2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2008年4月6日 - 2008年4月12日

2008年4月12日 (土)

BIGMAN

BIGMAN
大阪は阪急梅田駅コンコースにある巨大ディスプレイ。これを「BIGMAN」と言うそうです。

待ち合わせ場所としても有名らしくて、最初BIGMANで集合と言われたのですが、なんのことか全くわかりませんでした。
何故か「あしながおじさん」の映像が浮かんできたのはなぜでしょうか…。

ちなみにデートの待ち合わせでもなんでもありませんからぁー残念!切腹!(古い)

ちぃずはんばぁぐ

Image1041

ファミリーレストラン、すかいらーくのチーズ入りハンバーグです。なんて紹介しているのに、チーズが入っているかどうか確認できない状態で撮影してしまいました。食べ始めると止まらないのでご容赦ください。

中にチーズとコーンが入っていたでしょうか。こういうコラボレーションにウメは弱いのです。左上に見えるじゃがいもの高ポイント。

エンゲル係数が徐々に上がっています。その代わり家計に占める家電製品の額「ウメデン係数」を下げて対処いたします(笑)

2008年4月11日 (金)

お弁当記念日

お弁当記念日
はーい。とうとうウメもお弁当を作ることになりましたー(^0^)/

ウソです。

ウソに決まってます(笑)

いや、万が一ウソじゃないかもしれません。

でもウソです。

職場の先輩が作ってきたお弁当を撮影させてもらいました。「いやーん恥ずかしいー」と言いながらも「斜めに写したほうが見栄えがいいかしら」と協力的でございました。
先輩のお子様が、今春から晴れて中学に入学されまして、昼食が給食からお弁当にかわったのです。

そうです。全国のお母様が体験する「お弁当作りゾーン」に突入したわけですね!下のお子様が高校を出られるまでこれから8年間続くのです。
ウメ母も十数年、時には複数個を毎朝作ってくれたものでございます。「アンタは食べないもんが多いから大変」と言いながらも…。

母は偉大ですな。このお弁当も、お嬢様にとっては記念になるものでございましょう。

知らなくても昭和生まれ

Image1071

伊藤博文の千円札の現物を初めて見たと職場の人に言ったら、えっ!って、ビックリされました!んでもって「ブログ用に写真撮る?」とオススメしていただいたのでお言葉に甘えてパチリ。

この伊藤博文の千円札が、昭和38年11月1日発行。この次の夏目漱石が昭和59年11月1日発行、ということで、ウメが5歳の時までは伊藤博文の千円札(あと、聖徳太子もありましたが)しかなかったわけで、それなら見たこと無いはずはないんですが、記憶に残っていません。ま、5歳まで千円札に触れなかった健全な庶民派育ちということでご納得いただけますでしょうか。

もちろん今でも使えるそうなので、自分が持っている千円札と変えてもらおうかと思いましたが、結局使わなくてボロボロにしてしまいそうなので、やめておきました。もったいなかったでしょうかね?

にゅうめんキャンペーン

うたた寝しそうになっている時に友人に送ったメール。

「なんだかにゅうめんを自宅で作ろうキャンペーンに巻き込まれた…」

どんなキャンペーンやねん!

お返事をいただいて、初めてこんな妙なメールを送ったことに気がつきました。どうしてこんなメールを送ったんでしょう…。
予測変換のなせる技だとしてもにゅうめんて…揖保の糸かっ。

2008年4月10日 (木)

計算力を向上させ魔性

通知表に「計算力を向上させ魔性」と書いてあったとしたら・・・。

今のウメならユーモラスな通知表だなぁ、と思いますが、もらった子どもや保護者の方はやっぱり笑えないですかね。横浜の中学校で、こんなミスの文章があって、訂正版を配布したそうです。先生がジョークのつもりでやったわけではなく、単なる誤変換だそう。

しかし、学校のパソコンで「魔性」に変換する機会がどこにあったのでございましょうかねぇ・・・。保護者や同僚の先生の悪口でも言っていたのでしょうか・・・。

今年もトマト

Image1011

実家の近くで栽培しているビニールハウスのトマトの季節が始まったと言うことで、早速送ってもらいました。というか、頼んでいないのに送ってきました(笑)赤い12個の親心でございます。

おそらく思いっきり栄養の偏った食事をしていることはバレバレなので、トマトを送って少しでも健康的な食生活をさせたいのでしょう。その気持ちを無にすることなく、食べましたよ、むしゃむしゃと。

一人で12個のトマトを食べるのは大変でした・・・あ、職場にお裾分けしたので8個くらいかな。数ヶ月分のリコピンを摂ったって感じです。リコピンパワー!って具体的に何に良いのかよく知らなかったりする栄養オンチのウメなのでした。

洗濯物干しは3,4日

ウメはマメそうと、たまに言われます。こんだけ毎日ブログを更新しているんだから、マメではない、というわけではないのでしょうが、自分でもどうなのかよくわかりません。マメな人ってどんな人でしょうか。

そんなマメでないウメの一面。洗濯物は基本的に干しっぱなしです。だいたい週末の土曜か日曜に洗濯機を回して、その日に干すのですが、それをたたむのは早くて火曜日、遅いと木曜日、さらにひどいときには次の週末の洗濯中です。

さすがに干してあるものをそのまま着る、ということはしないのですが、なんでしょう、干してあるものをたたむ、という作業が面倒に感じてしまうのです。幸いベランダは屋根がありますし、ベランダの目の前にマンションの壁があるので雨にぬれる心配も無いですし・・・。まぁ、それで乾きにくいから長く干そう…というところから始まったずぼらのような気もしないでもないですが。

だから毎日洗濯機を回して(この表現、考えたらおかしいですよね。洗濯機を回すわけではない、洗濯槽を回すのだ・・・なんてくだらない屁理屈を言っている場合ではない)毎日丁寧に服を干している人は尊敬いたします。

あ、もしかしたらウメもオサレな高級ブランドの服を買ったらそうなるかな・・・。いや、ならないな・・・。

しゃべりにくい

20080409-00000032-jijp-bus_all-view-000

すったもんだで決まった日本銀行白川新総裁の会見の様子。こんなに録音機(ICレコーダー)置かれたらしゃべれるもんもしゃべれません。ろう者だったらどんだけのカメラが必要になるんでしょーかねぇ。

どれか1つにして共有っつーわけにはいかないんでしょうね、マスコミ業界のみなさんは。はっ!ウメも一応そうだった!

2008年4月 9日 (水)

聞く気ないでしょ

聞く気ないでしょ
JR西日本の意見受け付け窓口「キク象コーナー」。

なんだこの営業時間は…。

新型スカイライナー

20080409-00000012-oric-ent-view-000

東京の上野から、千葉県の成田空港までを結ぶ新型のスカイライナーが、京成電鉄から発表されました。写真の通り近未来的なデザインになっております。この特急は新しく建設されるルートを走行し、日暮里から成田空港までを35分で結ぶそうです。あぁ、うっとり。在来線特急では最高の時速160キロ。

どうでもいいことですが、京成電鉄って東京ディズニーリゾートを運営している「オリエンタルランド」の親会社だったりするんですよ。

いやー海外旅行よりも新型スカイライナーに乗ることのほうが楽しみになっちゃいますねぇ・・・。ってワシ関西やないけ!

春もうたた寝

新年度に入り、ウメにとっては特に何も環境が変わったわけではないのですが、仕事は多少忙しくなっており、時間と言うよりも時間内の密度を上げて仕事をしている感じです。やってることはパソコンの画面に向かってあーだこーだやっているのですが、こなさなければいけない量が増えたり、その他にも気を配らないといけないことが多くなってきて、気が抜けません。

それでも体力的にはさほど厳しくないはずで、結局デスクワークなので身体を動かすことは少なく、それではいかんということで気がついたらストレッチなどをして身体を動かすようにしてはいるのですが、なかなかバランスが取れません。

それだからなのか、今週は仕事が終わっても大好きな?電気屋に行くことが少なく(お金を使いたくないというのも大きいのですが)まっすぐ家に帰ることが多くなっています。家に帰って何かすることがあるわけではなく、とりあえずご飯を食べて、ホットカーペットを半分付けて、テレビを見ながらのんびりして、そしてそのままうたた寝に突入~というパターンが続いています。

たぶん脳が疲れているんでしょうね。いつもすーっとうたた寝しています。そして気がつくと夜の10時とか、そんな時間。でもそのうたた寝が気持ちいいんですわ。真冬と違って寒くはなくなりましたし、なんというか、あのごろごろしている間が一番の休息だったりするのかもしれません。

そんなにうたた寝したら夜眠れないんじゃないかと思うかもしれませんが、それがまた眠れるんですよ。なぜか。ま、そのせいか朝の目覚めが早いんですけどね。5時半とかに目覚めてしまうとあとは布団の中でウンウン言っています。ま、その時間も気持ちよかったりします。

あぁ、贅沢な時間の使い方・・・。お金もかからないし。

/あいさつ/

一昔前の手話講習会なんかではまず教えられていた「あいさつに関する表現」。

いわゆる「おはようございます」とか「こんにちは」とかの表現ってとりあえず最初に教わる印象があります。ウメは手話講習会に通ったことがないのでわからないのですが、そんな感じですか?

とあるところで話をしていたときに、そこにいたろう者が、そのあいさつをする時に指を曲げて表現する/あいさつ/をやるのはどうも・・・と言っていました。ろう者同士なら初めての人ならともかく、わざわざ指を曲げて「こんにちは」とかやらない、と。確かにその通り。

例えば講演会などの格式張ったところではあえて/あいさつ/を表現するところもあるかもしれませんが、通常の会話ではわざわざしませんよねぇ。でもなんで教えてるんでしょうか・・・。する人がいるからでしょうか・・・。しかも「人と人がお辞儀をしている様子」なんて意味まで付いちゃってたりするんでしょうねぇ。

そのろう者とも話をしましたが、/あいさつ/の表現を使うときは、「あの人に一言言っておいた方が良い?」とかそういう時にしか使わないような・・・他に使いみち、ありますっけ?

2008年4月 8日 (火)

郵便局でインク回収

家庭用プリンターのインク、使い終わったものをゴミとして捨てていませんか?まぁ、プラスチックなのでゴミとして捨ててしまっても良いのかもしれませんが、結構積極的にインクのカードリッジって回収されています。

電気屋さんで見かける黄緑色の箱、ありますよね。あれは「エコリカ」というメーカーのインク回収用の箱です。いろんなメーカーのインクカードリッジを回収して、インクを詰めて再販売するんですよ。環境には優しい会社なのですが、プリンタメーカーにとってはイヤな存在ですよね。自分のところのインクカードリッジを勝手に使われて商売されるんですから。

そんな中、各プリンタメーカーと日本郵政グループが共同で、使用済みのインクカードリッジ回収プログラムを始めたとのこと。全国約3,700の郵便局に置いてある専用の回収箱に入れると、各メーカーさんが再利用してくれるとのこと。メーカーは、ブラザー、キヤノン、デル、エプソン、日本HP、レックスマークの6社。市販されているインクジェットプリンタのほぼ全てをカバーしてますね。

ちゃんとメーカーごとに仕分けされて、純正のカードリッジの原料としてリサイクルされるそう。これなら地球に優しいし、プリンタメーカーも苦い思いをしなくていいですね。ちょっと郵便局へ行くついでにインクをリサイクル、こういう取り組みを少しずつ進めていかないといけません。

ま、究極は詰め替え・・・なんですけどね・・・。あぁ、プリンタメーカーに怒られちゃう。

/中/

ろう者がよく使う手話表現だけど、うまく日本語に訳せないことが多いシリーズ(笑)

(名詞などの後に)/中/

例えば/トイレ/中/と表現された場合、そのまま「トイレ中だよ」と訳してしまうようではダメでございますね。まぁ、意味がわからないわけではないのですが、それでは通訳とは言えません。その場合は「お手洗いにいってるよ」くらいの日本語が必要ですよね。

まぁ上の例はまだわかりやすい方ですが、なかなか難しいパターンもあります。待ち合わせの場面で、来ていない人の事をさして/バス/中/という表現だと、「今バスでこっちに向かっている」という表現になったりするそうです。って伝聞推定ではだめですね。

逆に音声を聞き取り通訳しているときなどで「探しています」というのを(場面にもよるとは思いますが)/探す/中/とできないと、ろう者に伝わらないことがあると思います。/探す/いる/という表現では「どっちなのよ!」となりかねませんからね。/探す/ある/でもいいのかなぁ・・・ダメでしょうねぇ。

この/中/の役割について、何種類くらいあるか、誰か調べてくれませんかねぇ。国リハの後輩の卒業研究かなんかにいかが?(笑)

白熱灯撲滅?

経済産業大臣の甘利さんが「2012年までに家庭で使われている白熱灯を電球型蛍光灯に総入れ替えしたい」なんて言ったことが話題になっています。経済産業大臣になるとこんなことまで言っちゃうわけなんですね。

電球型蛍光灯は確かにステキに省エネですし、地球温暖化防止に役立つとは思うのですが、だからって全部総取っ替えって訳にはいかないでしょ、おじさん。1個いくらだと思ってるのよ。白熱灯の10倍近くはするんですのよ。全部保証してくれるっていうの?

白熱灯業界は大変ですわ、こりゃ。ってそんな業界があるのかどうか知りませんが、フィラメント大好き人間がいたとしたら、哀しいニュースですね。でも電球型蛍光灯は良いことばかりじゃなくて、最初が暗かったり、調光ができなかったり、万能じゃないんですよねぇ。

その辺を考えて、全部とか言わずにうまく使い分けって言えなかったものなんでしょうか、甘利さん。

2008年4月 7日 (月)

マスコット「ハロ」

halo_p1370097

ガンダムを知っている人なら見たことがあるこのキャラクター「ハロ」がロボットになりました!ってもとからロボットやないかい!っていう突っ込みはしないでくださいね。つまりおもちゃのロボットとして発売されたのでございます。ちなみにこちらは「機動戦士ガンダム00」バージョンなんだそう。

詳しい紹介はこちらのページに書いてありますので、ご覧いただきたいのですが、かわいいんですよ。これが。よく読んでないんですけどなんかいろんなことができるみたいですよ。勝手にしゃべったりもするそうです。これはお部屋を和ますインテリアに良いでございますな。

こんなカワイイ「ハロ」が5,000円で買えちゃうんですって。でも電池が必要なんですって。そこは現実的。

パソコン語の指文字

偉大なる友人Uさん(ろう者)に相談がある、と言われ、お?恋愛の達人ウメ子に恋の相談だな!と期待していたら、なんとパソコン関係の相談で、複合機やらサーバーやらを買いたいとのことでした。

(ちなみに最近、自分のことをウメではなく、ウメ子と呼ぶのが流行っています。なんとなくイメージに合うんですよね。ウメ子って・・・。)

それで今日先ほどまで会って話してきたのですが、いやーこういうパソコン関係は改めて横文字のオンパレードだと言うことに気づかされました。プリンターやサーバーならまだマシですが、ドキュメントスキャナー、ネットワークハードディスク、NAS、ADF(オートドキュメントフィーダ)、スイッチングハブ・・・これらを説明するのもコリャ大変ですが、指文字でそのまま表現するのも大変でございますよ。

でも説明するにはやらないといけないわけで、なんとか手(指)を動かそうとするのですが、なかなかうまいこといかないです。Uさんとは一応良くしゃべって通じるので、最初の何文字かだけやってあとは口形でごまかす・・・なんて事もやってしまいました。それに多少専門的な話とはいえ、うまく説明できないのがもどかしいもどかしい。「NAS」って何?って聞かれてうまく説明できず、パッケージの後ろを指さして「こんなん」って言ったら、「販売員失格だぁ~」と怒られました。

だってー難しいしー仕事じゃないしー(笑)言い訳大魔王でございます。

コメットさんと同じ

「コメットさん」と聞いてピンと来るアナタは昭和を代表する方々でございます。ウメと同じ年代の人にとっては「誰?」って思う人も多いかもしれません。昭和のアイドル、平成の借金女王?、大場久美子大先生(笑)です。昔「コメットさん」というテレビ番組(あれはヒロインもの、というのでしょうか…)に出ていたことで有名ですね。

さて、その大場久美子さんが8年間も悩まされていたのが、なななんと「パニック障害」だったんですって。ウメと同じ病気です。でも話を聞くとウメよりも重い症状だったみたいです。うつも併発してしまって自傷行為にも及んでしまったとか。有名人がこういう病気を告白すると、「どんな病気か?」というのが話題になりますよね。まだまだ知られていない病気ということなのでしょう。そういう意味では告白してくれる人が増えるというのは心強いです。

大場さんの場合は8年間も悩んでいたそう。

40歳のときで、突然動悸が激しくなり、ひどい倦怠感に襲われた。一度不安状態に陥ると体が硬直し、人ごみが怖くて街を歩くことができず、電車にも飛行機にも乗ることができない。車で渋滞にはまると叫びたくなり、美容院で顔にタオルをかけられるのもダメだった。個室で空調の音を聞いただけで動悸が始まり、冷や汗が出て呼吸ができなくなってしまうこともあったのだという。

うーん、大変さが実感できます。そうなんですよ、突然やってくるのが怖いんですよね。それ以来何もかもがダメだと思い込んでしまいがちになる、っていうのがあるのでやっかいなんです。「病は気から」なんて言いますけど、そんな軽い感じでは言えない病気なんですよ。

幸い今は元気になっているそうで、だからこそ同じ病気に悩んでいる人にメッセージを届けたいと言うことで、週刊誌で告白したそうです。そんな大場さんはブログで、

「私が普段心がけていることは、なるべく規則正しい生活、食事や睡眠、軽い運動。ゆったりと深呼吸してリラックス。少し余裕がもてるようになったら、楽しいと思えることに少しづつ挑戦(^-^)ん?ん?☆リラックスですぅ」

と書いているそうで、確かにその通りだなぁ・・・としみじみ思いましたパニック障害3年目のウメなのでありました。

ちなみにテレビのコメンテーターさんは、パニック障害は誰にでも起こり得るもので、女性が男性の2倍も発症していると説明した。動機、吐き気、めまいなどが突然起こり、一度訪れた場所に行くとまた起きるのではないかという「予期不安」が繰り返されるとパニック障害に至るのだという。

ウメは男性です。一応(笑)

「どんな感じになっても命に関わることではない。数分から数十分で(そうした感覚は)消えていく。専門医やカウンセリング、薬もあり、時間が掛かることもあるが、基本的に直ります」

しかし、いつ治りますかねぇ。3年目なんですけどね・・・。ま、気長に治します。

パニック障害になった芸能人と言えば、有名どころでKinKi Kidsの堂本剛、中川家のお兄さんの方、歌手の円広志なんかが知られていますよね。

バタコさん品薄

きゃー、アンパンマンが、チーズが悲しんじゃう・・・というのはアンパンマンのお話。アンパンマン、そう言えば見なくなって久しいですねぇ。今は何時に包装されているのでしょうか。パンを取り替えたときに頭がクルクル回るのは何回転なんでしょうか。ばいきんまんはどこまで飛ばされているのでしょうか、しょくぱんまんは何枚切りのものなのでしょうか・・・。

というアンパンマンの素朴な疑問を語るコーナーではなく、最近スーパーでバターが品薄という話をしたかったのです。今日、テレビでも放送されていましたが、スーパーの陳列棚からバターが消えているそうですね。なんでも原料の生乳のお値段が上がってしまい、さらに飼料の値段が高騰しているとか、乳牛の数を減らしているとかで簡単に増産ができない状況にあるとのこと。

お菓子作りが好きな人にとってはバターがないのは痛いですねぇ。じゃあ何でチーズや牛乳は品薄にはならないのか、やっぱり儲かる度が違うんだそうです。バターって手間がかかる割に利益率が低いそうなんです。こんなところにまで儲かる儲からないの話が出てきちゃう訳なんですね。不況っていけず。

三条LED

三条LED
京阪三条駅に設置されようとしているLED式の発車案内板です。「調整中」となってますが、ちゃんと動いている模様。

白を基調とした美しい文字に、フルカラーで表示させる種別…うっとりしちゃいますね、やっぱり。
これに同じ行き先ばかりではなく、いろんな行き先や種別の案内なんかが表示されるとウメは萌えてしまいます。

ろう者にとってもこういう詳しい、見やすい表示が増えるというのはうれしいことですよね。JR西日本の場合は「遅れ時分」まで表示されるので便利だと思います。でも遅れないのが一番なのですが…。
つい先日「105分遅れ」の新快速の表示を見て、おぉーと思ってしまったウメなのでした。105分と言われてもピンとこないのでござーます。

定時運行バンザイ!

2008年4月 6日 (日)

熊本風ラーメン

熊本風ラーメン
最近は天敵?ラーメン屋も、体調(心調?)が良ければすんなり入れるようになりました。これも少しずつ治ってきているということでしょうか…。

さて、そんな時に食したのが、熊本風ラーメン。何とかニンニクを入れているのでこんな真っ黒になっているのだそう。
でも基本は豚骨で(ウメの舌が間違っていなければ)でもあっさりした感じでいただきました。

見た目はちょっと恐ろしかったですが、美味しかったということで、今回の教訓としては「人間は中身」ということにしたいと思います(飛躍しすぎ)。

微妙な日本語

通訳者たるもの、美しい日本語が話せることを目指して日夜努力しなければいけないと思うのですが、それがなかなかうまくいかず、(通訳時では無いときでも)変な日本語になってしまうことがよくあります。

先日、職場で電話を受けていたときに「お名前を頂戴してもよろしいですか?」とウメが言っていたのを聞いて、笑いながら「名前は頂戴できないよね」とつっこんでくれました。丁寧語のつもりがよく考えると意味がおかしくなる、なんてことは良くありますよね。(この場合は「お名前を伺ってもよろしいですか?」が良いのでしょうか)

もともと曖昧な意味を持つことが多い日本語ですが、そんな中ビミョー語なんてものがあるそうです。こう聞くと若者の言葉のように思うのですが、それだけではなく、中高年でもこういう言葉を使っているそう。例えば・・・

「ウーン、微妙だな」
「難しいな」
「~かもしれない」
「ちゃんと、アレしとけよ」
「誰が悪いとは言わんが」
「~するべきだ」
「何度も申しますように」
「オレの若い頃は……」
「~に決まってる」
「~ってものはだね」
「要は」

なるほど。確かにこれは微妙な言葉ばかり。そしてオヤジが言いそうな言葉も多いですね。これを言われても???と感じるでしょう。

話はそれますが、最近では、ろう学校に通う学生が、丁寧な手話表現を知らず、先輩や大人に対しても友達感覚で話されるから困る・・・なんていう話も結構聞くようになりました。今でこそろう学校で手話をしてはダメ!ということは少なくなりましたが、今度は社会に出て行くための教育の場として、手話の敬意表現なども身につけられるよう、やはり集団教育の場を保障しなければいけないのかなぁ、と思っております。

話が見事にそれましたので、この辺で。

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: