2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »

2007年10月14日 - 2007年10月20日

2007年10月20日 (土)

動画のアップ方法(@niftyビデオ共有)

先日テストした新しい動画のやり方がよさそうなので皆様にご紹介したいと思います。これは動画共有サービスの@niftyビデオ共有を利用したサービスです。なるたけわかりやすく書いたつもりですが、それでも分からない場合は補足しますのでご連絡くださいませ~。

1. @niftyビデオ共有を利用するためのサービス登録をする。(@niftyに会員登録する。)
@nifty会員の人は、@niftyユーザー名、@niftyIDでそのまま使えます。まだ会員でない人は、会員登録(無料)で使えるようになります。会員登録をすることでNiftyメールや、ココログのフリープランも使えるようになります。 Niftyメールは3GBの容量があって迷惑メール対策も進んでいるのでオススメです。ちなみに動画のアップ容量は今のところ無制限だそうですが、恐ろしくアップしていると制限されるかも…だそうです。まぁ、手話ブログくらいなら大丈夫でしょう。

2.プロフィールなどを設定する。
ニックネーム、メールアドレス、プロフィール画像 、性別、生年月日、自己紹介、ブログ/ホームページなどを設定します。全部が必須ではありませんよ。

※※※ここまでは1回やれば終わりです。※※※

3.動画ファイルを用意する。
パソコンに映像ファイルを取り込んでおきます。ウメはパソコンに接続したウェブカメラで撮影していますが、デジカメの動画機能やデジタルビデオカメラを使っても良いですね。以下のフォーマットがアップロードできます。
avi,mov,mpeg,mpg,3gp,3g2,mp4,m4v,wmv,flv
携帯電話からもアップロードできるそうですが、今回の説明では省略しますね。一度にアップできる動画のサイズは100MBか12分までだそうです。これなら話が長くなっても大丈夫ですね。

4.@niftyビデオ共有にログインする。
登録作業の時に決まったIDとパスワードを入力するとログインできます。

5.「ビデオをアップロード」をクリック!

6.タイトルや説明コメント、タグ(動画を識別する単語)などを入力し、「アップロードする」をクリック。

7.アップロード・エンコードされるまで待つ!
動画のアップロード・エンコードが行われるのでひたすら待ちます。自動でブラウザの画面が更新されます。4~5分はかかるでしょうか。気長にお待ちくださいませ。妙なネコ?がくねくね動きながらお手玉しています。

8.動画がアップされているか確認する。
マイページに「ビデオ  投稿したビデオ一覧 」があるのでそこをクリック。そうすると今までにアップした動画が表示されます。

9。ブログに貼り付けたい動画の画像orタイトルをクリック。
(「ブログ投稿」というボタンがありますが、一部のブログしか使えないのとややこしいことになるのでここでは説明を控えます)

10.ブログに貼り付けるタグをコピーする。
「自分のブログで紹介する」の欄の「ブログに埋め込む」のところに書いてある<script language… から始まる文字を全てコピーします。(マウスで文字をクリックすると自動で全て選択されるのでコピーをしてください。)

11.自分のブログの管理画面にログインする。

12.記事を投稿する。(さっきの文字を貼り付ける)
(ココログの場合ですが)「記事の新規作成」でまず改行をいれて文字を入力してからでないと、貼り付けたタグが消えてしまうことがありますのでご注意を!その後に「HTMLの編集」モードにしてさっきの文字を貼り付けます。また「記事の新規作成」にすると、貼り付けた文字が見えなくなりますが、これで大丈夫です。
ココログ以外の方でも、似たようなやり方でできると思います。HTMLのタグを入力するモードにして、文字列を貼り付けるようにすれば大丈夫です。それぞれのブログで微妙にやり方が違うと思いますが、その辺りは試行錯誤してくださいませ(^_^;)

13.投稿した動画のサイズ調整
貼り付けた文字列のままではサイズが大きすぎるので、またHTMLモードにして動画のサイズの大きさを調整します。先ほど貼り付けた文字の中に【width=480&height=392"】というのがあり、それが大きさを指定する文字なのでwidth=330&height=270"くらいに調整します(ここはお好みで)。

14.保存→確認→完了!
これで動画をアップすることができました。ダウンロードはできませんし、WindowsでもMacでも見ることができる動画です。画質もなかなかですね。

15.あとは自分の動画を見て浸るのもよし、宣伝するのもよし!
@niftyビデオ共有のページにも動画がアップされているはずです。ご確認ください。動画自体は@niftyビデオ共有に置いてあるのでブログが重くなることもありません。

老婆の休日

仕事でもプライベートでも迷惑メールの処理をしているのですが、よくもまあこれだけ考えるわ・・・と思うものがあるのですが、 その中でもあきれたのがコレ。

Subject : 『 老婆の休日 』

トレヴィの泉の前で待ち合わせ。
真実の口でパックリと。
冥土の土産にババアをイかせて。

うまいんですけど、それにしてもなんだかねぇ・・・。

30万人突破

昨日の夜にデイリーウメダスは閲覧者数30万人を突破しました~。めでたいめでたい~。これもひとえに毎日見に来てくださっている皆様のおかげです。管理人としてはこれほどうれしいことはありません。

動画の新しいアップ方法もどうやら決まりそうですし、これからはMacをご利用の方にも動画を見ていただけるようになります。売りの毎日更新もなんだかんだで続けたいと思いますので、これからもごひいきにしてやってくださいな。カウンターが増えることが管理人の悦び、奈美悦子の悦と書いて悦びでございますから。

時々思い出したようにシリーズものを始め、そして続かなかったりしますが、今後ウメダスでやって欲しいことや話して欲しい話題などがありましたら是非是非ご意見をお願いいたします。そして今後ともどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

2007年10月19日 (金)

ビスタカー

ビスタカー
近鉄の特急、ビスタカーです。近鉄京都駅に行った時に止まっていたのでさっくり撮影しました。

登場してからだいぶ経っていますのでさすがに古さは隠せませんが、オレンジの車体に紺のラインがとっても素敵。さらに絶妙なカーブを描いた車両前面にうっとりしてしまいます。

アーバンライナーも含めて近鉄特急には乗ったことがないので、乗りたいなぁ〜と羨望の眼差しです。乗ったからどうってことじゃないんです。乗ることに意義があるわけですね(笑)

奈良に行って鹿と戯れてきましょうか…。

ナンバーワン

Image0741

ウメが通勤に使用している定期券を大公開しちゃいます。っていたって普通の定期券で何の変哲もありません。ちなみにウメは定期券を1ヶ月ごとに購入します。6ヶ月の方が安くなるのはわかっているのですが、落とすのが恐ろしいのといつも新しい定期を持っていたい(汚れるのがイヤン)というわけのわからない理由で1ヶ月ごとです。

ちなみに京都市営地下鉄、ウメが定期を購入している区間の京都駅~北大路駅間(ウメの最寄り駅はこれよりが短いのですが、同じ値段なので購入しています。)は通常料金が250円、1ヶ月の定期代が10,500円。計算すると42回乗ると元が取れる・・・つまり21往復しないと元が取れないというセコい金額設定をしています。GWや年末年始は通勤で乗る回数が減るので、通勤だけに使用していると元が取れないのです!!!普通もうちょっと割り引きますよねぇ。

ま、ウメの場合は週に1~2度京都駅に行く(目的はもちろん電気屋さん)のでその分1回多く乗るということで元は取っております。ここに電気屋に行く重要な目的が隠されているのです(笑)京都市交通局では地下鉄の定期と市内のバスに乗り放題の定期も発売していて、1ヶ月で13,000円くらいなので買っちゃおうかな~とも思うのですが、考えてみたら1ヶ月に10回もバスに乗らないので無駄だということが判明しています。

あぁ、記事の目的は定期の説明じゃないんです。今まで京都市営地下鉄では継続でも有人の定期券売り場に言って申込書を書かなければいけませんでした。他のJRや私鉄では券売機で買えるのに、サービスが遅れているなぁ・・・と思っていたところ、定期券販売機設置のお知らせが

これで夜遅くでも土日でも定期が買える!ということでわざわざ設置された当日、この機械を使うべく京都駅に赴いたのであります。それで購入したのがこの定期。ご覧ください!いたって普通!・・・ですが、なんと、右上の数字が・・・。

NO.00001

OH!アイムナンバーワン!!!

ウメがこの券売機で最初に定期券を購入しちゃったというそれだけなのですが、番号を見つけたときはうれしくてニヤニヤしてしまいました。それだけです。ちなみに歳が空白なのは隠しているわけではなく、入力し忘れただけでございます(^_^;)

ICカード定期券が導入されたら真っ先に買うのになぁ・・・。

2007年10月18日 (木)

【動画】テストです

@Niftyビデオ共有を使った動画のテストです。(内容は一つ前の動画と同じものです。)どうでしょうか、うまく再生できますか?これが良い感じなら次からこれで行こうかと考えているウメでございます。

特にMacの方~いかがでしょうか???うまくいったらまた投稿の方法も合わせてご紹介しますね。

ハイテクおすし

先日、映画「大統領暗殺」を見たことはこのブログにも紹介しましたが、その後に友人と回転寿司に行ってきました。庶民派なので全皿100円の回転寿司。「無添くら寿司」というお店で、ウメは初めて入るところでした。

Image0761

結論から申し上げますと、ウメが好きなハイテクがたくさんの回転寿司屋でちょっと気に入ってしまいました。まず店にはいると順番待ちを登録する機会に人数などを入力します。そうすると番号札が出てきて、テーブルが空くと呼んでくれるというシステム。惜しむらくはここに番号が出る掲示板が出ると、ろう者に優しいなぁと思うのですが、残念ながらマイクだけの呼び出しでした。

それで席に座ると回転レールのところに液晶が。これで注文をするシステムです。回転寿司と言えばだいたいインターホンでの注文ですが、これはしゃべらなくても良いシステム。うん、これなら気軽に頼めるしろう者にもやさしいですね。しかも注文した商品がおよそ何分ででてくるか表示されるのです。うぅーん、ハイテク。

そして下の方に見えますのは、食べ終えたお皿を入れる穴。ウメが食べたときには入れなかったのですが、お皿を5枚入れると1回「ハンマーチャンス」ならぬ「ハマーチャンス」というゲームが出来て、当たると景品がもらえるという仕組みになっているそうです。おぉ、これは楽しそう!お子さんなんかは喜びそうですね。名付けて「ビッくらポン」というゲームだそうな。

Image0771
(手タレ:偉大なる友人Uさん)

で、液晶パネルで注文した商品が席に近づくと、画面とブザーでお知らせしてくれるというかなりハイテクノロジーなシステムです。ICチップでも入っているのかと思いきや、お皿をひっくり返すとQRコードのようなものがついていました。これで注文した商品や席などを判別しているのでしょうか。試しに携帯電話で読み取ってみようとしましたがダメでした。特殊なコードなんでしょうかねぇ。いやーハイテク。

うん、なんか楽しいお寿司屋さんですね。味はですね・・・まぁフツーの回転寿司の味ですね。でもこのハイテク感でウメは満足でした。お会計まで自動精算機でやったら面白そうですが、さすがにフツーに店員さんがお皿を数えてレジで精算するシステムでした。

もう一つビックリしたのが回転寿司なのにうどんが注文できるんです。しかも友人Uさんは最初にそれを注文したので、「寿司屋に来てうどんから!」とつっこんだウメなのでした。でも残念だったのは茶碗蒸しが品切れで食べられなかったこと・・・悔やまれる・・・。

通訳待ち

仕事柄、電話通訳で聴覚障害関係団体に電話をかけることがあり、かけた相手もろう者で通訳を通しての会話だったりすると 「ろう者~通訳~通訳~ろう者」というダブル通訳に出くわす?ことがよくあります。 まだテレビ電話が十分に普及していないのでこういうスタイルがありますが、今後規格も統一されて普及したら、 ろう者がいつでもリアルタイムで会話できるようになるんですかね。

で、そのダブル通訳の時にはこちらも気を使います。なんと言っても二重に通訳を通しているので、 ろう者の言いたいことがずれてしまわないように慎重に通訳しますし、相手の通訳さんが聞き取りやすく、 理解しやすいように話さなければいけません。それだけの信頼を受けているのですからやりがいはある通訳ですね。 ある意味自分の技術も要求される面が多いですし。

しばらく会話が進んで、例えば少し込み入った話になってくると向こうがろう者に通訳をしている間、 こちら側に空白の時間ができてしまいます。そんな時に通訳としてどのような態度を取ればいいか、少し困るときがあるのです。 何もしていないと会話がとぎれたような感じになりますし、その間にまた話始められても話が交差してしまうのでややこしくなりますし・・・、 「今通訳しているみたいです」って言っても良いものか・・・、実際に「/今/通訳中/らしい/」的な事を言っていますが、 自分の態度があっているかどうか不安なのでございます。

通訳を通す以上、どうしてもタイムラグはできてしまうと思うので、この時間の誤差をいかに違和感なくやりすごしてもらうか、 が通訳の技術なのかなぁ、と思います。この待ち時間、どうすればいいですかねぇ。

実家にデジタル導入

久しぶりに実家の母から連絡が来たと思ったら「字幕が文字化けして見られたもんじゃない」とのこと。また家電がらみでの連絡となりましたが、家電・パソコン関係ではうめ家ではワシしかいませんので致し方ない連絡。ただ現物を見たわけではないので原因を探らないといけません。何回かメールのやりとりをするうちにわかったことは。

●画像自体はきれいに映る。
●字幕が文字化けするのはTBSだけ。
●同じケーブルを引いている近所のろう者宅は問題なし

ということでウメが出した結論は、字幕チューナー内蔵テレビの文字放送の回路が壊れてしまったというものでした。一般家庭なら文字放送なんて見ないのでしょうが、ウメ実家にはテレビっ子のウメ弟がいるのでそうはいきません。いつもテレビに向かって「えぇー!」とか「おぉー!」とか言ったり画面に映った内容を繰り返し発言したりしています。

で、TBSだけとはいえ字幕が見られなくなってしまうと困るので、どうするのか聞いたところ、「デジタル買うようだわ」とのお返事(弟が楽しみにしているドラマ「金八先生」が字幕付きで見られなくなるのは結構困るそうな)。おぉ、ウメ実家にもとうとうデジタルの波がやってくるわけですね。一緒に住んでいるウメ祖母も最近は「死ぬ前にお金は使わないとね。薄型のデジタルテレビが欲しいわ」と言っていたので、それと合わせて購入するという計画が急に持ち上がりました。

7-10-18_18-40

それで、今日メールが来てこれですよ。買っちゃったそうです。はやっ!シャープの亀山モデル。37インチ。わざわざ写真にとって送らなくても・・・と思ったのですが、うれしいのでしょうか。祖母の分と2台同時購入というセレブなことをやってのけて2万円ほど値引きしてもらったそうですよ。感想は「字幕がはっきりきれいだよ」だそうな。そりゃそうだ。デジタルですもの。で、送ってきた写真もちゃんとTBSにしてあるところがちゃっかりしてますよね。

2台もあった巨大ブラウン管テレビはどうしたのでしょうか。たぶんリサイクルで引き取ってもらったのでしょうが、少しもったいないような気がしますね。これで弟もきれいな字幕ときれいな映像で金八先生を楽しめますね!よかったよかった。次はレコーダーですな。その時はウメの分も含めて3台、行っちゃいましょう~!(笑)

鹿児島まで4時間

昨日、JR西日本とJR九州が会見を行い、2011年春の九州新幹線の全線開通に合わせて新大阪から鹿児島中央までの直通運転を始めると発表しました。新大阪から鹿児島中央まで4時間、熊本までは約3時間半になるそうです。

いやー九州の南側まで新幹線で行けるようになるんですね。残念ながら東京駅からの直通は無いようですが、もしそれが実現していたら、東京~鹿児島中央間が乗り換え無しで約6時間半で結ばれるというファンにとってはたまらないことになっていたのに。

車両は新しいものを製造するそうで、最近デビューしたN700系がベースになっているそう。九州でも高速走行が可能なタイプで8両編成だそうですね。そう言えばJR東海の東海道新幹線は16両にこだわっているそうですが、JR西日本は8両やら4両やら様々な長さがありますよね。8両のひかりレールスターは指定席が快適なシートやのぞみに抜かれないこともあって大人気だそうです。ウメも乗ってみたいですねぇ。それに4両の新幹線なんてあっという間に通過していきそうで面白そうです。

鹿児島中央までの直通の電車は1時間に1,2本。新大阪駅の発車案内板に「東京」行きと「鹿児島中央」行きが並ぶ日が来るんですね。いやー感激感激。しかし飛行機の方は大変ですね。熊本空港も鹿児島空港も市街地から遠く、実質的な所要時間は同じくらいになりそうなので、これから乗客争奪合戦が始まります。何はともあれ便利になるのは良いことですよね。

新しい直通新幹線の名前は何がいいですかねぇ(気が早い)。「つばめ」じゃつまらないし・・・。
「さつま」(鹿児島行きがわかって良いかも)、「いぐさ」(早そうじゃない)、「ルリカケス」(鹿児島の鳥)・・・妄想はふくらみますな。

2007年10月17日 (水)

クリームオレンジ

クリームオレンジ
先日京都駅にて「特に用もないのに一人で入場券を買って電車にひたろうの会」を実行したときの写真です。

嵯峨野山陰線のホームに特急はしだてと、普通電車が並んでいて、どちらも国鉄時代から頑張っている丸顔の車両だなーと何気なく撮ってしまいました。絶妙なカーブがなんとも言えませんな。
はしだてには平日にも関わらず結構お客さんが乗っていてびっくりしました。福知山か舞鶴の方でしょうか。

JR西日本はどちらかといえば古い車両を大事に使う会社で、113系をはじめ首都圏では確か走らなくなった103系もまだまだ京阪神近郊を走っています。古くてうるさくてそれなりに揺れますが、なんだか哀愁を感じさせますよね。

まだやってたの?

WiiやニンテンドーDS Liteなどが大ヒットしている京都のゲーム機メーカー、任天堂がある発表をしました。

それは過去に発売したゲーム機の修理受付を終了すること。修理受付が終了するのは「ファミリーコンピュータ」 「ファミリーコンピュータディスクシステム」「スーパーファミコン」「ゲームボーイライト」「ゲームボーイポケット」 「NINTENDO64」の6機種。NINTENDO64はなんだかつい最近発売されたように思うのですが、 思えばゲームキューブの1つ前ですから結構前の機種なんですね。調べてみたら96年発売とのこと。ウメ高校生。

それよりも初代ファミコンやディスクシステムは懐かしいですね。ウメ世代はどんぴしゃ(死語?)なゲームです。 ファミコンカセットをフーフーしてよく遊んでいた覚えがあります。 そしてスーパーファミコンはその進化形で小学校時代のウメを感動させたゲーム機です。あの頃は全盛だったと言っても過言ではないですね。 友達と遊ぶときはスーファミが定番でしたから。大人が憂える通り、あまり外で遊ばない子どもでした。で、ディスクシステム。 これを持っている人はいたでしょうか?ファミコンと一緒になったツインファミコンなんてものもありましたね。

ファミコンは1983年に発売されたもの。それを今でも修理できたんですね。 一般の家電製品では6~8年くらいで修理受け付け終了になってしまうのを考えると任天堂は良心的なメーカーです。とは言っても、 お子様たちからどのくらいのお金を吸い上げてきたんでしょうねぇ~。

未だにファミコンを大事に使っている、なんて人は少ないでしょうが、もし、 もし新品のまま保存していたらある種プレミアがつくような気がします。まだ持っている人は今月中に壊れていなくても修理に出しましょう!! (笑)

メガ牛丼

200710170016o1

一時期のアメリカ産牛肉輸入禁止ショックからしばらく経って、牛丼屋さんの牛丼も落ち着いて食べられるようになってきました。牛丼屋といってもいろいろで、吉野家、松屋、すき家、神戸らんぷ亭、なか卯などなど、微妙にお味も違いますよね。皆さんはどこの牛丼が好きですか?女性の皆さんは牛丼屋に一人で入れますか?ウメは一人で入れますが、どちらかと言えばお持ち帰りの方が好きです。

そしてウメは牛丼屋に入って牛丼を頼まずに、別の定食を頼んだりカレーを頼んだりします。でも吉野家では牛丼か牛皿しかないので牛丼を頼んだりします。昔は牛丼でも大盛を頼んでいましたが、最近は外食ではたくさん食べないようにしているのと、メタボ予防のために並盛りにしちゃったりなんかしています。でもサラダとか味噌汁とかサイドメニューを充実させるので、摂取カロリーは変わらなかったりもします。

そんな中、牛丼チェンの大手、すき家がとんでもない牛丼を発売しました。その名も「メガ牛丼」。あれ、どこかで聞いたことがあるようなネーミングですね。最近は分量が極端に多いメニューが流行ってきているのでしょうか。テレビではギャル曽根など大食いタレントも出てきていますし、食べる、ということが再発見されているのかも。

このメガ牛丼は、牛肉が並盛り3杯分、ご飯が大盛りと同じだけ盛られているそうです。お肉が多めなのはうれしいですね。カロリーは堂々の1286キロカロリー。ひえー。でもお値段はリーズナボーな680円。たくさん食べたい食べ盛りの学生さんなどにはうってつけでございますね。でも、ウメはお持ち帰りだったら食べられてしまいそうな気がします。

一度食べてみたいですね。あ、でもすき家の牛丼食べたことないかも。

大統領暗殺

昨日、偉大なる友人Uさんとそのお友達のサルさんとUさんおすすめの映画「大統領暗殺」を見に行ってきました。 Uさんは自称社会派でこういう政治っぽい映画が大好きで、どうしてもウメちゃんと一緒に行きたいのぉ~と懇願されて、仕事終わりに映画館へ行ったわけでございます。ま、ウメが一緒じゃなくても誰かが一緒じゃないとさみしがり屋さんのUさんは耐えられないのでしょう。

さて、映画の内容はアメリカ合衆国のブッシュ大統領が07年10月19日に暗殺される様子を描いたフィクションドキュメンタリーです。要するにフィクションなのですが、それが事実っぽく描かれています。随所に本物のブッシュ大統領の映像が使われていて、かなりドキュメンタリー的です。

映画自体は90分少々なのですが、うーん、ながったるい感じがしました。決してつまらない映画ではないのですが、淡々としすぎていて証言者の話が長すぎる印象を受けました。そしてアメリカ大統領が殺される、という事件に頼りすぎているかなぁと思います。映画館で見なくてもテレビで(流せるかどうかは別にして)見ても良いかなと思います。

平日の夜ということもあってか、お客さんもまばらでした。万人受けする映画ではありませんね。でもいろいろと考えさせられる映画ではありますので、社会派のアナタは見に行っても良いと思います。

2007年10月16日 (火)

焼きビーフン

焼きビーフン
昨日は久々に自炊しました。とは言っても簡単なものですが…。

写真で何かわかるでしょうか。焼きそばでも焼きうどんでも焼きそうめんでもありません。焼きビーフンです。ちなみにケンミンの焼きビーフンではないのが残念なところです。
買っておいたビーフンの賞味期限が切れてしまったので、早く食べなくては…ということで慌てて作りました。

具は炒り卵とニラ、そして半年冷凍してあった豚バラ肉です。冷凍してあったとはいえ半年も経った肉を使うのには少々勇気がいりましたが、見た目と臭いに問題がなかったので、自分を信じて入れてしまいました。今のところ大丈夫です…。
味は付属のオイスターソース味に、ごま油と塩こしょうを加えてアレンジ。なかなか美味でございました。ビーフンっておいしいですよねぇ。もう少し歯ごたえがあれば完璧だったのですが、そこはケンミンではなかったので惜しいところです。

相変わらずの一品ドカ盛り料理で、全然料理の腕があがりそうにありませんね。

プリンススペシャルその2

さて、パックで25,200円で泊まったプリンスホテルのお部屋はどんなものだったのでございましょうか。

Image0621

入った瞬間「広い・・・」と思いました。そりゃー高級ホテルのスイートルームに比べたら屁みたいなもんなのでしょうが、一般のビジネスホテルに比べたら1.5倍は広い印象です。だってソファーがあるんですから。ここに新幹線往復以下のパック料金で泊まってしまっていいんでしょうか。どうやってもうけているんでしょうかねぇ。

プリンスホテルは建ってからしばらく経っているので至る所に古さが見られますが、それでもきちんと清掃されていて不潔な感じはしませんでした。さぁ、部屋に入ってからウメの捜索が始まってしまいます(笑)。

Image0631

ベッドも広かったですねぇ。幅が120センチだったでしょうか。セミダブルに近い大きさって言うかセミダブルなのでしょうか。そしてなぜか枕が2段重ねにされていました。さわってみると堅さが微妙に違うものでございましたよ。ほほぉ。そしてベッドの脇にはホテルではお決まりの絵が飾ってありました。ウラのお札は確認しておりません(^_^;)

Image0641

一番驚いたのはここでしょうか。ユニットバスが広いのです。そして鏡が大きいのです!ユニットバスに入ってから便座に座るまで数歩歩かなければならないのです!!!ってそんなに驚くことでもないですかね。だって驚いたんですもの。

Image0651

そして湯船にまたビックリ。「広っ」と声を上げてしまいました。なんと湯船で足が伸ばせるんです。ワンルームマンションでは広い方だと自負している自宅のマンションの湯船よりも広いんですからねぇ~。はぁ~。しかし、残念ながらシャンプーとリンスは別ではありませんでした。ここが別になっていれば完璧だったのですが・・・。リンスインシャンプーだと髪がキシキシしちゃ~う。

Image0661

最後にウメ的ハイテクシステムをご紹介します。最初なんだか分からなかったのですが、ドライヤーと判明しました。なんだか妙に大がかりです。ホースを外すと自動的に電源が入り、温風か送風かを選ぶことができます。使ってみましたが、掃除機をあてているみたいですね。

ということで2回に渡ってプリンスホテルを紹介いたしました。仕事の同僚に「パックなのにプリンスホテルなんですぅ~」と言ったりしてかなりウキウキだったウメですが、改めて出張パックの恐ろしさを実感したのでございました。やはり出張するにしても旅行するにしても、賢くお金を使わないといけないですね。

2007年10月15日 (月)

あの一家

先日の亀田さんところの次男のボクシングの試合がずいぶんと大変なことになっています。ウメは試合は見ていませんがさんざんな試合だったようで、次男さんが反則を繰り返したり、お父さんや長男さんが反則を指示したとのこと。テレビ中継に流れてしまったからさぁ大変、ということで今日処分が発表されました。

お父さんは無期限ライセンス停止、次男は1年間ライセンス停止、お兄さんは戒告ということです。厳しいのか甘いのかはよくわからないのですが、あの一家を応援してきたテレビ局と他のテレビ局の報道の仕方が違うことがなかなか面白いなぁと思いました。あの一家もマスコミに振り回されてしまったのかなぁと考えてしまいます。

でも反則はいけないことですし、そもそもスポーツマン・・・、いや大人としての対応ができていないと感じていたので、今回の処分で反省してくれれば良いのですが、どうでしょうか。

プリンススペシャルその1

先週末はお仕事で横浜に行ってきました。横浜は横浜でもビジネス街の新横浜です。なので海も見ていないですし中華街にも行ってない・・・ということで横浜らしいことは何もしておりませんが、お仕事なのでその辺は良いのでございますが・・・。

さて、今回の出張は1泊2日だったのですが、通常料金ではなく旅行会社の出張プランで行って参りました。JR東海の関連会社である、 JR東海ツアーズの「いざ出張」プランを利用しました。これだと往復はひかり号になってしまうのですが、ホテルと新幹線の往復、さらになぜかビールも選べる1ドリンクがついて25,200円でした。

京都から新横浜まで、往復でのぞみ号を利用した場合12,890円×2で25,780円なので、ひかり号になってしまうとはいえ往復するよりも止まった方が安くてさらにワンドリンクまでついているというお得なプランです。のぞみに乗れないということは不便なように感じるかもしれませんが、それでも東京~京都で1時間に2本(新横浜停車は1本)、所要時間ものぞみに比べて30分ほど増えるだけ。車両は残念ながらほとんどが揺れると評判の300系ですが、それでもちょっと前までは最先端の車両です。窓も大きいですしね。

さて、前置きが長くなりましたが、その出張プランで泊まったホテルがプリンスホテルだったのです。パックのホテルだからそれなり・・・と思っていたらそれなりどころか普段使用しているホテルよりも良いものになってしまいました。新横浜にあるプリンスホテルは丸形の高い建物で目立ちますよね。

Image0611

入ると高級なイメージがして、庶民派を自負するウメは少し気後れしてしまいますが、なんのプリンスホテルごとき(すいません)に負けてなるものかとグイグイチェックインカウンターへ。エレベーターホールだって丸いですよ。オサレですよ。そして、パックの部屋なのでどうせ低層階だと思っていたら・・・。

Image0671

10階でございました。これより下の階もあるのでなんとも言えないのですが、このホテルは40階なので下の方・・・ということになるわけでしょうか。それでも10階あるので眺めは十分。窓の外には横浜アリーナが見えました。

Image0681

それでエレベーターのボタンはこんな感じ。3列ですよ。あらすごい。こんなものを写真に撮っている時点ですでに田舎者のような気がしますが・・・。それにしても40階建ての建物で全ての階に止めようとするとエレベーターのボタンはこうなるんですね。いやぁ、さすがプリンスホテルでございますね。

今回はパックで泊まっただけなので、お食事などのサービスは全く受けませんでしたが、それでもプリンスホテルを実感しました。次回はお部屋の中をご紹介したいと思います。

【手話190】ウメの近況と手話

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

髪を切って若返ったつもりのウメがまた7分以上もしゃべっています。最近のウメの手話はいかがでしょうか?もしやヘンに動画慣れしてしまっているのでしょうかねぇ。
(7分40秒)

蛍光灯カバー

ウメの知り合いが管理している、関東と関西の違いを紹介したブログ「東京-大阪あるものないもの」では関東と関西の違いはたくさん紹介されているのですが、そこでもたぶん紹介されていないだろう関東と関西の違いをご紹介します。

で、何の話かというと最近多めの電車の話でございます。電車の車内の蛍光灯について。そんなところに関東と関西で違いがあるのだろうかと思うのですが、どうやらてっちゃんの間では有名な話のようでございます。関東の電車は新幹線や特急などをのぞいて、蛍光灯が丸出しになっていることが多いです。それはそれで別に何の問題もないのですが、関西では車内の蛍光灯にカバーが掛けられていることが多いのです。

JRでも阪急でも京阪でも、車内の蛍光灯にはカバーが掛けられています。関西ではこういうところにお金をかけないイメージですが、電車では逆ですね。京阪のテレビカーやダブルデッカー、阪急のマルーン、阪神のジェットカー、近鉄・南海の特急、そしてJRの新快速など、いやーかなり豪華でございます。ただ私鉄間同士の乗り入れが少ないことや地下鉄では終電が遅いのが残念ですねぇ。

あ、蛍光灯の話からそれてしまいました。

今度電車に乗ったときは上を見て蛍光灯を見てみてくださいね。ちなみに今日は休みだったのですが、時間つぶしに入場券を購入して京都駅で行き交う電車を見ていました。ウメにとっての癒しタイムでございました。

ビクター・・・

皆さんはデジタル対応のテレビはもう買いましたか? 巷の家電量販店のデジタルテレビコーナーではいろんなメーカーのテレビが展示されていますよね。 同じチャンネルを映したりして画質を比べたり使いやすさをアピールされたりしていますよね。

デジタル放送対応のテレビは今のところ字幕放送の受信機能が標準装備されていて、 家電量販店の展示でも時々字幕がONになって映像が流れていることがありますが、各メーカーで字幕の書体や雰囲気が若干違ったりしています。 (もちろん字幕で表示される内容は同じです)ほとんどのメーカーの字幕の書体は丸ゴシックで読みやすいものとなっています。

その中でビクターのデジタルテレビの文字がなんだかギザギザしているような気がするのです。 設定が悪かったのかもともとこういう書体だったのかはわからないのですが、 画面が大きいこともあってギザギザが目立ってしまったのでつい見てしまいました。でも同じビクターでもギザギザでないものもあって、 新製品になって改善されたのか詳しいことはわからないのですが、もしギザギザのままだったら残念だなぁと思います。

一般の人には字幕機能はあまり重要ではないかもしれませんが、それを必要としてテレビを選んでいる人もいるわけなので、 メーカーさんにはより使いやすい機能、バリアフリーな製品を考えながら製作して欲しいと思います。

話はちょっとそれますが実家の字幕チューナー内蔵テレビの調子が悪いようです。TBSだけ字幕の表示が乱れるそうで、電波が悪いのか、 テレビが壊れてしまったのかはわからないのですが、ドラマを楽しみにしていた弟が残念がっていたとのこと。実家よ、 これを気にデジタルテレビを買ってしまいましょう。そしてデジタルレコーダーも。

2007年10月14日 (日)

はまかぜ

はまかぜ
神戸駅で新快速を待っていたら特急電車がやってきました。

それがこの「はまかぜ」です。大阪と山陰方面を結ぶ特急だったかと思いますが、よく思い出せません。
この特急、電車ではなくディーゼルでした。なのでパンタグラフはなく、走るときもなんとなくゆったりとした感じで走ります。

古い車両のようで、あんまり特急っぽくありません。4両編成で煙をあげながら走っていく姿は昭和を思い出させました。
なんでも速度もあまり速くないようで、近畿圏では新快速の合間をぬって走っているとのこと。さすが新快速ですな。

ウメは古い車両にはあんまり興味がなかったりする、鉄ちゃんの中でも少し変わったタイプなのかもしれません。
新しい車両だったりするとウキウキしますし、同じ料金なのに得した気分になります。

同じく駅の設備が新しくてハイテクだったりするとウキウキ倍増です。カラフルで細かい表示がある発車案内表示機や、軽快な発車メロディーなんかは大好きです。

と、いうことはウメはさしずめ「案内鉄」…でしょうかねぇ。

石焼きビビンバ

石焼きビビンバ
最近外食の多いウメですが、相変わらずで自炊の回数は増えておりません。それにともないもれなく体重とウエストが増えている気がするのですが、測るのが怖いので何もしていません。

さて、今回もおいしいメニュー紹介。神戸プルコギ館(場所は大阪)の「プルコギ石焼きビビンバ」でございます。
石焼きビビンバなんていつ以来だったか忘れてしまいましたが、とにかけ久しぶりでなかなか美味でございました。辛みのソースをあまりかけなかったので普通においしい混ぜごはんとしていただきましたよ。そういえばワカメスープもちゃんとついていましたねぇ。

上に乗っているお肉が美味でございました。プルコギ屋なのにプルコギを食べないのはシャクだと思いながら、石焼きビビンバを頼んだのでこうなったわけでございますが、なかなか良い選択だったのではないかと思っております。

こういうのを自宅で作れたら良いですねぇ〜。さほど難しそうじゃないですし。でも石がない…。

ホームの端っこ

Image0541

普通の人から見ると、ホームの写真なんか撮ってどうしようというのでしょうかと思うかもしれませんが、ここは気ままなブログですのでご容赦くださいませ。

さて、こちらの駅は途中駅ではあるものの本線と本線の境目の駅です。今回は左右に(左は小さいですが・・・)電車が見えるということでヒントを入れたつもりです。ちなみにここはホームの一番端っこです。ウメは一番前or一番後ろに行くのが好きですね。空いているのもその理由ですが、眺めがいいというのもポイントでございます。

さぁ、この駅はどこでしょうねぇ・・・。

« 2007年10月7日 - 2007年10月13日 | トップページ | 2007年10月21日 - 2007年10月27日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: