あ、でも最近は言われないな。年を取ったからでしょうか・・・。あぁ、目尻のしわが・・・。

    あとたまに言われるのが、友人の個人的な知り合いに似ている、ということ。自分の先輩に似ているとか、高校の同級生に似ていると言われても何とも言いようがないのですが、そんな感じで言われたこともあります。外見はどこにでも良そうな感じだけど、性格はなかなかいないタイプだとはよく言われます。それは褒められているのでしょうか、けなされているのでしょうか。ま、個性あふれると言うことはよろしいことでございましょう。

    でもね、どんなに顔が似ていても、私は一人しかいないのですよ。私を見てっ!

    100円の味変わりました?

    庶民の味方「マクドナルド」の100円マック。100円でハンバーガーやらお飲み物やらが買えるのでちょっとした時間つぶしや小腹が減ったときなんかに重宝しますよね。それにしても100円ポッキリでいろんなものを売っていて、マクドナルドは儲かっているんでしょうか。なんでもバリューセットで相当もうけているそうですがね…。ウメはマクドナルドの経営を支えている?一人でしょうか。

    さて、そんな100円マックの代名詞?ホットコーヒーの味が変わったという記事を見つけました。ウメはあまりコーヒーを注文することはないのですが、先日たまたまコーヒーを注文したときに入れ物がオサレになっていた気がするんですよね。ウメは味の違いがわからなかったのですが、なんでも「プレミアムローストコーヒー」なるものに順次変わっていて、15日からは全国のマクドナルドで変更が完了するそう。

    で、何がどう変わったのかというと「全店舗でハイスペックのコーヒーマシンに統一し、コーヒー豆をレベルの高いものにし、カップとフタも新しいものにする。ブラジル、コロンビア、グアテマラ、エチオピアの4カ国から、ハイスペックなアラビカ豆だけを厳選してブレンドしています。」だそうな。ようわからんがおいしくなったと言うことなのでしょうか。

    ウメはコーヒー味音痴で、基本的に眠気覚ましの目的で飲むので、極端な話インスタントコーヒーで十分なのですよ。ドリップして入れたものと味の違いはなんとかわかるのですが、どちらにしても砂糖とミルクをたくさん入れないと苦くて飲めないですし、コクとかその辺のコーヒーのおいしさというのがどうもわからないのでございます。なので、今回のリニューアルにも気がつかなかったのでしょうか。

    ウメが気づいた所と言えば、入れ物。飲み口の部分だけを開閉できるようになり、ハイテクな感じがいたします。こぼれにくく冷めにくいなかなかのアイデアだと思います。むしろ入れ物が変わっていなかったら気がつかないくらいの変わりよう・・・ってことは無いと思いますが。

    記事では「味が濃くなった」そうです。濃くなった・・・前の味なんて全然覚えていませんので、何とも言えませんが、コーヒーらしさがでたということでしょうか。皆さんも100円で手軽に味わえるコーヒーの味を今一度確かめてみてくださいね。

    【手話224】冬集会に参加しました

    やはり集会というのは出会いが楽しいですね。今度の集会では分科会でも発言できるように頑張ります。京都手話通訳問題研究会の本「おかあさんどうして手話通訳してるの?」もどうぞよろしくお願いします!
    (8分24秒)

    携帯電話からはこちら。
    http://video.nifty.com/cs/catalog/video_metadata/catalog_080212061724_1.htm

    御茶ノ水駅

    JR中央線と総武線が乗り入れているJR御茶ノ水駅。それぞれ快速と各駅停車が対面で乗り換えられる構造になっている便利な駅なのですが、駅そのものは非常に不便だという声があがっています。

    というのは、御茶ノ水駅にはエスカレーターもエレベーターも無いのです。かなりの乗客が利用する駅なのに、どちらも設置されていません。利用したことがある人なら分かると思いますが、立地がものすごい場所に立っていて、エスカレーターやエレベーターなどが非常に作りにくいのだそうです。そんな御茶ノ水駅の近くには大きな病院がたくさんあって、バリアフリー設備を求められている駅なのですが・・・。

    そんな御茶ノ水駅に対してバリアフリー対策を望む声の署名が1万2000集まったそうで、JRに提出されるそうです。一日に相当な数の電車が往来し、相当な数のお客さんが利用する駅なので、工事などは難しいとは思いますが、なんとか今の建築技術を結集させてバリアフリー設備を整えて欲しいものです。

    個人的にはオレンジと黄色の電車がひっきりなしに行き交う御茶ノ水駅は好きなんですけどね・・・。

    2008年2月11日 (月)

    カスタモ

    携帯の待ち受け画面、皆さんはどのようなモノにしていますか?ウメも一時期はアイドルや歌手の写真を待ち受け画面にしていた・・・なんて時期がありましたが、今はもっぱらカレンダー壁紙で実用性中心。

    壁紙もそうですが、最近では携帯のメニュー画面や配色などを手軽に変えられるような機能もついてきています。シャープの携帯電話では「カスタモ」というサービスをやっていて、好きなテーマを選んでダウンロードし、設定すると一括して携帯のメニュー画面やらを変更することができるものです。

    「カスタモ」以外でも他のメーカーで同じようなサービスをやっていますので、一度探してみてください。携帯の外観は変えたけど中身も変えてみたい・・・という人には良いかもしれません。

    ウメはつい先日までこの「カスタモ」を使ってウルトラマンのメニュー画面にしていました。メールを送るときにウルトラマンが飛んでいくんです。なかなか良かったんですけど、肝心のメニュー画面の基調の色が赤なのでちょっと見にくかったですね。ウメが持っている機種の場合はスヌーピーやミッフィー阪神タイガースやインベーダーなどもありますので、シャープの機種をお使いの場合は一度のぞいてみることをオススメします。

    多くのデザインが有料ですが、1回500円までとなんとか我慢できる?範囲だと思います。月額ならウメもやりません。ま、気分転換にはいいのかな、って思います。

    2008年2月10日 (日)

    満杯の全体会

    満杯の全体会
    全通研みえ集会、分科会も無事終わりまして、現在全体集会中です。

    分科会では、ウメは結局一言もしゃべらないまま終わってしまいました。テーマ選択を間違えたのか、発言できるような話題にはならなかったのですが、それでも色々と勉強させてもらいました。たまに睡眠学習でしたが…(ああいう会ってなんで眠たくなるんでしょうね)

    今回は全体集会の会場が手狭で、人が一杯で立見もでるくらいの盛況ぶり…というよりもやっぱり部屋の収容人数が絶対的に足りていない感じです。
    熱気がムンムンしておりまして、モワっとして気分が悪くなりそうです。部屋の端っこで大人しくしています。

    それにしても、毎年の全通研の冬集会は活気がありますよね。講演を聞いたりするのとはまた違って、意見が飛び交うのが特徴です。
    レポートをもとにした議論や、各地域の情報交換など、参加された方は有意義な時間を過ごしたと思います。

    ウメは京通研の新しい本の販売にもまわり、それはそれで楽しみました。体調も崩れる事なく、なんとか無事に終えました〜。ほっ。

    が。実は三重はこれで終わりではなく、ウメは実はもう一泊するのでございます。デートではありません。お見合いでもありません。ある意味修業と言えばいいでしょうか。
    また日を改めてご報告します。

    法則を手話で

    数年前に流行った「マーフィーの法則」ってありましたよねぇ。社会生活の中であるある的な哀しい法則を挙げてヒットしたと思うのですが、今でもインターネットで調べたら色々出てきます。

    日本語で見ればそこに書かれた表現から、その法則が持つおもしろさを理解することが出来ますが、例えばこれをマーフィーの法則がどんなものかを知らないろう者に手話で伝えるとき、その字面をそのまま手話に翻訳しても伝わらないかも・・・と思うことがあったのです。

    生活様式の違いなど、いろいろな面があるとは思いますが、短い文の裏側にある法則の面白い部分をどう説明するか・・・ちょっと考えてみると翻訳の勉強になるかもしれません。下に法則の一例を挙げておきますので、「あるある」とお楽しみいただいた後は、どう通約するか考えてみてくださいね。

    <一般論>
    ・99%の確率で成功する場合、残りの1%の確率はやけに高い
    ・自分が狙っているものは、他人も狙っている。
    ・「~にそっくり」って言われる女の子は可愛くない。
    ・複雑な計算問題の答えは、0か1である。
    ・アメリカ映画は、いつも全米No.1である。
    ・理系は、100行を1行にする。文系は1行を100行にする。
    ・見たくないものこそ、目に入る。
    ・自分の悪いしぐさは、鏡に映らない。
    ・言い訳をすると怒られる。言い訳をしないと怒られる。
    ・「わかったような、わからないような…」と言ってる人はやはりわかってない.
    ・暇があればお金がない。お金があれば暇がない。
    ・危機的状況とは「すべてを無かったことにしよう。」とは言えないときである。
    ・忠告の善し悪しが判断できる人は、忠告を必要としていない。
    ・機械は動かないことを誰かにみせようとすると動く。

    エレベーター
    ・長時間待っていると2台まとめてやってくる。
    ・すぐに来たと思ったら各階に止まる。

    <運命論>
    ・先に行っても誰もついてこない。
    ・チャンスは誰にでもやってくる。それをつかめるかどうかが問題である。
    ・自分が思ってるほど、他人からは不幸に見えない。
    ・不幸が起きてからその予兆に気づく。
    ・みんなが見ている前では奇跡は起こらない。
    ・自分がうまくいってる時、他人はもっとうまくいっている。
    ・人生最大の運はどうでも良い局面で行使される。
    ・学歴・資格・給料 は無能な人間が一番ほしがる。
    ・「お互い様」を強調するのは、常にわがままを通そうとする方の人間である。

    <社会学>
    ・無理をするなと言う人ほど、無理をさせている。
    ・不要だと思って捨てたプリントは、すぐに必要になる。
    ・必要だと思って取っておいたプリントは、必要にならない。
    ・電話をかけ始めると共に、話す内容を忘れ始める。
    ・ものを知らない人間ほど、難解な言葉に頼る。
    ・修正液が乾いたかどうかは、上書きしたときにわかる。
    ・乾く頃には修正内容を忘れている。
    ・「順調」というのは「間違いに気づいていない」という事である。
    ・うまくいってるのかどうかわかってないときは、うまくいっていない。
    ・店長候補募集で募集している仕事は店員である。
    ・完成にかかった時間がスケジュールであり、完成にかかった費用が予算である。
    ・会社を辞めたいとき、世の中は不況である。
    ・どんなに素晴らしい仕事を上司に示しても、上司はその結果に手を加えようとする。
    ・何かあった場合に、自分と同じ窮地に立たされる人を信頼せよ。

    部下・上司
    ・賢いと感じる部下がいる場合、彼はあなたよりもはるかに賢い。
    ・馬鹿だと感じる部下は、そう思うあなたより賢い。

    ・「君だけに話しておくが」は、みんな知っている。
    ・上司に「ちゃん」付けで呼ばれた場合、とんでもないことを頼まれる。

    <経済学>
    ・どんなことでも思っているよりお金がかかる。
    ・「品切れ御免」は、品切れしている。
    ・「半額大処分」は、半額のものである。
    ・「円高還元」は、輸入品とは関係ない。
    ・「最終処分」は、最終ではない。
    ・「在庫一掃」は、まだまだ売れ残っている。
    ・「目玉商品」は、使い物にならない。
    ・「一流メーカー」は、二流である。
    ・「色・柄が異なることがあります。」は、変な色や柄のものしか売ってない。

    ・時給800円以上とあれば、800円である。
    ・誰かが得をするためには、誰かが損をしなくてはならない。
    ・誰かが損をしたからと言って、誰かが得をしたとは限らない。
    ・宣伝カーは何もして無くても「ご声援ありがとうございます」と言う。

    <心理学>
    ・「かわいそう」と口に出して言う人は、そう思ってない。
    ・話したくないと思った人ほど、話しかけてくる。
    ・おもしろい夢の話はしゃべってる本人にしかおもしろくない。
    ・「眠りに落ちる気持ちよさ」は「眠ってはいけない度」に比例する。
    ・他人を待たせるより、他人を待つ方が長く感じる。
    ・苦しい時の神頼みはみんなするが、うれしい時に神に感謝するのはみんな忘れている。
    ・空腹は認識したとたん、加速度的に激しくなる。

    <恋愛論>
    ・あなたにやさしい相手は誰にでもやさしい。
    ・「とても良いコだよ。」と紹介された場合、その女の子は美人ではない。
    ・女の子が別の子を「かわいい・美人」という場合その意見が男性の支持を得ることは無い。
    ・「いい人だから」と紹介される事はとりえが全く無いことを示す。
    ・「~と言いたい」と言ったとき、あなたはすでに言っている。
    ・「怒るぞ」と言ったとき、あなたはすでに怒っている。

    ・追うと逃げる。
    ・逃げても、追われない。
    ・どうでも良くなると寄ってくる。

    ・町中でかわいい女の子が笑顔で走ってきたら、自分の後ろにかっこいい男がいる。
    ・あるいは宗教の勧誘である。

    <コンピューター学>
    ・時々発生する故障の確率は、修理屋が来た時が最も低く、帰った直後が最も高い。
    ・変換ミスは印刷中に見つかる。
    ・非力なマシンほど効率的に使われる。
    ・あまりに非力なら使われない。
    ・急いで終わらせようとすると不調になる。
    ・パソコンはたたいても直らない。
    ・家電はたたかないと直らない。
    ・いずれもたたきすぎると壊れる。
    ・忙しい時は単純なゲームでも面白い。

    ユーザーサポート
    ・いつも話し中である。
    ・10回かけ直して反復動作的に受話器を置くと、最後に呼び出し音がなっていたことに気づく。
    ・さらに10回かけ直してつながっと思ったら、
     「本日のサービスは終了しました」というテープ音が流れる。

    <アカデミズム>
    宿題
    ・全然やっていないと指される。
    ・全部やってあると前の人で終わり。
    ・途中までやってあるとやってないところが当たる。

    ・テストの見直しで自分の答えに疑問を持ったとき、
     それを書き直しても書き直さなくても不正解となる。
    ・教師とは板書を邪魔するように移動する生物である。
    ・普段出席を取らない教授の授業を休むと、その時に限って出席を取っている。
    ・「一限目は休講」。ただしそれを知るのは当日の朝である。
    ・「全然だめだった」という人はそれほどだめではない。
    ・解らないことがあるという人は解っている。
    ・本当に解ってない人は、解っていないことさえ解ってない。
    ・「自明である」というのは本人もよく分かっていないという事である。

    <マスメディア>
    ・録画予約したテレビ番組の前の野球中継は必ず時間が延びる。
    ・ニュースの悲惨さとその直後のCMのばからしさは比例する。
    ・CMの前に「まだまだ続くよ」と出たら、もうすぐ終わりである。

    ドラマ学
    ・感動的なシーンに限って臨時ニュースが入る。
    ・長いシリーズほど最終回はあっけない。
    ・長いシリーズほど最終回を見逃す。
    ・最終回を見逃した番組は再放送でも最終回を見逃す。

    殺人事件ドラマ学
    ・美人は殺される。
    ・殺されないときは犯人である。
    ・その際、最後に犯罪を告白して自殺する。
    ・事件現場には必ず関係の無いものが落ちている。
    ・そこに落ちているものには一番怪しい人物のイニシャルが彫られている。
    ・その怪しい人物は犯人では無い。
    ・番組の途中で死ぬ人は必ず遺書を残す。
    ・それを発見した人物は必ず声を上げて読む。
    ・主人公は、事件とは関係ないことをしているときほど、トリックを見つける率が高い。

    <医学>
    ・「ダイエットしなきゃ」と言う女性はそれほど太っていない。
    ・医者は修理できなくてもお金を取る。

    <移動理論>
    ・駐車違反やスピード違反で捕まったときに、運が悪いとしか考えない。
    ・曲がるべき角は、今通り過ぎた角である。
    ・時間短縮でした近道は遠回りになる。
    ・出発前の準備は、いくら時間があっても、出発30秒前に色々やらなければならないことが出てくる。
    ・降りたくない駅で何度も降ろされ、降りたい駅では降ろされない。
    ・タクシーが目的地に着く寸前に料金が上がる。
    ・正面から自転車が来て避けたとき、相手も同じ方向に避ける。
    ・座席の隣でかわいい女の子がコックリコックリしている時、
     もたれかかるのは反対側である。
    ・おじさんだとこっち側である。

    <料理学>
    ・一生懸命作った料理よりも、手抜き料理の方がおいしい。
    ・冷蔵庫の中の物は新しい物から消費される。
    ・古い物はいつまでも残っている。
    ・冷蔵庫の中で忘れたおかずは2日目も忘れる。
    ・2日忘れた物は3日目も忘れる。
    ・食べる勇気も、捨てる勇気も無くなる。
    ・焼き肉屋のバーナーの火力は、食欲に反比例する。
    ・「当店おすすめメニュー」はおいしい料理という意味ではなく、
     その日に一番多く仕入れた材料で作られた料理だという意味である。

    <ギャンブル>
    競馬
    ・馬券を買わずに予想したときに限って当たる。
    ・どんな不可解な結果に終わったレースにも、必ず理路整然とした解説が用意されている。
    ・もし、出走する馬の中に豚が交じっていても、その豚の「馬券」を買うやつはいる。
    ・金の無いときは負ける。

    パチンコ
    ・もうそろそろ出るだろうと思ってやっても最後まででない。
    ・はじめの1000円で当たると、次の当たりまで10000円は使う。
    ・勝った金額は覚えているが、負けた金額はすぐ忘れる。
    ・財布に1000円残すくらいなら、その1000円に夢をかける。
    ・お金が無くなって、初めて負けたことに気づく。
    ・自分の座った隣の台はよく出る。
    ・出ないからといって、移ると、次に座った人が出す。
    ・時間の無いときに限ってよく当たり、時間があるときは全然当たらない。
    ・やらなければ決して損はしない。
    ・勝ってすぐやめられるなら、はじめから来てはいない。
    ・いつも、あと一回当たったらやめようと思ってやっている。
    ・しかし、その一回がなかなか来ない。

    ・勝った金額を記録し始めると負ける。
    ・久しぶりにやったギャンブルは大勝ちする。
    ・大負けした次の日のギャンブルは、必ず負ける。
    ・もうやらないと誓っても、3日もたない。
    ・かなり勝ったと思っていても、たいして勝っていない。
    ・勝った話はするが、負けた話はしない。
    ・神の存在を信じたくなることがある。
    ・当たりが出た宝くじ売り場では、買う人が増えるので、また当たりが出やすくなる。
    ・生活のかかったギャンブルは必ず負ける。
    ・すべてわかっている。

    <気象学>
    ・目的地に着いたときに、もっとも強く雨が降る。
    ・天気予報は肝心な時に悪い方にはずれる。
    ・雨を降らせない最良のおまじないは、傘を携帯することである。
    ・雨を降らせる最良のおまじないは、洗車をすることである。
    ・必ず一度、間違えて時報にかけてしまう。

    <日常生活論>
    ・探し物は最初に探す場所に必ずあるが、最初に探したときには見つけられない。
    ・寝ているときにかかってくる電話は間違え電話である。
    ・もう一度寝ようとすると、もう一度同じ相手からかかってくる。
    ・受話器にふれようとすると切れる。
    ・放っておくと、鳴り続ける。
    ・電話で1時間おしゃべりすると、現実では2時間が経っている。
    ・朝6時にセットすると、夜6時になる。
    ・エアコンの温度調節にちょうどいい加減は存在しない。
    ・たいして忙しくない人ほど、待ち合わせに遅れる。
    ・商品購入の勧誘において、あなたは必ず「選ばれた人」である。
    ・頭を動かすなといわれると、鼻がかゆくなる。
    ・70%~90%OFFで売られている商品に正当な原価は存在しない。
    ・自分の部屋で拾ったお金は、元々自分の物であり、儲けたわけではない。
    ・記念に残しておきたい記念品は無い。
    ・消耗品をまとめて購入するとなかなか消費されない。
    ・子供が購入をねだるのは必ず、クラスの「みんなが持っている」ものである。
    ・この「みんな」が2~3人を意味しているなら、その子は普通の子供である。
    ・この「みんな」が本当に「全員」を意味しているなら、その子は驚異的忍耐力の持ち主である。

    <問題学>
    ・解決できれば、本当の問題ではない。
    ・計画通りに行くものはない。
    ・いくつかの行動の中からどれかを選ばなければならないという重大局面を迎えたとき、ほとんどの人は最悪の行動を選ぶ。

    <囲碁>(C)1995 H.Takahashi
    ・隣の盤をみる相手の顔に「投了しろ」と書いてあったら形勢は悪い。
    ・自分の石には常に凌ぎ筋があり、相手の石には常に凌ぎ筋がない。
    ・囲うと地がなくなる。
    ・上手が読んでいる以外の場所に打つ時に勇気がいるのは下手である証拠。
    ・下手は囲みたがり上手は攻めたがる。
    ・20目差は細かい、50目差は挽回出来る、という事に最低一人の賛成者がいる。
    ・第一感の着手を打たずに不利になった時、後悔の度合いが大きくなる。
    ・痛いと口からもれるときは痛くない。
    ・鼻歌がでるときは勝っている。少なくとも本人はそう思っている。
    ・鼻歌が止む時は事件が起きたと自覚した時である。
    ・先手で打って欲しくない所は打たれる。

    <その他>
    不動産屋の法則
    ・「徒歩10分」は20分である。
    ・「閑静な住宅地」はさびれてて近くにお店も無い。
    ・「公園隣接」は公園に歩いていけなくもない。
    ・「南面」は南に少しでも向いている。

    ・靴ひもがほどけた場合、どんなにきつく結んでも次にほどけるのは同じ足のひもである。
    ・世界征服をねらう悪者は、幼稚園の送迎バスを狙う。(ほげほげレンジャー)
    ・凶暴な怪獣ほど中に入ってる人間の形が分かる。
    ・「あなたは頑固だ。」という人間は頑固である。
    ・ノーコメントは肯定である。

    « 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

    クリックお願いします


    • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

    ウメダス広告

    • 01.おすすめの商品
    • 02.売れ筋の商品
    • 03.ウメダス商品

    手話関連ニュース

    ウメダスカウンター

    • FC2のカウンターです。
    • ウメダス閲覧中の方
      現在: