2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 手話通訳の動き | トップページ | GOGOポッピンフレンズ »

2008年9月 8日 (月)

色違いの席

朝の通勤途中の地下鉄。

虫かごを持った小学生らしき子どもが、他の色とは違う席に座っていた。そう。優先座席。

周りに立っている人はいたものの、それほど混雑している様子もなかった。でも、もし、その優先座席を必要としている人がいたら、その子どもは席を譲るだろうか。

「譲ってあげなさい」でもなく、「譲らなきゃいけない」と言いたいわけでもない。これは間違っているかも知れないけど、その色の違う席はあなたたちのような元気な子どもたちが座る席じゃないんだよ。ってなんとか教えてあげられないだろうか。

自分自身、どうやってかは忘れたが、そう教わってきた気がする。だからよほど疲れている時以外は、その色違いの席には座らない。

« 手話通訳の動き | トップページ | GOGOポッピンフレンズ »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

そう。だから誰でも座って良い席であり、ウメは間違っているかも知れないとも思っています。
何というか、そこに座るべき人が誰なのか、をもう一度考えて教育して欲しいなぁと思うだけなのであります。
譲ったら譲ったで「ワシはそんな歳じゃない」なんて言われるかもしれませんしねぇ…。

ん?優先席は誰でも座っていいんですよ。

ただ、優先させるべき人が来た場合に、譲ってくださいという趣旨のはずです。座ってはいけないということはありません。

ですから、教えるべきなのは、どういうときにサッと譲れるか、ということでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手話通訳の動き | トップページ | GOGOポッピンフレンズ »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: