2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 辞書に載せたい言葉 | トップページ | 取り消しで100万円 »

2008年12月 9日 (火)

ろうに波線は要らない

仕事でも使う機会の多いMicrosoftのワープロソフト、Wordですが、お節介機能が多くてやっかいですよね。自動で番号を振っちゃってくれる機能とか、※を付け足してくれたり、勝手に改行してくれたり・・・。

そんなMS-Wordですが、みんなが使っているから仕方なく使っている、という人も多いですよね。官公庁ではジャストシステムの一太郎を使っている場合もあるそうですが、ビジネスにWordは欠かせないといっても過言ではないでしょう。

かく言うウメも仕事でバリバリWordを使っているのですが、納得いかないというか、気になるのがスペルチェック機能。デフォルトでONになっていて、文章のおかしいところや打ち間違いなどを指摘してくれます。

ら抜き言葉や表記のゆれを指摘してくれるのはまぁ良いのですが、ウメが仕事でもよく使う「ろう者」の「ろう」に勝手に波線が引かれるんですよね。で、クリックして調べてみると「辞書にありません」とか言っちゃって。で、無視したり辞書に追加しても、別の文章を打っているときにまた出てくるし・・・。

スペルチェック機能をオフにすれば良い話なのですが…。なんだろう、辞書にありませんとか知りませんから。追加してください。

それでもこれだけ広まっちゃうと使うしかないんですけどね。しかもだいぶ慣れてきたりしちゃってるし。マイクロソフトの戦略にハマってるな。

« 辞書に載せたい言葉 | トップページ | 取り消しで100万円 »

疑問」カテゴリの記事

コメント

2007は自宅で使っているのですが、確かまだ出ていたような気がします。おそらく「ろう者」という言葉が認識できていないのと「ろう(聾)」という単語が登録できていないんでしょうね。
どちらにしても目障りなので改善して欲しいものです。

去年、office2007の導入時にマイクロソフト社の聴力障害者用メール受付(正式名称はアクセリビリティ・・・?)に「ろう者」は日本語としては誤りはないはずなので、修正して欲しいと申し入れたことあるのです。マイクロソフト社からの回答があったのですが、曖昧な表現で終わってしまったので、今でも「ろう者」だと赤波線が付くのですね。
漢字の「聾者」だと波線は消えるのですが、普段使っているのは「ろう者」という表現が多いはず。
韓国語版のWordで「ろう者」をハングルで入力しても間違いの指摘はなかった。日本語のプログラムアップデートで修正パッチを作って欲しいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 辞書に載せたい言葉 | トップページ | 取り消しで100万円 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: