2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 地頭力 | トップページ | 風邪引きパート2 »

2008年3月 9日 (日)

定期の買い方

毎日の通勤や通学にお世話になっている定期券。最近では非接触式ICカードを使った定期券も出てきてますます便利になっております。でもウメが通勤に利用しているのは磁気定期券です。早く毎日ピッってやりたいのですが、京都市営地下鉄がなかなか導入してくれません。

って愚痴を言いたいのではありません。皆さん定期券はどのように買ってますか?え?どのようにって窓口とか自動券売機で・・・っていうのはそうだと思いますが、どのスパンで買っているか、ということです。

ウメの職場は半年に1回、6ヶ月分の金額が支給される仕組みになっています。確かウメの場合だと5万6千円くらい。でもウメは1ヶ月ごとに定期を購入しています。1ヶ月分だと1万500円。

おやおや、半年で4千円ほど損をしている計算ですね。でもそれは承知の上なのでございます。定期を無くしてしまったときのリスクを減らす、いつでも綺麗な定期で気分良く通勤(無理矢理)などなど、考えはあるのですが、一番大きいのが・・・

半年に1回のプチボーナス気分を味わう

というもの。いや、先ほども書いたように計算上は損をしているのですが、月々の給料から交通費を払っていると考えて、半年に1回給料が+5万円、と考えたらなんかうれしくないですか?何度も言うようですけど損はしているんです。

完全に気分的な問題なのですが、ウメはこんな感じで楽しみを増やしています。交通費が出る月は、パソコンの部品を購入したり・・・って結局家電関係に消えていくんですよね。おほほほほほほほ。

« 地頭力 | トップページ | 風邪引きパート2 »

ウメのこと」カテゴリの記事

コメント

会社によっては定期券のコピーが必要だったりするところもありますよね。まぁ不正防止なのでしょうが、そこまでしなくても…とも思います。
きちんと値段があっていれば、ある程度自由にさせて欲しいのはわがままでしょうかねぇ。さすがに返還したりはしませんけどね。

私も昔、ある会社で勤めていた頃も同様なことをやって、プチボーナス気分を味わいました。(笑)
同じ会社なのに事業所ごと定期券についてのきまりがあり、6ケ月定期券代を給与と一緒に振り込まれる事業所と現物支給の事業所。両方の事業所を経験したことはあるが、現物支給の事業所は新しい定期券と引き換えに古い定期券を返還しなければならない。しかも定期券に社内のマルス(みどりの窓口と同じ端末)なので○○営業支店と印字。振込式だと6ケ月定期にするか、1ケ月ごとにするか、自宅の最寄り駅の2、3駅先も同じ運賃ならその駅までにするとかかなり自由があったのに・・・と自宅最寄りのみどりの窓口で手数料210円差し引き、現金をゲットー。夏季休暇や年末年始の入る月だと1ケ月定期の運賃より回数券のほうが安いときは回数券。返還するときの言い訳は「落として無くした」「スリにあって財布に入っていた定期券盗まれてしまい手元にないです」「実家に定期券置き忘れてしまいました」とかで工面していたっけ。10年以上前の話だけど(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地頭力 | トップページ | 風邪引きパート2 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: