2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »

2007年8月19日 - 2007年8月25日

2007年8月25日 (土)

N700のトイレ

N700のトイレ
N700系にもあの赤ちゃんがいるかと思ったらいませんでした。残念。

と、言うわけでトイレです。さすが新車だけあって綺麗でございます。まぁ、トイレを写真に撮っているウメも物好きですよねぇ。

便座を拭くシートがついていて、終わった後はセンサーに手をかざして流す仕組みになっていました。青色の水がさっと流れていきました。あとは特に変わったことはありませんでしたよ。

トイレまで写真に撮っているのに喫煙ルームを取材するのを忘れてしまいました。まぁ用事がないので仕方ないと言うことで。

広く感じる車内

広く感じる車内
あこがれのN700系にいよいよ乗り込みました。

乗ってみるとまぁ普通の新幹線なのですが、心なしか車内が開放感に溢れているような気がしました。
席は少し堅めな感じ。座席は従来より1cm広がったということで何となく広い感じ。お隣りがお子様だったこともあったのでしょうね。

車両端のドアの上にある電光掲示板が大きくなって見やすくなりました。降り口も表示されるようになってバリアフリーですね。使われる色もバリエーションが増えていい感じ。
窓側の席にはコンセントが付いていますし、テーブルもノートパソコンが置けるくらい大きいサイズにバージョンアップ!でもウメには出番がなさそうです。

N700系

N700系
運行開始から2ヶ月、とうとう乗っちゃいましたよーN700系。実家に帰るのにこの運行時間に合わせてしまいました。

ご覧ください!この美しい先端フォルム。700系は「カモノハシ」なんて言われてあんまりかっこよくありませんでしたが、シュッとした印象があります。
京都から東京まで2時間20分、ダイヤの関係で特段速くはないのですが、乗り心地は快適でしたね〜あまり揺れないような気がしました。カーブの時は車体を1度傾けて減速しないようにするそうですが、これが乗り心地の良さにも繋がっているんでしょうね。

ホームで待っているとカメラを構えた子供やおじさんを何人か見かけました。やはりどうせ乗るならってことでしょうなぁ。
進化を続ける新幹線。これからどんどんこのN700系に置き換わっていくということで、楽しみです。

次回は内部を中心にご紹介しまーす。

2007年8月24日 (金)

中古液晶

実家で父が使っているパソコンが煙をふいて壊れたというので、今回の帰省のついでに様子をみてあげることになりました。とは言っても煙が出ているんだったら物理的に壊れているんだからどうしようもないなぁ・・・とは思っていたのです。

さて、実際によく話を聞いてみると、パソコン本体が壊れたのではなく、モニター(ブラウン管)が壊れたということで、パソコンの中のデータは全く問題ない様子でした。で、壊れたものは取り替えなければしょうがないということで、モニターを買いに行きました。

父の中古パソコンにモニターが新品だともったいないということで、ひたすら格安中古モニターを探してパソコンショップを3店舗回りました。実家に帰ってきてまでパソコンショップを回っているウメですよ。それで3店舗目で見つけたのが9,800円の中古液晶モニター15インチ。うん、なかなかお買い得品、ということで即購入。

ついでにリビングで家族で使用しているパソコンのメモリーが256MBと心許なかったので、追加で256MBの中古メモリーと、同じく中古のDVDスーパーマルチドライブを購入しました。どちらも型落ちの中古品なので格安。

リビングのパソコンもブラウン管のモニターなので、買ってきた液晶をリビングのパソコンにつけて、ブラウン管を父のパソコンに、ということで入れ替え作業をやりました。で、リビングのパソコンのCDドライブを付け替えてメモリーを増設して・・・作業完了。しかしこれをお店に頼んだらいい値段とられるなぁと思いながら楽しんでやっていました。

これで父のパソコンも無事復活。リビングのパソコンもモニターが液晶になってすっきり、メモリーも増えて快適に動きます。

しかし液晶を見た母が一言。

「これアレだねぇ。前のより点々した感じがするねぇ」と妙な感想を述べていました。液晶のドットが気になる模様です。でもブラウン管よりも目に優しいので許しておくんなまし。

旅行を申し込み

今日は休みだったので朝はゆっくりして、午後からは旅行会社に行って旅行の申し込みをしてきました。

ウメが旅行に行くわけではなく、弟が来月の3連休に友達と九州に旅行に行くらしく、今回は弟が企画やら予約やらを担当するということで、やっとこさ申し込みに行ってきたのです。

弟は行きたい場所だけは希望を出しているのですが、肝心の行程やどうやって申し込むのかは全く手つかず。ウメが相談に乗ってあげても「わかんなーい。ヘルプぅー。」とよくわからないことを言って自分から動こうとしません。全く、大丈夫なのかこいつは。

と、いうわけで、家に用意してあったパンフレットを見ながらだいたいのことを決め、いざ旅行会社へ。弟が申し込むと言うことで、私は通訳に徹することになりました。当初希望していたホテルがいっぱいで、どうしようか迷ってしまった弟ですが、ウメやウメ母の「もうー妥協しなさい、今はギリギリだし三連休だからいっぱいなんだよ。」と説き伏せて申し込ませました。

いわゆる家族通訳ですね。時に兄になってしまったり、だめだだめだ通訳でいなきゃって思ったり、まぁ一応情報保障はできたでしょうか・・・。筆談でやるよりはマシなのかなぁと思いつつ通訳しておりました。でも内容は果たしてわかっているのでしょうかねぇ。ま、大丈夫か。

2007年8月23日 (木)

未来の鉄ちゃん?

今週末は埼玉へ出張に行くことになったので、休みを取って実家に帰ることにしました。

行きの新幹線は…キラーン!最新の列車。N700系!どうせ新幹線に乗るなら押さえるべきものですよね!このN700系については後ほどお伝えします。

さて、乗り込んだ席は三人掛けの通路側。隣にはきょうだいらしき子供二人が座っていました。お兄さんと妹でしょうか。
「あー子供かーうるさくないといいなぁ」と思ったのですが、本を読んだりDS(最近の子供はみんな持ってますねぇ)をやったりと意外と静か。

で、二人の会話を聞いてみると景色を見ながら「今浜松だよ」とか「あっJR○○系だ」などと話しているではありませんか。車内販売のお姉さんにも「今小田原過ぎましたか?」とかサクッと聞いていますし、なかなか賢いお子様です。
しまいには関東近郊の電車の路線図を開き出して駅名を言いあいっこしてました。しかも「西八王子!」とかやたらマイナーな駅名がでてくる…。

…こやつら、できるな。

特にお兄さんのほうが詳しい様子で、これは未来の鉄ちゃんになる資格バッチリな感じですな。よしよし、着々と後輩が育っている。

彼らは小田原を過ぎたあたりから降りる準備をし始め、きちんと忘れ物がないか確認をして、仲良く新横浜で降りていきました。二人だけでの新幹線の旅。思い出に残ったかな。

西洞院口

西洞院口
ビックカメラの二階から直結している改札口、JR京都駅の西洞院口です。ビックカメラが開いている時間のみ使えるようになっています。

自動改札が2つ、券売機が1つという簡素な作りになっていました。改札機はちゃんとICOCA対応になっていましたよ。
そしてビックカメラもICOCAでお買い物ができるようになっていました。関東地区のビックカメラはSuicaが使えますよね。あんまり電気屋でICカードは使えない(額が高くて使いにくい)と思うのですが、細かい買い物には便利そうですね。

電気屋に直結する改札。ウメにとってはファンタジーランドの出入口です(笑)

ビックカメラオープン

ビックカメラオープン
JR京都駅近くに大型家電量販店のビックカメラが今日オープンしました〜!今日は行くつもりではなかったのですが、誘惑に負けて行ってしまいました。

京都駅にある伊勢丹の隣にビックカメラがあって、JR京都駅30番ホーム(関空特急はるかのホーム)から直接店内に入れるのがウリです。
しかしその他の入口が狭く、オープン初日ということもあってかかなり人がごった返していました。さらにエスカレーターが一段に一人しか乗れない狭いタイプなのでなかなか進まず、うーん、動線が考えられていないなぁという感じ。

店は7階建て。一通り見てきましたが思ったより広くないですね。ビックカメラにしては中型店舗と言った感じでしょうか。
店員さんもたくさんいて、応援で来ていたらしく人でなんば店や博多の天神店、さらに東京の有楽町店の名札を付けている人もたくさんいました。いやーやはり家電量販店業界は大変ですなぁ。

ざっと見たところ目玉商品はなく、全体的にポイントを上げてサービスしている様子です。ウメが飛び付くようなものはありませんでしたが、仕事帰りや休日などの癒しスポットがまた一つ増えたことは歓迎致します。

チャックが・・・

とある日の仕事中。ふと事務所内を歩いていたら職場の先輩(女性)が普通の声で一言。

「チャック開きかけてんで~」

確認してみると、ズボンのチャックが半分くらい開いていました。ヤングメンたるもの女性にチャックオープンを指摘されるなんてお恥ずかしいことですが、ウメはあまり気にせずに「あはは~」とチャックを閉めていました。それで後で言われたこと。

「あんなに気を使わないでチャック開いてるなんて言ったの初めてや」

これって褒め言葉!?それとも!?

あぁ!私はうるわかき27歳の男子。独身です。それが、チャックオープンを指摘されるのに気を使われないなんて・・・あぁ~。

まぁ、その原因はですね、私ウメの不可解な言動や行動にあるのは自覚しているのでございます。時にはセクハラまがいのことを言ってたり、妙にエロスにあふれた生々しいことを発したりするので、周りの方々も生暖かく(あきれながら)見守っていただいているのです。

その一例を。おせんべいを割って食べるかを聞いていたときに「割らないで食べると口が汚れる」(女性)という意見に対して・・・。

「じゃあ旦那様にキスしてもらってきれいにしてもらえば・・・」

周り失笑。若干引いている様子・・・。

ってな感じです。そんな言葉がポンと出てきてしまうのですから、時には自分でも怖くなります。一つ間違えたら(間違えなくても)セクハラですよねぇ。これは気をつけなくてはいけません。

ウメと関わっている皆様、申し訳ございませんm(_ _)m

2007年8月22日 (水)

シュールな赤ちゃん

シュールな赤ちゃん
特急サンダーバード号のトイレに貼ってあったベビーシートのお知らせ。

赤ちゃんをシートに座らせているのですが、この顔と目つきがかなりシュールです。どことなく欧米のかほりもただよいますし、ムスッとしているようにも見えます。
標準から考えると少し太り気味ですかねぇ。なんとなくキツそうです。

こんな赤ちゃんに会ってみたい。

ボンゴレ?

ボンゴレ?
このパスタはボンゴレでいいのでしょうか。

上越市街で昼食を食べようと入ったお店、ランチセットはパスタ一種類しかないということででてきたのがコレです。
名前もわかりませんが、トマト味であさりが入っていました。これってボンゴレですよねぇ。

これにサラダ、バゲット、ドリンク、アイスクリームがついて950円でした。なかなかオサレなランチでございました。

【手話177】通訳の服装と緊急時の話

再生されない方はこちら

ダウンロードはコチラを右クリック

なんだか関連性の無い話をしてしまいました。でも2つとも考えるべきことですよねぇ。
(5分02秒)

2007年8月21日 (火)

腰は?ひじは?

横綱朝青龍問題がずいぶんと尾を引いていますね。

腰とひじのケガで夏巡業の休業届けを出しておきながら、母国モンゴルで楽しそうにサッカーをしている姿を報道されてしまい、 相撲協会をお冠にさせてしまった朝青龍。それにしてもなんでまたサッカーなんかしちゃったんでしょうねぇ。頼まれたので断れず… といった憶測も流れていますが、これが日本で流れたらどうなることか予測できそうなものなのに…。

さて、その朝青龍が帰国して処分を受けた後、何やら大変なことになっています。急性ストレス障害やら解離性障害やら、 聞き慣れないメンタルの病名がどんどん告げられていますが、要するにどういうことなのでしょうか。 そもそも医者が患者さんの病名をべらべらとしゃべってもいいのかとも思いますし、 1度の診察でそんなメンタルの病気の診断を下してもよいのかとも思ってしまいます。

…で、考えてみたら最初に休業届けを出す原因になった腰やひじのけがはどうなったのでしょうか。まさかもう治った? なんてことは無いでしょうから、その治療もしなくてはいけませんよねぇ。でもその話はさっぱり聞こえてきません。 出てくるのはメンタル系の病気だけ。

相撲協会の人は「稽古をして汗をかけば治る」なんて言ってしまっている人もいて、 メンタル系の病気の人にとってすれば理解のない発言だなぁと思います。ウメもかじっているわけですから。 無いとは思いますが朝青龍が演じている可能性だってなきにしもあらず…そんな見方だって出てきます。謹慎処分を受けたからストレス性障害… そんなものでしたっけなぁ…。

朝青龍が本当に精神的な病を抱えているのであれば、それは治療した方がいいとは思いますが、なんだか一にモンゴル、二にモンゴルで、 そんなに帰りたいのかなぁと思ったりもします。まぁ、相撲の格式とか、モンゴル人の気質とか、横綱の心技体とか、 あんまりよくわからないのですが、原点に帰って考えてみるっていうのはどうでしょうかねぇ。

モンゴルに帰っちゃうんでしょうか。そしたら復帰は難しそうな…。ところで腰とひじは痛くないのでしょうか…。

興奮する並び

興奮する並び
新潟は直江津駅で見かけた普通電車。

何の変哲もないローカル線で、地元の人達にとっては見慣れたものなのでしょうが、なんだか興奮して思わず写真を撮ってしまいました。
113系の派生車種でしょうか、丸い顔をしてとってもキュート。たまりませんねぇ。都会の通勤電車もたまらなく良いですが、たまにはこういう味のある電車も良いですね。

帰りの特急に乗る前に撮ったのでどこ行きとかは調べていないのですが…。なんだかこうやって電車を撮っているとまさに鉄ちゃんですなぁ〜。

高いとこから日本海〜

高いとこから日本海〜
上越市水族博物館の展望台から見た日本海です。いやー穏やかで青かったです。

この日はものすごく暑く、外を歩いているだけで汗びっしょり。ウメも体温が上昇してしまって熱中症になりかけました。
近くのイトーヨーカドーでジュースを飲みながらテレビで高校野球観戦しつつ身体を冷ましていましたよ。

日本海は海の中では狭い方なのですが、それでもこうやって見渡すと180度海岸線で広大さを感じさせました。大自然を見ると、人間って、自分ってちっぽけだなぁと思うのであります。

節電呼びかけ

東京電力はこの夏の猛暑で電力需要が供給力に切迫しており、大口の工場や各家庭に節電を呼びかけているそうです。関東地方ではテレビCMも流れているのでしょうか。(手話通訳付きですか?)

なんでも先日の新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原発が停止しているため、通常と比べて700万キロワットの電力の供給ができなくなっているそうで、東京の一日の最大電力が約6200万キロワットを超えてしまった場合、最悪の場合は停電を起こすかもしれないとのことだそうです。

そのため、通常は使用していない水力発電所の稼働準備をさせたり、他の電力会社から電機を融通してもらったりと策に必死。そして契約をしている大口需要家には操業停止などの協力を要請するかもしれない…ということで必死でございます。

たった1カ所の原子力発電所が止まってしまうだけで電気の供給があぶなくなる…日本のエネルギー事情の厳しさを物語っていますね。しかもそれが原子力発電所なのですから、それだけ原子力に頼っている部分が大きいのでしょう。関西電力の場合は電力の約半分を福井県にある原子力発電所に頼っているので、福井県で何かが起こってしまうと大変なことになりそうです。

原子力発電所については賛否両論ありますが、現状では頼らないと電気を供給できないわけで… なんとか原子力変わる新しい発電を考えていかなければいけないですね。とりあえず出来ることは冷房の温度を1度あげる、電気はこまめに消す… などの節電からでしょうか。うん。ウメも冷房は30度から下げません。狭い部屋ってステキ。

2007年8月20日 (月)

雷鳥の中で

新潟に行くときに特急雷鳥号に乗って金沢まで行きました。

この「雷鳥」号。国鉄時代から走っているクリーム色にえんじ色のラインが入っている古い車両を使っていて、 車内もなんだか昭和の雰囲気。くたびれた座席に座り、がたごとと横揺れする車内で金沢まで向かったのですが、 その車内でうるさい家族連れがいました。

ウメの反対側の席を向かい合わせにして座っていたのですが、母親らしき人と兄弟が3人。女の子が2人と男の子が1人。 まぁいたって普通の家族という感じ。それだけなら良かったのですが、 遊び道具のニンテンドーDSが子ども3人に対して2つしか無いために取り合い。

なんでもスーパーマリオをやっているらしく、コインを取るときの音などが耳につきました。電車の中は音を消せ!と思いましたが、 ダメなウメはそのまま放っておきました。さらに男の子が「甲羅絶対とるなよ!」だの「俺絶対スター取るもん!」 「あー次の面自信あるから俺にやらせろよー!」とまぁうるさいうるさい。かなり盛り上がっていて気になりました。

母親は時折注意はするものの、男の子の勢いは収まりません。ウメはアァァーーー!と思いながら、 時折冷たい視線を浴びせるのですが気づかれるわけもなく、ただただ時間は過ぎていくのでありました。

そして電車が途中駅の小松駅に到着したとき、そのうるさい家族連れは降りていったのですが、 ホームを見ると先ほど一番うるさかった男の子がホームで待っていたお父さんらしき人に走り寄っていって抱きついているではありませんか。

あぁ、単身赴任かなんかのお父さんに会いに来たんだなぁ…。

そう思うとあのうるささも許してやろう、という気になってしまいました。 子どももお父さんに会えるからテンションがあがっていたんだなぁと。今回は許してあげるけど、今度からはもうちょっと静かにしようね。

43.9%

先週末に放送された日本テレビ系列の24時間テレビ「愛は地球を救う」の瞬間最高視聴率が40パーセントを超えたそうです。 欽ちゃんこと萩本欽一さんが70キロマラソンをゴールする瞬間だそうで、日本中が感動の渦に包まれたと表現されそうなところでしょうか。

そのころウメは…シャワーを浴びていました。新潟から帰ってきて暑くて暑くてたまらなかったので、とりあえずシャワーでございました。 いつもは24時間テレビの最後の場面だけ見て感動に浸っていたのですが、今回はとりあえずシャワーに浸りたかったのです。

24時間テレビも「黄色いTシャツ」でおなじみで、ウメが表現するときは黄色いTシャツの番組、とやってしまいますが、 あれはあっているのでしょうか。今年は土曜日のドラマに(滝沢秀明と深田恭子が両親という無理をした設定) ろう女優の岡田絵里香さんがでていたそうですね。ウメは知らなかったのですが、看護師役で台詞もあったそうです。 皆さんはごらんになりましたか?

あの番組は基本的に福祉や貧困などを取り上げてチャリティーのイメージを出していますが、 ふと考えてみると出演者にもギャラが払われているそうですし、番組を製作するにもかなりのお金がかかっているそうで、 ならその制作費をそのまま募金した方が…なんていうあまのじゃくなことを考えたりもしてしまいます。そもそも芸能人がマラソンを走る意味が… と言い出すと番組批判になりますのでやめておきますが…。

と、言う感じであんまり興味深くは見ていなかったりするのですが、あの番組のおかげで善意のお金が集まり、 障害者福祉の向上にも役立っていることを考えるとやはり必要なんでしょうね。

ペンギンさん

ペンギンさん
先ほどの上越市の水族館は「上越市水族博物館」というところで、ペンギンの飼育数が日本一だそうです。

100羽以上のペンギンがいたでしょうか。プールのなかをプカプカ浮いていました。あんまり元気に泳いでいるペンギンがいなかったようでした。ペンギンも暑くて元気がなくなっちゃったんでしょうかねぇ。
ペンギンの水槽に直立不動で立つことで話題になったゴマフアザラシのジョー君がいました。立ってました。見ている間は全く動きませんでしたよ。

ペンギン達はかわいく動いていてこどもたちにも大人気。これは見ていて癒されますねぇ。

ウーパールーパー

ウーパールーパー
新潟で友達と一緒に水族館に行ってきました。

上越市の市営水族館で、日本海のすぐそばに建っていました。行った時はお盆ということで家族連れがたくさん訪れていました。
夏の特別展として、イルカショーをやっていました。イルカの親子が飛んだりしてくれましたが、お兄さんが指示を出したのに動かないこともあってなんかはかなさを感じましたよ。

ここで珍しい&懐かしいものを見つけたので紹介します。

数十年前に一世を風靡したウーパールーパーです!もしかしたら生で初めて見たかもしれません。ウーパールーパーですよー!
無駄にテンションがあがってしまいました。でもあんまり動かないのが残念。逆にウーパールーパーが盛んに動いていたらビックリですけどね。

全体的に大人しい魚が多かったですが、一通りのお魚を見ることができました。水族館に行くなら夏ですね、涼しさを感じられました。

2007年8月19日 (日)

左にはくたか…

左にはくたか…
久々にやってまいりました。どこの駅でしょうシリーズ〜!一部の方に大人気(笑)ですが、写真だけでどこの駅なのかを当てていただくコーナーです。

さて、こちらの写真では左にはくたか号が見えています。はくたか号は金沢から越後湯沢までを結ぶ特急で、第三セクターの北越急行ほくほく線では在来線では最高速度の時速160キロで飛ばします。

と、言うことは金沢から越後湯沢の間っていうことですねぇ〜。

日本海〜

日本海〜
新潟の日本海でございます。夏休みも後半に差し掛かってきましたが、泳いでいる人もたくさんいました。

この時は日本海のイメージとはちょっと違って穏やかな表情を見せていました。そこで泳ぐ家族連れを見てほほえましくなりました。

とても暑かったですが、波打ち際までいくと海風が涼しく、さわやかな気持ちになりましたよ。また仕事がんばろう!という気持ちになったと言いたいところですが真相はどうでしょうか(笑)

ステーキ丼

Image010_2
久々に入ったファミレスのガストで食べた特製ステーキ丼。最近お腹周りがかなり気になるのですが、ステーキという響きに勝てませんでした。

ファミレスのお肉ですから安いのはわかっているのですが、それでも牛肉はおいしいでございますなぁ〜。たまりません。
丼自体はそれほど量が多くないのでペロリと食べてしまいました。あぁ〜カロリーをチェックするの忘れたぁ〜。

肉ばかり食べてないで時々は魚や野菜も食べたいと思いますです。

はくたか号

Image007_2
今回の新潟ツアーでは、サンダーバード号とはくたか号を乗り継いで行きました。

写真ははくたか号で使用されている車両。北越急行が所有しているものです。JR西日本のサンダーバード号と似たような形ですが、全体的に赤色の系統でまとめられています。

金沢・富山から新潟方面に向かうには、このはくたか号と北越号があるのですが、先の中越沖地震で北越号が運休しているのではくたか号しかありません。
それとお盆ということもあって電車はかなり混んでおり、自由席から人が溢れて来ていました。ウメはちゃんと指定席に乗れましたよ〜。

はくたか号の旅は日本海を見ながらでなかなか快適でした。

馬インフル

インフルエンザにかかったことがある人は分かると思いますが、あの高熱と関節の痛みってたまりませんよねぇ。ウメも某家電量販店時代にかかったことがあるのですが、恐ろしく熱が出て大変だった覚えがあります。幸い(?)家電量販店業界では奇跡?の3連休中だったので、会社を休まないで済みましたが、ずっと寝ていたことを覚えています。

人だけではなくて鳥インフルエンザも世間を賑わしています。大量に鶏が死んでしまったり鶏肉の売れ行きが悪くなってしまったり…インフルエンザというものは非常に恐ろしいですが、最近では馬にまでインフルエンザが流行っているそうですね。

馬インフルエンザというそうで(そのまま)、そのせいで競馬の開催が中止になったりしているそうです。しかしこの暑い時期に感染するものなんですね。しかもあんなに大きい馬に感染する力があるなんて、インフルエンザ恐るべし。

ご高齢の方はインフルエンザで亡くなる方も結構いらっしゃるみたいで、冬になったら気をつけないといけない病気ですよね。予防接種なんかしたりして。でもウメはお注射大嫌いなのでまだやりませーん。

« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »

クリックお願いします


  • にほんブログ村 介護ブログ 手話・点字へ

ウメダス広告

  • 01.おすすめの商品
  • 02.売れ筋の商品
  • 03.ウメダス商品

手話関連ニュース

ウメダスカウンター

  • FC2のカウンターです。
  • ウメダス閲覧中の方
    現在: