2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »

2008年4月13日 - 2008年4月19日

2008年4月19日 (土)

肉無し健康食

肉無し健康食
アジの開きに玉子豆腐、レンコンのきんぴら、餃子の皮を使ったピザ、ほうれん草入りみそ汁、そして京風桜ごはん…。

け、健康的すぎる…。

肉ばかりだけではなく、たまにはこんな食事もしているのです。これは料理好きの友人が作ってくれたものをお呼ばれしました。ウメにはできない芸当なので尊敬します。

いやー素晴らしいですね。外食ばかりのウメにとっては貴重な栄養摂取食ですな。うまかったです。

2008年4月18日 (金)

新しいドコモ

dcm00

ご覧の通り、NTTドコモのロゴが新しくなるそうです。今日発表されたそうで、7月1日から新しいロゴマーク、ドコモショップのイメージも変わるそうです。今までずっと慣れ親しんできたCOを中心としたクルクルとした曲線にDoCoMoの文字が、ずいぶんとかわいらしくなりました。7月以降に発売されるドコモのケータイにもこのロゴがプリントされるのでしょう。

NTT関連会社としては思い切った変更です。若者には受け入れられやすいデザインでしょうね。丸みを帯びたのが今風って感じでオサレです。ビジネスマンはどう感じるでしょうか、でもそんなに派手でもなく、これはこれで良いと思います。現在のソフトバンクなんか、デジタルホン→J-PHONE→Vodafone→ソフトバンクと、ロゴどころか社名が4回も変わっていますからねぇ。その間ずっと同じ社名、同じロゴを使っていただけすごいです。

6月1日からは障害者割引の「ハーティー割引」も変更されて、今までの基本料金半額から60%引き、テレビ電話の通話料の割り増しがなくなる、機種変更手数料が無料になるなど、ろう者にとってはうれしい改定内容です。特にテレビ電話通話料の割り増し無しはうれしいんじゃないでしょうか。

他の会社も大々的なキャンペーンばかりで新規ばかり獲得するんじゃなく、こういう地味な改良を重ねてユーザーを集めていって欲しいものです。

初代新幹線

20080417-00000028-jijp-soci-view-000

JR西日本が大事に使っていた初代新幹線0系を、引退するまでの間昔の色に塗り直して運行するそうです。その写真がこちらです。現在JR西日本で走っている0系はモスグリーンみたいな、三井住友銀行色と言うのでしょうか、不思議な色合いをしていましたが、やっぱりこの色じゃなくちゃね。

ウメが新幹線に乗る機会があったときには、この0系と100系が走っていましたが、0系が来るとガッカリしたものです。しかも座席の半分は強制的に後ろ向きに走らされるので気分が悪くなることもありました。しかし今回は内装はすでにリニューアルされていますし、乗り心地は感慨深いものがあるかもしれませんね。

時速220キロしか出せないので、あと少しで引退になってしまいますが、せめて博多~小倉間とか、新神戸~京都間とか、ミラクルなアイデアで残してくれないですかねぇ。

どこまでできるか

自分がどこまでできるのか。

可能性の限界はどこまでなのか。

どこまでやってしまっていいのか。

そんなことを考えさせられた一週間でした。あぁ、明日は寝るぞ(笑)

2008年4月17日 (木)

うまいネーミング

うまいネーミング
仕事やらなんやらで疲れたときは焼肉!って訳じゃないんですけど、肉食べて来ました。焼肉は久しぶり。

偉大なる友人Uさんに連れていってもらった「カリブの海賊」ならぬ「カルビの海賊」。ベタなネーミングですがうまい。

値段が安いのが特徴で、よく食べるUさんと一緒なので安いのは助かります。ご飯大盛2杯食べてたな…。
肉を貪り食うことに集中して、肝心の肉焼けシーンを取り忘れましたが、載せてどうなるものでもないのでご容赦ください。

しかしウメはこの後しばらくは健康的な食事が続くのでありました…。

2008年4月16日 (水)

センターへの案内図

センターへの案内図
京都市営地下鉄東西線西大路御池駅にある、(京都の情報提供施設の)京都市聴覚言語障害センターへの案内図。

この駅は今年1月に開業して、センターに行くのに便利になりました。ここから歩いて数分。こうやって案内図も整備されましたしね。

あとはウメが通い妻ならぬ、通い活動?をするだけですね。でも毎回地下鉄を使うとお金がかかる(初乗り210円!)ので、チャリか誰かの車に乗せてもらうようにしなくては…。

Eee PC 900

asus2

超小型パソコンが流行る先駆けとなったASUSTeKの「Eee PC」 の次期モデルが正式発表されました。いよいよ発売が近いとのことで、これはまたウメの物欲を刺激しそうです。

液晶が800×480ドット(WVGA)表示対応7型ワイドから1,024×600ドット(WSVGA)表示対応8.9型ワイド、Windows XP Home Editionモデルは12GB(4GBオンボード+8GBフラッシュ)、タッチパッドが「FingerGlide」と呼ばれるマルチタッチ技術を搭載、CPUはIntel製(前モデルはCeleronM900MHzだったそう)、メモリがDDR2 1GB、IEEE 802.11b/g無線LAN、130万画素Webカメラ、SDカード(SDHC)/MMCスロット、USB 2.0×3、ミニD-Sub15ピン、イヤフォン、マイク、Ethernetなど。

重さはは990gということでまた1キロを切ってきました。これでバッテリーがどのくらい持つか、お値段はいくらくらいになるかによってウメが買うかどうか、売れるかどうかが決まりそうです。液晶が高精細になって、Webカメラもついていて、ハードディスク(というかSSD)が12GBに増えたので実用的になりました。WindowsXPが快適に動きそうです。

うーん、いくらになるかなぁ・・・。ほしいなぁ・・・。(具体的な使い道は特になし)

馬が象サイズ

日本漢字能力検定協会が、パソコンや携帯電話の誤変換の「変”漢”ミスコンテスト」の結果を発表し、優秀?な22作品を公表しました。その作品は下記の通り。

それにしても、偶然の産物とはいえ素晴らしい作品ばかりですねぇ。こうやって笑うくらいならいいのですが、ビジネスの場では気を付けないといけません。

1「馬食い家内が象サイズになった」(うまくいかない画像サイズになった)
2「○○さんの質問は幼虫以下と思います」(○○さんの質問は要注意かと思います)
3「日本の卑怯100戦」(日本の秘境100選)
4「少額制問題。水野さん大変かを書け」(小学生問題。水の三態変化を書け)
5「何か父さん臭い時がある」(何かと胡散臭い時がある)
6「胸囲ないもんね。ゴメン~!」(今日居ないもんね。ゴメン~!)
7「老いて枯れた感じだ」(置いてかれた感じだ)
8「あの人もう重役になったんだって」(あの人猛獣役になったんだって)
9「裸のままですけど、放送しないんですか?」(裸のままですけど、包装紙ないんですか?)
10「肋骨食って下さい」(6個作って下さい)
11「おれは鹿になった」(おれ麻疹になった)
12「漁解禁よウニお願い」(了解金曜にお願い)
13「新宿は謎の郵便局」(新宿花園郵便局)
14「私魔性」(渡しましょう)
15「今日中に強盗見学できます」(今日12号棟見学できます)
16「豚以下集う」(部隊活動)
17「蚊割ると黄なんだよ」(変わる時なんだよ)
18「職辞し田植え出来てください」(食事したうえで来てください)
19「ふんわり祖父と間食が楽しめます」(ふんわりソフト感触が楽しめます)
20「恋人立ち退き説」(恋人たちの季節)
21「口臭か胃の出血を確認してください」(講習会の出欠を確認してください。)
22「あなたの小鳥怪死体」(あなたのこと理解したい)

2008年4月15日 (火)

CSのリアルタイム通訳

今まで数回「イベント」「イベント」と言っていましたが、結局何だったかと申しますと、CS障害者放送統一機構の目で聴くテレビがやっている「リアルタイム通訳」というものをさせていただいたのです。本日。偶然でも、知っててでも、ご覧になった方はいらっしゃったでしょうか。「アイ・ドラゴン」を持っていないと見ることができないので、ご覧になった方はそれほど多くないかもしれませんね。

この「リアルタイム通訳」というのは、一般のテレビ番組の内容をその場で生放送で通訳をするというもの。今回はNHKの「クローズアップ現代」をやらせていただきました。そもそもなんでウメがやることになったのかというと・・・というのを話しても仕方がないのですが、通訳担当の方と縁があってウメが「やってみたい」と名乗りを上げたことから実現したわけなのでございます。

フツーはこういう難しい通訳(事前資料無し、一発本番、カメラあり)でさらに(CSとはいえ)テレビで放送される通訳はいやがる人が多いですよね。それをやってみようっていうんだからやっぱりウメは変わり者でしょうか。顔も売れるし、手話の下手くそなところも見てもらえて改善してもらえるし、小銭は稼げるし(笑)、空き時間は有効に活用できるし、といいことだらけなので、やってみたわけです。

いやーそれにしてもNHKで落ち着いた番組とはいえ、番組の内容を初聞きで通訳っつーのはヒジョーに難しいですね。しかも初なのでキンチョーしちゃいますし。しかもさらに下には字幕もでちゃうのでできているかどうかもバレちゃうし!

ひゃーすごいものをやってしまいました。とりあえずやり終えてしまいました。家に帰っても興奮は若干収まりません。ちゃんとできていたのだろうか、ろう者に通じていたのだろうか、というのを考えすぎると不安になるので、そこそこに考えるとして、非常に良い経験をさせてもらいました。縁がなければやりたくてもできないものですもんね、こういう通訳って。

ウメの場合はブログで顔を出していますが、そんなもんがヘに思えるくらいでした。ブログではWebカメラに勝手なことをしゃべればいいだけですが、通訳、しかも生放送となると一発本番、間違えられませんからね・・・。はぁ~いい緊張感。

というわけで、やってしまいました。CSデビュー。またお呼びがかかればいいんですけどね・・・(^_^;)

派遣制度は万全か

今日、職場のお昼休みで行政がやっている通訳派遣制度についての話題になりました。ウメはやっとこさ京都府の派遣に登録作業をしている段階で、まだ実際に動き始めていないので、偉そうなことは言えないのですが、なんだか難しい課題を感じたんです。

というのは、まず派遣先がどこかによってもサービスが違ってしまいますよね。都道府県での広域派遣も自立支援法施行により無くなってしまったところも多いですし、かといって済んでいる市町村が完全に手話通訳派遣制度を確立しているか、というと疑問ばかりが残ります。ただ、なぜこの状態からなかなか前に進まないのか、もっと良いサービスを提供する方法はないか、と考えることも必要なんじゃないか、と思うのです。それは行政や福祉の立場からだけではなく、なんというか、ビジネスの観点も少なからず必要になってくるのかなぁ・・・と。

というのも、市町村によって違うと思うのですが、ろう者が通訳派遣を依頼するのはだいたい1週間前でないとダメだそうです。それを聞いてウメは改めて考えさせられました。もちろん。急病や事故の場合は別なのでしょうが、ちょっとした通院や交渉ごと、商談などは日程が前から決まっていることも多いので問題はないかもしれません。それにしても1週間前っていうのはろう者にとったら長すぎるんじゃないかなぁと思ったのです。

逆に通訳者やコーディネーターの立場だったりすると、1週間前に依頼があっても通訳者の確保に必死で、なかなかつかまらない、前日にやっと決まる、なんてこともザラなようです。一通訳者として「明日行けますか?」なんて依頼があったら行けるかどうかはさておいて、やっぱり驚きますよね。

あとはファックスや窓口だけではなく、例えばインターネットやメールで通訳派遣依頼ができたり、テレビ電話でその場で派遣の交渉ができたり、ちょっと考えて設備投資すれば良いことがなかなか進まないのはやはり現場がきちっとしていないからなのかもしれません。現場にいる人を責めたいのではなく、行政が派遣を担うことで官僚的になってしまっていてマイナスになる面があるんだと思います。

そこをろう者・通訳者、両方の立場から少しでも使いやすい派遣制度にしていくためには、現状に不満を感じつつも、やっぱり派遣制度を使ってもらって改善の意見を挙げていくしかないんじゃないかな、と思います。面倒だから使わない、では意味がありませんし・・・。

究極に合理的なものにしたら、コーディネーターは全てパソコンが自動でやって、ファックスやメールの文字を読み取り、機械的に通訳者を割り当てていくので、1日前でもできる・・・そんな派遣制度だったら、もしかしたら使いやすいかもしれません。もちろん、いろんな意味でできないのは分かっているのですが・・・。

 

もう一度立ち返って、派遣制度について改めてウメも考えてみたいと思います。

イベント終了

いやー終わりましたー!カメラの前に立ってしまいましたー。緊張したぁー。

というわけで、全国?デビューしてきました。リアルタイム通訳ってやつです。詳しくは後ほど書きますが、とにかく「やりきった」と言う気持ちでいっぱいです。

こりゃーいい経験をさせてもらいました。この爽やかな達成感はなかなか味わえませんね。でも肝心の内容は…ですけど。あれ見てわかってもらえたかなぁ。

【手話241】春ですねぇ…

年度替わりは忙しいし色んなものが出ていきます。会費セールとかしないかなぁ(笑)
(5分45秒)

2008年4月14日 (月)

あっち系

突然ですが、聴覚障害者・手話通訳者の業界で「あっち系」と言われたらどの辺りを想像しますか???

こう表現すること自体がアレかとは思いますが、ウメは自分自身で「あっち系」なのか、そうでないのか迷うところがありまして。そもそも1つの業界にあっちもそっちもないのですが、ほら、あるじゃないですか、考え方の相違というか、何というか(濁ってきた)

聴覚障害の兄弟がいて、大学の手話サークルから手話をはじめて、手話講習会には通ったことが無く、一度普通の会社に勤めたけど辞めて、手話の専門学校「国リハ」に通って、今は聴覚障害者団体に勤めている・・・。

 

 

そんなウメは何系でしょ???

 

 

みんな仲良く・・・っていうのは言葉では簡単なんですけどね。

 

 

あれもわかる。それもわかる。でもそこはわからない。どうしてそういう考え方になるのかわからない。自分の考え方を出して良いのかわからない。だって今こんな状況だから。

 

 

そんな思想の狭間にいるような気がします。かといって苦しんでいるわけでもなく、自分は自分なのですよ。どんな肩書きや経歴が付こうとも、こんな手話をするウメはここにいるわけです。

 

 

そんなわけで、こんなウメをどうぞよろしくお願いします。

 

 

結局何が言いたかったのかはわかりませんが、こんなことが書きたくなったのです。

明日はイベントだぁ

ウメは明日も通常勤務です。いつもと同じように事務所で勤務した後、1ヶ月に1回の病院タイム。このサイクルも、もう2年間続けているわけですねぇ。月に1回のイベントなんてほどのものでもなくなってきました。ま、楽しみと言えば阪急電車に乗って高級感を味わえることでございましょうか。あのマルーン色はいつ見てもうっとりいたします。

しかし、しかしですよ。明日はそれだけではないのです。その後にも予定が入っているのです。

どうした?ウメ!そんな病院に行った後の時間にまで何をしようと言うのだ!?

はい。その後大阪は東天満と言う場所に向かいます。ここまで書いたのを見てピンと来たアナタ!そうです。そうなんです。とうとうデビューな訳なんです。って分からない人にはまったくわかりませんよね。すいません。どこまで書いて良いのかどうかわかりません・・・。XデーならぬXタイムは夜7時半、キャーどきどきする~。

明日は綺麗な格好していって、お化粧しなくちゃいけないわ、ウフ。というのはウソですが、少しでも皆様の視線に耐えられるよう、努力して参ります。

大仏キャラ

大仏に鹿の角が生えてしまった奈良平安京遷都1,300年を記念したマスコットキャラクターが未だに話題を呼んでいますが、奈良にはかつてものすごいキャラクターがいたそうです。

それは24年前、奈良で国体が開かれたときのキャラクターで「やまとくん」というもの。名前はいたって普通なのですが、その画像を見たとたん、ウメは吹いてしまいました。お茶飲んでなくて良かった・・・。画像をここに貼るのはあえてせず、キャラクターを紹介するブログへのリンクを貼っておきます。

24年目の真実 ~発見!!!奈良わかくさ国体 やまとくん~
http://blogs.yahoo.co.jp/kabulaya/53905622.html

これは衝撃的です。こんなキャラクターがあってよいのでしょうか・・・奈良、恐るべし地域です。

話を止めるタイミング

仕事の際の取引先や、それほど親しくない人と話したりするとき、例えば営業の人が電話口や窓口で説明を始めたときに、その話が明らかに自分対象ではないな・・・という話であることが分かったとき、どこまで話を聞いて取り次ぐかっていうのはタイミングがありますよね。

相手が一生懸命話をしているときに「私ではありません」って止めるのもなんだか雰囲気が悪くなりそうだし、聞くだけ聞いて「その話は・・・」っていうのも話させるだけ話させて失礼な気もするし・・・。ましてや相手が初対面の人だったりするとなおさらタイミングがつかみにくいものです。とかいいつつ、ウメは早めに見切りを付けて回してしまうタイプなんですが・・・。

こんなとき、ろう者としゃべっていて手話だったらそのタイミングがつかみやすいというか、うまく行きやすいかなーと思うのです。ろう者同士で初対面だったとしても、相づちや表情で「その話は自分対象じゃないよー光線」を出すことができるというか、(ウメはろう者ではないですが)出しやすいのでございます。

手話を覚え始めたばかりの学習者だと、手話の会話でのタイミングの取り方とか、話の受け答えの仕方とかが重要になってくるなぁ、と改めて思うわけですが、そういうのって誰から教わるものではありませんよね。ろう者との付き合いの中で身につけるしかない、というところでしょうか。

2008年4月13日 (日)

大量閉店

「いらっしゃいませ。デニーズへようこそ」でおなじみのファミリーレストランの「デニーズ」が約130店舗を削減、ウメも大好きな大型スーパーチェーンのイオンが「ジャスコ」「マイカル」を100店舗を削減するという話が立て続けに入り込んできました。

どちらも生活に同じ水面のになったファミレスやスーパーです。生活する上であるととても便利ですが、最近数が過剰気味になってきていて、お客さんの入りが少ないこともありました。採算が取れなくなってきたんでしょうか。店舗を運営するって難しいですよね。閉店するにしてもスクラップ&ビルドで効率的な経営をしていくのなら良いとは思いますが・・・。

ウメがかつて勤務していた家電量販店業界でも、ヤマダ電機が全国制覇で一人勝ちなんて言われていますが、レールサイド型と呼ばれる「○○カメラ」量販店は一つの店舗の売上高が高くて健全経営なのです。ただ社風は・・・ねぇ・・・もうちょっと働きやすい環境を整えていただきたいですね。

閉店と言えば、閉店セールですね。ウメの家の近くでもどこかしまっちゃうのかしら・・・。でもデニーズはセールしませんよね。

初めて見るタイプ

性格の話ではないですよ。

通訳者としてはいろんなろう者・聴覚障害者に対応できるような幅広い通訳技術を持ちたいと思っているのですが、つい先日考えさせられる事を言われました。特に不満とかそういうものではなかったのですが・・・。

数千人の前で通訳をしたこの前の集会を見ていたろう者が、ウメの通訳を初めて見たらしく「初めて見るタイプ」と話していたそうです。この初めて見るタイプというのが褒め言葉なのか指摘をしているのかまではわかりませんでしたが、なるほどーと思ったわけです。と、いうことはあんまり京都にいない通訳をするってことなんでしょうかねぇ。それは例の専門学校「国リハ」を出ているからでしょうか。

どんなタイプにしても、「お前の通訳分からない」と言われないようにこれからも精進していかなければいけないなぁと気持ちを新たにした次第でございます。

【手話240】春眠…

「春眠暁を覚えず」・・・ウメの場合は春だけではないようですが…。ちなみに本当に寝起きで撮影しています。正しくは何を話そうか考えている間に寝てしまったのですが。
(3分52秒)

« 2008年4月6日 - 2008年4月12日 | トップページ | 2008年4月20日 - 2008年4月26日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: